ビジネス良書選

おすすめの本を紹介するブログです。 好奇心を刺激する良書情報を提供します。

絶対儲かる「値上げ」のしくみ
石原 明 (著)



儲かる会社になるための
値上げの方法と考え方が書かれた書籍です。

内容の一部をご紹介します。
・「原価を含めたコスト」を知る意味は、
 この値段以下で決して売ってはいけない
 という最低価格を理解することだ。

・他社よりも圧倒的に高い値段で認知度を上げ、
 業界トップの地位につく方法は有効だ。

・いくら良いものを作っても、
 その価値が伝わらなければ
 無価値であり、
 モノに値段がつくのは、
 説明という情報がつくからこそだ。

・今の商品を下位にして、
 中間と上位に商品ラインナップを増やし、
 値段の幅を広げる方法もある。

・料金提示や購買決定の場面では、
 必ず質問系の言葉や表現を用いて締めくくること。
 「○○という金額ですが、いかがですか?」など。

・通常の価格帯で一番高いのではなく、
 業界よりも圧倒的に高いとか、
 びっくりするような金額で販売している商品を
 持っていることで印象を高めることができる。

・コンフォートゾーンとは、
 自分が「自分自身をどういう人間と捉えているか」
 という思考で、
 この思考によって
 一定の行動や成果を出すように
 プログラミングされている。

・経営者は現場を離れて
 未来を作るマネジメントに
 自らの時間を振り向けることが大切だ。

・今取り組んでいる行動の結果を、
 今ではなく3年先、5年先、あるいは10年先にゴールを設定して、
 経営に取り組むこと。

・今はすぐは必要とされないが、
 将来大きな差となる行動は何かを考えること。

経営者はもとより、
自らの価値を高めたい個人にも
ヒントになる一冊です。 このページのトップへ

FC2Ad

Information

イリ
  • Author: イリ
  • 元書店員。
    ビジネス書を中心に様々な書籍を
    ご紹介します。

Search

 

フリーエリア

Recobot by Amatellus

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する