ビジネス良書選

おすすめの本を紹介するブログです。 好奇心を刺激する良書情報を提供します。


株式投資の学校[入門編]
ファイナンシャルアカデミー (著)


企業業績の見方から、
チャートの読み方など、
株式投資の基本を教えてくれる書籍です。

内容の一部をご紹介します。
・中長期的に上昇しやすい銘柄の条件として、
 実績が良く、PERが低く、チャートの形が良い、
 の3点がある。

・営業CFは本業による現金収支。
 設備投資があまり必要ない企業の場合、
 営業利益や経常利益の0.6倍程度、
 製造業のように設備投資が必要な場合は、
 営業利益や経常利益の1倍程度かが標準的。
 赤字の場合は少し注意が必要。

・低PER銘柄への投資を検討する前に、
 必ず「どうしてPERが低いのか」
 ということを考えてみること。

・深刻な問題を抱える企業の
 低PBRはあてにならない。

・利益余剰金で増配可能性を探ることができる。
 
・景気動向を把握するには、
 GDPが1年間でどのぐらい伸びたかを
 表す「実質GDP成長率(年率)」をチェックすると良い。

実際の企業のデータやチャートを
例にした説明が理解しやすく、
実戦的です。

株式投資を始めたばかりの方に
おすすめの一冊です。 このページのトップへ

FC2Ad

Information

イリ
  • Author: イリ
  • 元書店員。
    ビジネス書を中心に様々な書籍を
    ご紹介します。

Search

 

フリーエリア

Recobot by Amatellus

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する