ビジネス良書選

    おすすめの本を紹介するブログです。 好奇心を刺激する良書情報を提供します。


    科学がつきとめた「運のいい人」
    中野信子 (著)



    運が良い人は、
    なぜ運が良いのかを
    科学的観点から
    説明されている書籍です。

    内容の一部をご紹介します。

    ・自分を世間の標準に合わせる必要はない。
    大事なのは、自分を最大限に生かすことだ。

    ・新しい何かを身につけたり、得ようとするのではなく、
     すでに自分に与えられているものを
     生かしきること。

    ・自分を粗末にせず、
     大切に扱う。
     他人を敬うのと同じように、自分自身を敬うこと。

    ・一般的な価値観や意見に惑わされず、
     自分の価値観で
     自分なりの幸せを
     把握すること。

    ・他人の尺度でなく、
     自分の尺度で行動する。
     他人がどう思うかではなく、
     自分が心の底から心地よい、
     気持ちよいと思える行動をすること。

    ・人には、いつもの日常には飽きたらないで、
     新しいことを知りたいと思う、
     新しいことを知る喜びを感じる性質があり、
     これを新奇探索性という。
     これが弱いと社会のルールや
     常識を自分より大切にしてしまう傾向が強くなる。

    ・あえて新しいことに挑戦したり、
     社会的規範や常識を鵜呑みに
     しないように注意してみよう。

    ・まじめさを隠れ蓑にして、
     自分をないがしろにしてないか、
     自分の価値観を
     見失ってないか、
     自分が本当にやりたいことを忘れていないかなどと、
     ときどき自問自答してみよう。

    ・やるかやらないか、
     悩んだら、
     それが自分にとって
     面白そうかで判断してしまおう。

    ・ときどき自分に向かって、
     ○○ちゃん、大好きだよ、といってあげよう。

    ・根拠はなくても
     自分は運がいい
     と決めてしまったほうが、実際に運が良くなる。

    ・運がいいと思っている人には
     努力の余地が生まれるが、
     運が悪いと思っている人には、
     その余地は生まれない。

    ・脳は戦って誰かを蹴落とすことより、
     共生をめざすことのほうが
     高いパフォーマンスを発揮できる。
     他人に配慮できる人は運が良い。
     配慮範囲が広い人ほど運が良くなる。

    ・明確な目標を持ち
     常に忘れないこと。

    ・自分の叶えたい夢は何か。
     生きる目的、目標はどんなものなのか。
     それは、自分なりの幸せのものさしで
     測ったものなのか。
     まずはここを確認しよう。

    すぐに生活に取り入れることが多く
    紹介されています。

    毎日を楽しく過ごしたい方に
    おすすめの一冊です。

    このページのトップへ

    FC2Ad

    Information

    イリ
    • Author: イリ
    • 元書店員。
      ビジネス書を中心に様々な書籍を
      ご紹介します。

    Search

     

    フリーエリア

    Recobot by Amatellus

    最近の記事

    カテゴリー

    最近のコメント

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    このブログをリンクに追加する