ビジネス良書選

    おすすめの本を紹介するブログです。 好奇心を刺激する良書情報を提供します。

    疲れない脳をつくる生活習慣
    働く人のためのマインドフルネス講座

    石川善樹 (著)




    生きるうえでもっとも大切な、
    呼吸、姿勢、睡眠、食事などの
    基本について書かれています。

    内容の一部をご紹介します。
    ・人間が一日に使える意思決定量は
     限られている。

    ・姿勢を整えて、
     ゆっくりと深い呼吸をすると、
     リラックスした状態を生み出しやすくなる。

    ・6時間睡眠の人は、
     7時間睡眠の人とくらべて、
     脳の老化が2倍のスピードで
     進むという研究結果が出ている。

    ・スケジュールは
     まず休みの予定を入れる」こと。

    ・脳の疲れを防ぐために、
     食事の間隔をあまり空けすぎないことを
     心がけよう。


    日々仕事で疲れ果てている方に
    ヒントとなる一冊です。 このページのトップへ
    「ぼんやり」が脳を整理する
    科学的に証明された新常識

    菅原 洋平 (著)



    ひらめきを得やすい
    脳の使い方が書かれている本です。

    情報過多な現代人にとって
    必要となってくる
    脳に無駄な負担をかけないことに
    ついて述べられています。

    内容の一部をご紹介します。
    ・知識を詰め込んだら、
     次は「ぼんやりする」段階に
     移行しなければならない。

    ・もの忘れを解決するには、
     ネットサーフィンやSNS、テレビ、雑誌など、
     不必要な情報に注意を向けないよう、
     脳に無駄な情報を見せない、
     聞かせないという対策で
     エネルギーを取っておくことが必要。

    ・新しいアイデアが必要なときほど、
     「わかっているつもりになっているだけで、
     しっかり他人に説明できないこと」を再学習することが大切。

    ・試行錯誤をすると、
     脳は毎回違う常識を
     つきつけられるので、
     いくら頑張ってもひらめきの片鱗は見えてこない。

    ・「情報断食」が脳の生産性をあげる。

    ・良いぼんやりをつくるには、
     見えている物に対して、
     どこにも焦点を当てないこと。

    ・仕事を終えたら
     「○○ができた」と口にすること。
     脳に成功体験をつくろう。

    脳を疲れさせず、
    生産性を上げるために
    読んで頂きたい一冊です。 このページのトップへ
    シリコンバレー式 自分を変える最強の食事
    デイヴ・アスプリー (著)、栗原 百代 (翻訳)



    著者はIT起業家。

    シリコンバレーで成功を収めるも、
    肥満体で不健康な体を気にして、
    自らの体を改善すべく
    ありとあらゆる実験を自らの
    身体で行い、
    健康的な体を手に入れた経歴の人物です。



    内容の一部をご紹介します。

    ・安いコーヒー豆は
     カビ毒に侵された
     傷んだ豆を使われていることが多い。

    ・ポリフェノールが「瘦せ型」細菌を増やす。

    ・チョコレートやコーヒーには、
     ポリフェノールが多く含まれている。

    ・炭水化物を摂りすぎず
     正しい脂肪を充分に食べれば、
     体は効率よく脂肪を燃やして、
     エネルギーにし、
     健康な細胞膜を形成していく。

    ・一日のカロリーの20%までを、
     低水銀の魚、グラスフェドの牛肉やラム肉、
     放し飼い鶏卵、魚由来のコラーゲン、
     純正なホエイコンセントレートといった
     完全無欠なタンパク質から摂ろう。

    ・炭水化物を長期間全く食べないと、
     睡眠の質が悪くなったり、
     甲状腺にダメージを負うおそれもある。


    ・腸内で善玉菌を育てて、
     酪酸を作る方法に、
     ゼラチン、コラーゲン、肉の結合組織を
     摂取することがある。

    ・グラスフェッドの動物性脂肪、
     ココナッツオイル、MCT油、
     グラスフェッドバター、
     オリーブオイルといった、
     ヘルシーな脂肪は
     炎症を減らしてくれる。


    ・コーヒーにMCTオイル大さじ1~2杯と、
     良質な無塩バターまたは、
     ギー大さじ1~2杯を加えよう。
     バターが入手困難な場合は、
     ココナッツミルク大さじ4杯と
     MCTオイル大さじ1~2杯で代用することもできる。

    ・コーヒーは
     自前の焙煎機械があることが望ましい。

    ・細切れの「断食」は
     集中力を高める。

    ・断食は15~18時間は行おう。

    ・炭水化物は「夜」に
     摂るのが正解。

    ・週に一回タンパク質を
     一日15グラム以下に
     抑えると筋肉を増強し、
     若さが保てる。


    ・タンパク質ファスティングの日には、
     少しの完全無欠な炭水化物と、
     たっぷりの脂肪を摂ろう。

    ・MTCオイルは
     脳の燃料となるケトン体に
     ただちに転換されるうえ、
     睡眠中に体脂肪の燃焼も
     助けてくれる。

    ・寝る前に少量の生はちみつ(大さじ1杯まで)を
     摂れば、睡眠中の血糖値が上昇し、
     早く深い眠りに入れるようになる。

    ・強度の高い有酸素運動を
     習慣的に行うことは
     心臓を弱らせ、
     心筋にダメージを与える。

    ・ウエイトトレーニングは、  
     体脂肪を減らして筋肉を増やす。

    ・30秒走ったら、90秒休むを
     15分経過するまで繰り返すと
     ヒト成長ホルモンが生成される。
     これを週一回15分行おう。

    ・高カロリー、高脂肪食を
     実践しながら、
     断食の状態で
     運動をするのが、
     最も筋肉を増やす。

    ・ウエートトレーニングは
     週三回までにとどめること。
     毎回20分以上頑張ると害になる。
     

    ・炭水化物を追加摂取する日は、
     サツマイモ、ニンジン、白米など
     完全無欠な炭水化物を充分に食べること。

    著者の最新の健康への知識が
    半端ではありません。

    痩せたい方、
    頭をすっきりさせてたい方に
    おすすめの一冊。 このページのトップへ

    座らない!
    成果を出し続ける人の健康習慣
    トム・ラス (著) 牧野洋 (翻訳)



    健康でい続けるための習慣を
    エビデンスを交えて
    紹介してくれている書籍です。


    内容の一部をご紹介します。

    ・1日6時間未満の睡眠は
     職場で過労やストレスを招く。

    ・嫌な1日を終えたら、
     一晩である程度「修復」するために、
     ぐっすり眠ろう。
     レム睡眠はストレスを軽減してくれる。
     
    ・家の中の食べ物の配置換えをしよう。
     「最初に目に留まる食べ物」が
     「最善の選択」になるように
      配置換えをすること。

    ・砂糖などの甘味料は、
     老化を促進する。

    ・スーパーでは
     健康的な食べ物を厳選して、
     不健康な食べ物を持ち帰らないこと。
     不健康食品の陳列棚には近づかない。

    ・老化の加速を防ぐため、
     最低一日5分間のウォーキングを行おう。
     本気で老化を食い止めたいなら、
     1週に数回のペースで集中的に運動しよう。

    ・1日5分だけでも
     外に出ると気分転換になる。

    ヘルシーな選択が
    自動的にできるコツが
    多く書かれているおすすめの一冊です。 このページのトップへ
    世界のエグゼクティブを変えた超一流の食事術
    アイザック・H・ジョーンズ



    著者は
    ハリウッドスターやサウジアラビアの王族など、
    世界中のトップエグゼクティブたちに健康指導を行う
    ヘルスドクター。

    この本では、
    食事のとり方から
    選び方まで健康に良い
    食生活の基本が書かれています。


    内容の一部をご紹介します。

    ・良いアブラを摂ると、
     慢性炎症を防ぐことができる。

    ・どうしてもアブラを使って
     炒め物や揚げ物をしたいときは、
     トランス脂肪酸を生じないアブラを使用すること。
     ギー、バター、ラード、ココナッツオイルなどの
     「飽和脂肪酸」を使おう。

    ・オリーブオイルや
     ココナッツオイルなど、
     比較的手が加えられていない、
     自然の状態に近いオイルを選ぼう。

    ・草を食べて育った(グラスフェッド)動物の乳や脂肪は、
     人間が消費するのに理想的な
     オメガ6とオメガ3のバランスになっている。

    ・必ず「遺伝子組み換えではない」と
     表記してあるものを選ぼう。

    ・特定のアブラに固執せず、
     複数の種類をバランスよく
     組み合わせて摂ること。

    ・運動して2時間後に
     良いアブラを摂ると良い。

    ・8時間以内に1日の食事をすべて終えて、
     あとの16時間は何も食べないという
     短時間の断食を断続的に21日間行うと、
     体内の炎症をしずめたり、
     脳のパフォーマンスが上がったりなど
     多くのメリットがある。


    ・摂取カロリーの60%は
     アブラでまかなおう。

    ・時間がなく、
     とにかく空腹感をまぎらわしたいときは、
     お茶やコーヒー、スムージーなどに
     「良いアブラ」を入れて飲むだけでも良い。

    ・間食にはナッツかベリーがおすすめ。

    ・冷凍ベリーは生のものより
     農薬の薬効が薄れていて、
     比較的安全だ。

    ・どうししても炭水化物が食べたい、
     食べなければならないなら、
     できるだけ「夜」に持っていこう。

    アブラについて
    より突っ込んだ情報を得ることができます。


    健康に気をつかわれれる方はもとより、
    あまり気をつけることができていない方、
    かなり前に学んで
    情報をアップデートできていない方にも、
    有益な一冊です。


    オーガニックギー
    このページのトップへ
    認知症をよせつけない60歳からの脳革命
    加藤 俊徳 (著)


    脳をいつまでも健康に
    保つためのポイントが書かれた本です。

    内容の一部をご紹介します。
    ・マンネリは脳を劣化させる。
     成長をし続けるためには、
     やったことのないこと、
     苦手なこと、いつもと違うやり方にチャレンジしてみること。

    ・下手なものを下手なりにやっていると、
     必ず自分の得意なものにも影響が現れる。

    ・好奇心旺盛に動く方が、
     脳に老化物質が溜まりにくくなる。

    ・日常会話、雑談は良い脳トレになる。

    ・状況を考え、人目を意識して服装を
     選ぶことは、立派な脳トレだ。

    ・片づけられない脳は、
     片づける時間を確保しなかった脳だ。

    ・人に会う絶対数をなるべく減らさないように、
     確保していくこと。
     いかに多様な人間関係をキープするかによって、
     人間関係対応力を維持できるかどうかが決まってくる。

    ・絵を描くことは視覚系脳番地を鍛え、
     視覚記憶の劣化の速度をゆるめる。

    ・70代になっても元気な人は、
     全体的な運動量が
     変わっていない人がほとんどだ。
     
    ・脳を枯らさないためには、
     いつまでも異性への関心を持ち続けること。

    ちょっとした心がけで、
    脳を刺激することができることを
    教えてくれます。

    60歳以上の方だけでなく、
    若い方にも役立つ一冊です。



    このページのトップへ

    FC2Ad

    Information

    イリ
    • Author: イリ
    • 元書店員。
      ビジネス書を中心に様々な書籍を
      ご紹介します。

    Search

     

    フリーエリア

    Recobot by Amatellus

    最近の記事

    カテゴリー

    最近のコメント

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    このブログをリンクに追加する