ビジネス良書選

おすすめの本を紹介するブログです。 好奇心を刺激する良書情報を提供します。

GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代
アダム グラント (著), 楠木 建 (翻訳)


与えることと成功することについての
関係が書かれた書籍です。

与えることについて人を3タイプに分け、
それぞれの傾向や、
対処法についての説明がされています。

内容の一部についてご紹介します。
・ギバー、人に惜しみなく与える人

・テイカー、真っ先に自分の利益を優先させる人

・マッチャー、損得のバランスを考える人

・成功するギバーは、
 他者の利益だけでなく、
 自己利益にも関心が強い。

・無私無欲に与えることは病的な行為である。

・他者への関心に自己への関心が結びつけば、
 燃え尽きたり、やけどしたりすることが少なくなり、
 成功しやすくなる。

・他人のことだけでなく自分自身のことも思いやりながら、
 他人指向的に与えれば、心身の健康を犠牲にすることはなくなる。

・人に親切や助けなど与えるときは、
 バラバラに与えるのではなく、まとめて与えること。

・ボランティア活動を行うなら、
 年に百時間がもっとも大きなパワーが得られ、疲労感が少ない。

・周囲からサポートを受けることこそ、燃え尽き防止の強力な特効薬だ。

・テイカーと付き合うときには、マッチャーになればいい。
 だたし、三回に一回はギバーに戻って、テイカーに名誉挽回のチャンスを与えよう。

・始めて会話する際は、誰がギバーで、
 誰がテイカーか、注意を払おう。

・交渉のときは、ほかの人の代理人として振る舞うと良い。
 ギバーとしての自己イメージと社会的イメージを保つことが出来る。

・自分は大切な人の利益を代表していると思えば、 
 しっかり自己主張することが出来る。

・何でもかんでも自分が与えるのではなく、
 互いに助け会えるよう人々を結びつけていく方法も考えよう。

単に与えれば成功すると説くだけでなく、
良い人でいながら、つぶされないための
ポイントが書かれている点が、
単に道徳的な教訓で終わる書籍とは、
違います。

良い人でありながら、
強く生きていきたい方に
参考になる一冊です。

このページのトップへ

科学がつきとめた「運のいい人」
中野信子 (著)



運が良い人は、
なぜ運が良いのかを
科学的観点から
説明されている書籍です。

内容の一部をご紹介します。

・自分を世間の標準に合わせる必要はない。
大事なのは、自分を最大限に生かすことだ。

・新しい何かを身につけたり、得ようとするのではなく、
 すでに自分に与えられているものを
 生かしきること。

・自分を粗末にせず、
 大切に扱う。
 他人を敬うのと同じように、自分自身を敬うこと。

・一般的な価値観や意見に惑わされず、
 自分の価値観で
 自分なりの幸せを
 把握すること。

・他人の尺度でなく、
 自分の尺度で行動する。
 他人がどう思うかではなく、
 自分が心の底から心地よい、
 気持ちよいと思える行動をすること。

・人には、いつもの日常には飽きたらないで、
 新しいことを知りたいと思う、
 新しいことを知る喜びを感じる性質があり、
 これを新奇探索性という。
 これが弱いと社会のルールや
 常識を自分より大切にしてしまう傾向が強くなる。

・あえて新しいことに挑戦したり、
 社会的規範や常識を鵜呑みに
 しないように注意してみよう。

・まじめさを隠れ蓑にして、
 自分をないがしろにしてないか、
 自分の価値観を
 見失ってないか、
 自分が本当にやりたいことを忘れていないかなどと、
 ときどき自問自答してみよう。

・やるかやらないか、
 悩んだら、
 それが自分にとって
 面白そうかで判断してしまおう。

・ときどき自分に向かって、
 ○○ちゃん、大好きだよ、といってあげよう。

・根拠はなくても
 自分は運がいい
 と決めてしまったほうが、実際に運が良くなる。

・運がいいと思っている人には
 努力の余地が生まれるが、
 運が悪いと思っている人には、
 その余地は生まれない。

・脳は戦って誰かを蹴落とすことより、
 共生をめざすことのほうが
 高いパフォーマンスを発揮できる。
 他人に配慮できる人は運が良い。
 配慮範囲が広い人ほど運が良くなる。

・明確な目標を持ち
 常に忘れないこと。

・自分の叶えたい夢は何か。
 生きる目的、目標はどんなものなのか。
 それは、自分なりの幸せのものさしで
 測ったものなのか。
 まずはここを確認しよう。

すぐに生活に取り入れることが多く
紹介されています。

毎日を楽しく過ごしたい方に
おすすめの一冊です。

このページのトップへ
僕は君たちに武器を配りたい
瀧本 哲史 (著)
¥ 1,944



これから社会に出ていく
若い方が、、
厳しい社会で
生き残っていくための、
考え方が書かれた書籍です


前向きに考えればうまくいく、
努力すれば報われる、
という書籍とは一線を画した、
冷静で生っぽい内容が
特徴です。

内容の一部をご紹介します。
・マーケッターとは、
 新しくない要素の組み合わせで
 「差異」を作り出せる人のことをいう。
 これからのビジネスは
 「差異」が左右する。 

・企業や商品で差をつけることは
 難しい。
 差をつけるには、
 ターゲットとなった
 顧客が共感できるストーリーをつくること。

・イノベーター型の起業家を目指すのであれば、
 特定分野の専門家になるよりも、
 いろいろな専門技術を知って 
 その組み合わせを考えられる人間に
 なることのほうが大切だ。

・他の業界、他の時代に行われていることで、
 「これは良い」というアイディアは
 「TTP(徹底的にパクる)」をすればいい。

・短期的な儲けではなく、
 長期的な視点で意味のあることに投資せよ。

・人を見て投資せよ。

・新聞やテレビで公開された情報は、
 誰か声の大きな人間が、
 世間を自らの望む方向に
 誘導するために
 流していると考えるべきだ。

・企業を見極めるポイントは
 「お客さんを大切にしているか」。
 顧客を大事にする会社は
 従業員も大切にする。

・「安いこと」を売りにする会社は
 ブラック企業化する。
 
・現代において、
 働く個人が常に経済的、
 社会的に高いポジションを維持するためには、
 次にどのビジネスモデルが成功するか
 潮流を見極めるながら、
 天職を繰り返すことが必然の行動になってくる。

・ビジネスをする相手を、
 現時点の世の中の評価だけで
 判断するな。

・ある会社や、
 ある個人が、
 みんなから悪口を言われて、
 大変厳しい状況にあるときにこそ、
 投資を検討する機会だ。
 人は苦境に苦しんでいるときに
 応援してくれた人のことを、
 けっして忘れない。

・「売り物がある人」は必ず
 「武器」として
 英語を身につけるべきだ。
 まだ「売り」がない人は、
 英語の勉強をやる前に
 「自分の商品価値」を作ることが
 何より大切だ。

・幅広い分野の学問領域を横断的に
 学ぶことが、
 「物事をさまざまな角度から批判的に考える能力」
 「問題を発見し解決する能力」
 「多様な人々とコミュニケーションする能力」
 「深い人格と優れた身体能力」などの
 力を身につけることに役立つ。

・人類が歩んできた歴史、
 過去の結晶の英知である哲学、
 芸術や文学、自然科学全般など、
 リベラル・アーツを学ぼう。

若い学生さんや新人さんのみならず、
ベテラン社会人にも
投資家的思考法で
刺激を与えてくれる一冊です

このページのトップへ
「成功曲線」を描こう。 夢をかなえる仕事のヒント
石原 明
価格: ¥ 1,512




夢を実現するための
考え方が書かれた本です。

・長年培った癖や
 性格を変えていくには、
 「意識の深さと反復の法則」がポイントとなる。

・成功する人生を
 実現させていく人は、
 三年先、五年先、十年先のことを考え、
 そのために今年は何をするか、
 というスタンスで生きている。

・人生とは、
 広く大きく捉え
 先々のことを準備しながら
 努力した人が勝つものであって、
 瞬発力では決して幸運を導けない。

・できないことではなく、
 できたことに集中すること。

・自分自身がどのようなことに
 興味があるのかを見つけること。
 興味の対象を見つけた時に、
 自分の心が動くかどうかに、
 注目してみよう。

・目標を手に入れたかったら、
 手に入った際の光景を思い描くことだ。

・自分自身で考え、
 決めることが大切。
 人の話を聞くのは素晴らしい経験だが、
 聞いたことを自分のフィルターに通すという作業もなく、
 そのまま鵜呑みしてしまうのでは、
 何にもならない。

・夢を実現した人は
 ひらめいた事柄を
 必ずメモするという習慣を持っている。

・右脳思考を身につけ、使いこなすには、
 まずは真剣に考えること。
 深く考えたり、没頭したり、
 夢中になると、
 考えを潜在意識にどんどん投げ込む力が、
 人には備わっている。

・真の意味で仕事が成功するかどうかは、
 お客さんが本当に喜んでくれるかどうかが根拠となる。

・人生は、自分自身のために
 行動することによって
 拓かれていく。
 自分が実行することによってしか
 人生のページはめくれない。

・目の前にある事柄を
 早く成果を出したいと思ったら、
 今すぐ思いつくことを
 全部リストアップしよう。
 目の前にある可能性を書くことだ。

・時間を上手く使いたかったら、
 今取り組んでいる事柄を
 三倍にしてみることだ。

・目標と雑事の割合は
 七対三が理想だ。

・本当に興味が持てない事柄には、
 それは嫌だ、興味がありませんと
 はっきり出張すること。

・スケジュールをつくる際、
 空白も設定すること。
 何もしない日を
 月三日ほど設定しておこう。

・まず、今自分がやらなければいけない仕事を、
 すべて書き出してみよう。

・自分に制限を設けないで
 あれもしたい、これもしたいと、
 将来の目標をどんどん思い描いてみよう。

・センスのよい人は、
 自分が努力し始めた時、
 描くための情報をたくさん集めている。
 より多くの情報を得ようと本を読んだり、
 いろいろなビデオを観たり、
 人の話を聞く機会を頻繁に設ける。

・目標を写真に収めて、
 日頃から目につきやすい場所にはっておくこと。
 成功している人は、
 自分が成功した後にこんなことをする、
 といったイメージの絵を持っている。

・成功していくひとは、
 多種多様なデータを基にして、
 ワクワクするような
 ストーリ性が高い
 イメージを作り上げる。

・「これを買ってから励みにして頑張る」
 は絶対にやってはいけない。
 順序が逆だ。

・一流の人間とは 
 「何度会っても、
 また会いたくなる人」だ。

・目標を達成した暁に、
 付随して手に入る物、
 可能性のある事柄を
 どんどん書き出してみよう。
 欲しい物や行きたい場所、
 こんな人間になってみたい、
 こんな人と友達になりたいといった
 大きい事柄から、
 ほんの些細なことまで、
 思いつく限り書こう。

枯渇した気持ちを
蘇らせてくれる内容です。

日常に忙殺されて、
疲れ果ててしまったときに
読み返したいおすすめの一冊です。


  このページのトップへ
成功は“ランダム"にやってくる!
チャンスの瞬間「クリック・モーメント」のつかみ方
フランス・ヨハンソン (著), 池田紘子 (翻訳)
価格: ¥ 1,836



予期せぬチャンスに出会い、
ものにするための
考え方と行動の仕方が
書かれた本です。

内容の一部をご紹介します。
・一つの方法に
 すべての努力をつぎ込むことによって、
 成功につながる予期せぬ道を
 見逃してしまうことがある。

・ときには現在の仕事から離れ、
 予定にない計画外のことを
 する時間をスケジュールに
 組み込むことが大切だ。

・アイデアは、
 自分のものとは異なる分野、
 産業、文化に触れることによって生まれる。

・好奇心に従うこと。
 いつもとは違う
 新しいことに興味を持とう。

・アイデアを成功させるには、
 何度も試すことが大切だ。
 小規模の賭けをすると、
 幸運を得る機会が増えるだけでなく、
 アイデアを繰り返し試すことができる。

・何が役に立ち、
 何が役に立たないか
 学ぶためには
 小さな実験を行うことが重要だ。

・プロジェクトを進める前に
 詳細や細部を
 すべて理解する必要はない。
 なんでもいいから、行動せよ。
 とにかく始めよ。

・うまくいきそうなことを
 見つけたら、
 倍賭けをするべきである。

より創造的で
楽しく生きたい方にも
おすすめの一冊です。

このページのトップへ
トップ3%の人だけが知っている仕事のルール
石原 明 (著)
価格:¥1,470



トップ3%の成功者が
実践している仕事と生き方の
ルールが書かれた書籍です。

内容の一部をご紹介します。
・目標は「忘れてしまう」から
 達成ができない。
 目標を常に確認することを、
 生活の一部にすること。

・自分のライバルをつくること。
 ライバル候補になる人は、
 ある意味で自分が
 尊敬している人だ。

・一つのことに集中すること。
 すばらしい能力や可能性も、
 何か一つのことに集中させないと
 花が開かない。

・ひとつできたら、
 もう一段上のことに成長しよう。

・ご無沙汰している人に
 連絡を入れよう。
 久々の連絡が
 継続したお付き合いに
 つながることもある。
 
・面白いと思える本に出会えたら、
 その著者の本をできれば全部、
 書かれた順に片っ端から読んでいこう。

・少なくとも5人くらいの著者について、
 書かれた順にすべての著者を読んでいこう。

・読書は一人の著者の書籍しか、
 読んでいないと、
 考え方に偏りができてしまう。
 考え方の基準をいくつももった人は、
 たとえインパクトの強いものに
 遭遇しても、それに引きずられて
 自分をなくしてしまう、
 ということはない。

・同じ本を繰り返し何度も読もう。
 分野問わず、
 世界的に成功している人は、
 必ずといっていいほど
 繰り返し読む、
 自分なりの「バイブル」をもっている。

・教養を身につける方法は、
 できるだけ若いうちに、
 たった1つのテーマでもいいから選び、
 それを10年、20年、30年と、
 長い時間かけて勉強していくことだ。

・学ぶテーマを決めるときは、
 できればあまり人が関心をもっていない分野に
 注目すると良い。
 普通の人が知らないようなことを勉強して、
 造形を深めると、
 人生がより厚みのあるものになる。

・必ず毎日15分ずつでも
 いいから勉強を続けること。

・単に知識を深めるだけではなく、
 稚拙でもいいから、
 自分なりの意見や感想をもつこと。

・自分中心の視点ではなく、
 その行動によって相手(お客様)が
 どう感じるかという視点から
 考えること。

・部下は同じことを教えても、
 全員が同じように変化することは
 絶対にない。
 結果は全員がバラバラだと理解しよう。

・仕事の喜びや感動を感じながら仕事を
 しているのであれば、
 その感情を何度も繰り返し部下に
 話そう。

・「印象」ではなく、
 「データ」を見る。
 「こうではないかなあ」「こうであるはずだ」
 などという印象で判断するのではなく、
 事実をもとに判断するために
 データは重要だ。

・リーダーはメンバーに
 育てらていく。
 問題ある社員とも
 根気よく付き合おう。

・一流の人の買い物の基準は
 「安心と信頼」。
 「安いから」は基準にしない。

・一流の人は
 いいモノを買って
 長く使う、使いきるという
 ライフスタイルを実践している。

・景気がよく、
 みんながモノを買うときには、
 お金を使わず、
 みんながモノを買い控える不景気のときに、
 「よいモノを安く買う」こと。

・「貧すれば鈍する」。
 その人の人格や性格は、
 経済基盤の上に依って立っている。

・収入が増えてもすぐに
 ライフスタイルは変えないこと。
 1年くらいはそのまま生活を変えないで、
 余った分は貯蓄に回し、
 しばらく様子を見よう。

・もっとも大切なのが、
 「その仕事が好きで、ずっと続けようと思えるか」だ。
 仕事に就いて「ずっとこの仕事をしていきたい」と
 思えるまでは、生活は変えないこと。

・何にいくら使ったか、
 成功する人は、
 毎日これをきちんと把握している。

・夫婦や家庭は、
 修行の場だ。
 会社経営と同じで
 「家庭経営」をしていくように
 考えよう。

・会社と家庭は同じ。
 放っておくと倒産、
 崩壊する。

仕事やビジネスのみならず、
家庭やお金の使い方まで、
幅広い内容で
ちょっとした視点のずらし方が、
一貫して紹介されています。

周りと差をつけたい方に
おすすめの一冊です。 このページのトップへ
メルマガ購読・解除

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 


Information

イリ
  • Author: イリ
  • 元書店員。
    ビジネス書を中心に様々な書籍を
    ご紹介します。

Archives

Categories

Links

Links

Calendar

01月 « 2018年02月 » 03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
  1. 無料アクセス解析