ビジネス良書選

    おすすめの本を紹介するブログです。 好奇心を刺激する良書情報を提供します。

    GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代
    アダム グラント (著), 楠木 建 (翻訳)


    与えることと成功することについての
    関係が書かれた書籍です。

    与えることについて人を3タイプに分け、
    それぞれの傾向や、
    対処法についての説明がされています。

    内容の一部についてご紹介します。
    ・ギバー、人に惜しみなく与える人

    ・テイカー、真っ先に自分の利益を優先させる人

    ・マッチャー、損得のバランスを考える人

    ・成功するギバーは、
     他者の利益だけでなく、
     自己利益にも関心が強い。

    ・無私無欲に与えることは病的な行為である。

    ・他者への関心に自己への関心が結びつけば、
     燃え尽きたり、やけどしたりすることが少なくなり、
     成功しやすくなる。

    ・他人のことだけでなく自分自身のことも思いやりながら、
     他人指向的に与えれば、心身の健康を犠牲にすることはなくなる。

    ・人に親切や助けなど与えるときは、
     バラバラに与えるのではなく、まとめて与えること。

    ・ボランティア活動を行うなら、
     年に百時間がもっとも大きなパワーが得られ、疲労感が少ない。

    ・周囲からサポートを受けることこそ、燃え尽き防止の強力な特効薬だ。

    ・テイカーと付き合うときには、マッチャーになればいい。
     だたし、三回に一回はギバーに戻って、テイカーに名誉挽回のチャンスを与えよう。

    ・始めて会話する際は、誰がギバーで、
     誰がテイカーか、注意を払おう。

    ・交渉のときは、ほかの人の代理人として振る舞うと良い。
     ギバーとしての自己イメージと社会的イメージを保つことが出来る。

    ・自分は大切な人の利益を代表していると思えば、 
     しっかり自己主張することが出来る。

    ・何でもかんでも自分が与えるのではなく、
     互いに助け会えるよう人々を結びつけていく方法も考えよう。

    単に与えれば成功すると説くだけでなく、
    良い人でいながら、つぶされないための
    ポイントが書かれている点が、
    単に道徳的な教訓で終わる書籍とは、
    違います。

    良い人でありながら、
    強く生きていきたい方に
    参考になる一冊です。

    このページのトップへ

    FC2Ad

    Information

    イリ
    • Author: イリ
    • 元書店員。
      ビジネス書を中心に様々な書籍を
      ご紹介します。

    Search

     

    フリーエリア

    Recobot by Amatellus

    最近の記事

    カテゴリー

    最近のコメント

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    このブログをリンクに追加する