ビジネス良書選

    おすすめの本を紹介するブログです。 好奇心を刺激する良書情報を提供します。

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    このページのトップへ
    だから部下は言われたことをやらない
    F.フォーニーズ (著), 吉沢 慶子 (翻訳)
    価格:\1365

    だから部下は言われたことをやらないだから部下は言われたことをやらない
    吉沢 慶子

    ディスカヴァー・トゥエンティワン 2005-01-01
    売り上げランキング : 313775
    おすすめ平均

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools

    シンプルかつ効果的な
    マネジメントの基本に
    ついて書かれた本です。

    部下が思うように
    仕事をしてくれない16の理由と
    その対策法が紹介されています。

    内容の一部をご紹介します。
    ・曖昧な指示をしたのでは、
     漠然とした結果しか得られない。
     何をやるべきか、いつ始めて、
     いつ終えて、出来上がりはどのようになるべきなのか。
     内容を具体的に説明すること。

    ・仕事を与える前に
     なぜその仕事をやらなければならないのか、
     伝えること。
     その仕事を成功させたら得られる
     個人的な利益について
     詳しく説明することが重要だ。

    ・部下に仕事を割り当てる時は、
     優先順位を説明しよう。
     なぜある仕事が、
     別の仕事より優先順位が高いのか、
     理由まできちんと説明すること。

    ・一年に数回のフィードバックよりも、
     一日数回の細かいフィードバックの方が
     効果的である。

    ・上司は、毎日数回、
     口頭でポジティブかつ具体的な
     フィードバックをするべきである。

    ・ほめ言葉は、
     やったことについて
     具体的に言わなければならない。

    ・部下に業績を改善するよういったなら、
     改善されたかチェックし、
     少しでもよくなったら、
     ほめるようにしていこう。

    ・部下が何らかの理由で
     自主的に接触してきたら、
     その機会を使って他のことを
     叱ってはいけない。
     それは別の機会にとっておこう。

    ・部下がむずかしい仕事を
     うまくやった時は、
     再びむずかしい仕事を割り与える前に、
     簡単な仕事を与えよう。


    有能なマネージャーに
    必要な気配りについて
    具体的に学ぶことができます。

    マネージャーとして
    一人一人の良さを
    引き出したい方に
    参考となるおすすめの一冊です。

    だから部下は言われたことをやらない
    だから部下は言われたことをやらない

    テーマ:ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル:本・雑誌

    このページのトップへ

    伝説の外資トップが説く

    リーダーの教科書

    新 将命 (著)
    価格:¥1,680

    伝説の外資トップが説く リーダーの教科書伝説の外資トップが説く リーダーの教科書

    ランダムハウス講談社 2008-11-28
    売り上げランキング : 3622
    おすすめ平均

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools

    著者はシェル石油、コカ・コーラを経て、
    ジョンソン・アンド・ジョンソンの社長に
    日本人として初めて就任した
    経歴の持ち主です。

    この本では、
    著者が半世紀近くかけて培ってきた、
    優れたリーダーに必要な
    考え方が書かれています。

    内容の一部をご紹介します。
    ・ビジネス人生は、
     自分の思ったとおりにいくことよりも、
     うまくいかないことのほうが多い。
     「三勝七敗」くらいなら人生は成功だ。

    ・逆境こそ、成長のチャンスである。
     それをどのくらい経験したか、
     大きな逆境を乗り越えることが
     できたかどうかが、
     リーダーとしての力量を大きく左右する。

    ・目標を立てるときには、
     長期の目標と短期の目標の
     両方を持とう。

    ・「学ぶ心」は死ぬまで持ち続けること。
     この心を持っていないと、
     偉くなってから身を滅ぼす。

    ・人を育てるために最も効果的な方法は、
     任せることである。

    ・懇切丁寧に手とり足とり部下を
     指導するのは、
     決していい上司ではない。
     ヒントを与えるだけで、
     あとは部下に自分で考え、悩ませる。
     そうすることで部下は伸びていく。

    ・褒め・叱りのバランスは、
     褒めが八割、叱りが二割、
     くらいがちょうどいい。

    ・めざすスキルを明確すること。
     そのスキルを手に入れるには、
     何が必要なのか、
     要件をすべて書き出してみる。
     そうすれば、足りない部分が見えてくる。

    ・ひとつのことを
     継続的に5000時間勉強すると、
     セミプロになる。
     さらに頑張って
     一万時間勉強すると
     プロになれる。

    ・大事なことは、
     勉強することであり、
     継続することである。


    リーダーとして
    身につけておきたい知恵が
    仕事への取り組み方から
    部下への接し方、
    後継者の育て方まで
    幅広く述べられています。

    部下を持つ
    すべてのビジネスパーソンに
    おすすめの一冊です。

    伝説の外資トップが説く リーダーの教科書
    伝説の外資トップが説く リーダーの教科書
    このページのトップへ

    FC2Ad

    Information

    イリ
    • Author: イリ
    • 元書店員。
      ビジネス書を中心に様々な書籍を
      ご紹介します。

    Search

     

    フリーエリア

    Recobot by Amatellus

    最近の記事

    カテゴリー

    最近のコメント

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。