ビジネス良書選

    おすすめの本を紹介するブログです。 好奇心を刺激する良書情報を提供します。

    ウォール街の大罪
    投資家を欺く者は許せない!

    アーサー レビット(著),小川 敏子(翻訳)
    価格:¥2,100(税込)

    アナリストや証券会社の営業担当者、企業、投資信託などの
    不健全な部分を暴き、
    それに対して気をつけるべきポイントが書かれている本です。

    ・アナリストの発言には常に疑いの目を持つ。
     (もしかしたら、アナリストの証券会社が
     企業から引受手数料をもらっているかもしれないから。)

    ・投資に関する書類はすべて読んで、
     ファイルしておく。

    といった投資家として気をつけておきたい心構えから、

    ・ファンドを選ぶ時は、過去の実績より、
     手数料と税金、運用担当者の経験の長さに注目する。

    ・もっとも簡単で安全なファンド選びのコツは
     低コストのインデックス・ファンドを選ぶことだ。

    といったファンド選びのコツ、
    さらには401kについてや、決算書等の読み方など
    知っておきたい知識がひととおり押さえられています。

    理不尽な被害を被らないためにも、
    投資をするなら一度は読んでおきたい一冊です。

    人気blogランキングへ ←クリックしてくれた方、ありがとうごさいました。
    453235031Xウォール街の大罪―投資家を欺く者は許せない!
    アーサー レビット Arthur Levitt 小川 敏子

    日本経済新聞社 2003-03
    売り上げランキング : 13,481
    おすすめ平均

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools
    このページのトップへ

    コメント

    このページのトップへ

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    このページのトップへ

    トラックバック

    FC2Ad

    Information

    イリ
    • Author: イリ
    • 元書店員。
      ビジネス書を中心に様々な書籍を
      ご紹介します。

    Search

     

    フリーエリア

    Recobot by Amatellus

    最近の記事

    カテゴリー

    最近のコメント

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    このブログをリンクに追加する