FC2ブログ

ビジネス良書選

おすすめの本を紹介するブログです。 好奇心を刺激する良書情報を提供します。

認知症をよせつけない60歳からの脳革命
加藤 俊徳 (著)


脳をいつまでも健康に
保つためのポイントが書かれた本です。

内容の一部をご紹介します。
・マンネリは脳を劣化させる。
 成長をし続けるためには、
 やったことのないこと、
 苦手なこと、いつもと違うやり方にチャレンジしてみること。

・下手なものを下手なりにやっていると、
 必ず自分の得意なものにも影響が現れる。

・好奇心旺盛に動く方が、
 脳に老化物質が溜まりにくくなる。

・日常会話、雑談は良い脳トレになる。

・状況を考え、人目を意識して服装を
 選ぶことは、立派な脳トレだ。

・片づけられない脳は、
 片づける時間を確保しなかった脳だ。

・人に会う絶対数をなるべく減らさないように、
 確保していくこと。
 いかに多様な人間関係をキープするかによって、
 人間関係対応力を維持できるかどうかが決まってくる。

・絵を描くことは視覚系脳番地を鍛え、
 視覚記憶の劣化の速度をゆるめる。

・70代になっても元気な人は、
 全体的な運動量が
 変わっていない人がほとんどだ。
 
・脳を枯らさないためには、
 いつまでも異性への関心を持ち続けること。

ちょっとした心がけで、
脳を刺激することができることを
教えてくれます。

60歳以上の方だけでなく、
若い方にも役立つ一冊です。



このページのトップへ
「老脳」と心の癒し方
有田秀穂 (著)

現代人が陥りがちな
脳ストレス過剰を防ぎ、
明るく生き生きと生活するための
具体的な方法が書かれた書籍です。




内容の一部をご紹介します。
・パソコンやスマホにハマると、
 脳が休めなくなる。
 脳が疲弊し、次第に弱ってしまう。

・人間は昼行性動物。
 夜は休まなければならない。

・うつ病は「セロトニン神経の機能が弱る」
 と発生する。

・脳を元気にするのは、
 リズム運動、太陽の恵み、グルーミング
 である。

・グルーミング行動として、
 マッサージ、エステなどの心地よい
 スキンシップ、肩たたき、ペットを撫でる、
 おしゃべり、団らんなどがある。

・オキシトシンは老脳を元気にさせる。

・一人カラオケしよう。
 セロトニン活性効果がある。

・5分以上疲れない程度に、
 シンプルなリズム運動を継続すれば、
 脳内にセロトニン分泌が起こる。

・好きな相手とのスキンシップは、
 オキシトシンを分泌さえ、
 脳ストレスを解消する。

・気の置けない人と
 気楽なおしゃべりをするだけで、
 オキシトシンが分泌され、
 ストレスが解消される。

・見返りを求めないで
 人に親切にすると、
 オキシトシンが分泌される。

何か特別なものを買ったり、
大金を使わなくても
日常で行えるノウハウが満載です。

お仕事で毎日クタクタ、
とにかく癒されたい、
という方に必読な一冊です。 このページのトップへ
97歳現役医師が悟った体の整え方
田中 旨夫 (著)


97歳で医師として活躍している
著者による健康に生きるための
生活習慣や考え方が書かれた書籍です。


内容の一部をご紹介します。
・規則正しい生活によって、
 よいリズムをつくることは、
 健康で長生きするには必要条件だ。

・毎日40分昼寝をする。
 疲れた脳の細胞がよみがえる。

・活性酸素を増やさないために、
 水素水なような
 活性酸素を除去するものを取り入れると良い。

・枕を使わないで寝ると、
 背中が腰の肉がつきにくくなるので、
 背中が丸くならない。

・運動でもなんでも
 「ほどほど」がいい。
 やる過ぎることは
 すべて体の毒になる。

・粗食をしない。
 肉に含まれる血清アルブミンは
 老化を防ぐ効果がある。

・オリーブオイルと
 ココナッツオイルで体と脳の老化を防ぐ。

・ボケ防止には楽しいことをするのが一番。
 
・未知のこと
 緒戦することで
 自分の変化を楽しむこと。

・引退する前に
 新しい仕事でも趣味でも何でもよいので
 打つ込めるものを見つけよう。
 
医師として使命を持ちながら、
仕事を続ける著者ならではの、
力強い言葉が印象的です。

いつまでも健康でいたい方に、
参考になる一冊です。 このページのトップへ
ぼんやり脳
西多昌規 (著)


ぼーっとすることの重要さを
教えてくれる書籍です。

日々の生活の過ごし方を
改めて考えるきっかけを
与えてくれます。

内容の一部をご紹介します。

・ぼんやりしているときの脳の中では、
 自分の置かれた状況を振り返ったり、
 次の活動へ向けての準備を整えたり、
 乱雑に散らばったままの記憶やイメージを整理整頓したり、
 目に入ってくる情報を分析したと、
 さまざまな作業が行われている。

・一日中、片時も休みなく頭を働かせているのは、
 脳の健康にもよくない。

・移動時間は「ぼんやりするための貴重なひととき」

・「みっちりと集中した時間」があってこそ、
 その後の「ぼんやりする時間」が生きてくる。

・「何もせずにぼんやりすること」を
 仕事のひとつのように
 考えて実践していこう。

・スマホや携帯の操作を含めて
 「常に何かをしている状態」はよくない。

・ここならば、一目を気にせずにゆっくりとぼーっとできるという場所を見つけておこう。

・あえてスマホから離れる時間をつくろう。

・ひらめきが得られたなら、そのパターンをしっかり覚えておこう。

・動物や植物とのふれ合いは、
 脳にとっても時を忘れて安らぐことのできる貴重な時間だ。

・たまには「スケジュールを何も入れていない日」「何もしない日」をつくっておくと良い。


IT社会を生きる現代人に重要な内容です。
忙しくて頭が疲れている方に読んで頂きたい一冊です。 このページのトップへ
腰痛実学
石垣英俊(著)


腰痛を改善するための、知識とエクササイズがまとめられている書籍です。

内容の一部をご紹介します。

腰痛は、たった一つの方法ですべてが解決するほど
簡単なものではない。

腰痛には、
ココロの問題や
内臓の問題が
関係していることもある。

中臀筋、腰方形筋、
多裂筋、腸肋筋などにできるトリガーポイントは腰痛を招く。

ヨガやピラティスは
腰痛に効果的だ。

骨盤の歪みを取り除き、正しい状態に調整するためには、
骨盤周辺の筋肉のストレッチやマッサージの他、
股関節にアプローチするのも一つだ。

元気な人でも、
働き過ぎたり、
無理をし過ぎたりすると、
肝や腎が弱り、
腰痛も引き起こしやすくなる。

すでに肝や腎の働きが低下している場合には、
十分に体とココロの休養をとって、
エネルギーを回復させることが必要だ。

腰痛の原因を
体系化し、
自分自身で根本に
アプローチできる、深い知識を授けてくれます。

腰痛がない方の、
健康増進にも、
おすすめの一冊です。 このページのトップへ
油を変えて頭も体も若返る!
オーガスト ハーゲスハイマー (著)


油の重要性や選び方のポイントが
書かれた書籍です。

内容の一部をご紹介します。
・コレステロール不足は老化の原因になる。
 質の高い油を摂取し、コレステロールの働きを活性化しておこう。

・油を選ぶ場合、
 長く食用された歴史と
 エビデンスがあるかを調べよう。

・積極的に摂りたい油
 ココナッツオイル
 エクストラバージンオリーブオイル
 パームカーネルオイル
 牧草飼育酪農バター
 天然魚に含まれている油

・良い油
 ごま油
 くるみ油
 ヘーゼルナッツオイル
 マカデミアナッツオイル
 
・なるべく避けたい油
 植物油(サラダ油)
 トランス脂肪酸
 グレープシードオイル
 大豆油
 キャノーラ油
 
・魚を焼き過ぎると油が酸化してしまう。
 強火のグリルは避け、
 鉄板やフライパンで
 弱火~中火で炙ること。

・プロセスチーズは製造過程で
 トランス脂肪酸が発生しているので
 注意が必要だ。

油について解かりやすく
まとめてくれています。

かつて学校などで良いと教えられていたものが体に害を与え、
体に悪いので控えましょうと言われていたものが、
むしろ体に必要だったという
興味深い内容も含まれています。

油への見解を深めたい方に
おすすめの一冊。






このページのトップへ
メルマガ購読・解除

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 
LINEスタンプ【まじめなコーギー】


Information

イリ
  • Author: イリ
  • 元書店員。
    ビジネス書を中心に様々な書籍を
    ご紹介します。

Archives

Categories

Links

Links

Calendar

11月 « 2018年12月 » 01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
  1. 無料アクセス解析