ビジネス良書選

おすすめの本を紹介するブログです。 好奇心を刺激する良書情報を提供します。


君に友だちはいらない
瀧本 哲史 (著)



グローバル資本主義の中で、
生き残るための考え方、
仲間づくりについて書かれた本です。

内容の一部をご紹介します。
・組織にいるときに
 業務を通じて自然と入ってくる情報や、
 得られる人脈には価値がある。

・やりたい仕事、属したい組織がなければ、
 自分でつくるしかない。

・よいチームはたいていの場合
1、少数である。

2、メンバーがお互いに補完的なスキルを有する。

3、共通の目的とその達成に責任を持つ。

4、問題解決のためのアプローチの方法を共有している。

5、メンバーの相互責任がある。

・フェイスブックの友だちは選んだほうがいい。

・まわりに成功している人が多ければ、
 成功することが当たり前だと思って努力する。

・教養とは「自分と違う世界に生きている人と会話ができる」こと。

・チームのメンパーは、
 多様性があればあるほどよい。

・自分と全然違う領域に住む人は、
 これまでの自分が知り得なかった知識や考え方、
 会ったことのない人脈、
 気づかなかったネットワークなどを持っている。

・自分のネットワークが
 弱いつながりによって
 多様性を確保しているか常にチェックせよ。

・強いチームをつくるには、
 冒険者となって、
 ビジョンとストーリーを語れ。
 ビジョンを作るうえでもっとも大切なことは、
 「でかすぎる絵を描くこと」。
  勇気を持って、ぶちあげろ。

・不確実な状況では
 どんなスキルが必要となるかもわからないし、
 そもそも全員が未経験者であるわけだから、
 その場で自分がやってみて、
 経験者になるしかない。

・「今まであなたがやってきた仕事で、
 もっとも会社を儲けさせたのは何でしょうか。
 チームの仕事の場合、
 あなたがそこで果たした主導的な役割は何ですか」
 きちんと仕事で結果を出してきた人は、
 この質問に即答できる。

・言われたことを単純にやるのではなくて、
 本質的に自分の属するチームを成功させるためには
 どうすればいいか、真剣に考えて行動すること。

・自分が本当に結びつきたい特定の人と、
 どうやったら本当によい関係を築くことができるのか。
 それに注力すること。

ワンピースのルフィたちの話から、
世界や日本の歴史についてまで、
著者の視点の広さ、
教養の深さが伺えます。

エンジェル投資家ならではの
本質を突いた
読み応えのある一冊です。 このページのトップへ

FC2Ad

Information

イリ
  • Author: イリ
  • 元書店員。
    ビジネス書を中心に様々な書籍を
    ご紹介します。

Search

 

フリーエリア

Recobot by Amatellus

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する