ビジネス良書選

おすすめの本を紹介するブログです。 好奇心を刺激する良書情報を提供します。

未来を発明するためにいまできること
スタンフォード大学 集中講義II
ティナ・シーリグ (著), 高遠裕子 (翻訳)
¥ 1,470
未来を発明するためにいまできること スタンフォード大学 集中講義II

ティナ・シーリグ 阪急コミュニケーションズ 2012-05-31
売り上げランキング : 23363
by ヨメレバ


著者はスタンフォード大学で
イノベーション講座の講士です。

本書では創造性を高めるための
考え方が書かれています。

内容の一部をご紹介します。
・創造力を豊かにするための具体的な手法や環境は存在する。
 これらを最適化すれば、
 クリエイティビティは自然に高まる。

・経験や文化が異なる人が出会うと、
 アイデアが結びつき、
 混じり合う。

・意識して異質な人々との交流を生活に取り入れ、
 自分の流儀をかき回すことで
 新しいアイデアを生みだすことができる。

・的を絞った観察を行うことで、
 世の中の事象について貴重な知識が得られる。
 この知識が、あらゆるクリエイティブな取り組みの出発点になる。

・観察をするときには、
 細かな点を追求すること、
 全体像を考えることを交互に繰り返すこと。

・クリエイティブな空間が
 クリエイティブな仕事を生む。
 
・人は自分のいる環境に影響を受ける。
 職場や学校、家庭を豊かな発想ができる場所にしたいのであれば、
 空間デザインを吟味する必要がある。

・クリエイティブな空間を設計するにあたっては、
 壁の色や背景音など、
 どんな要素も重要である。

・赤い壁は注意力を高め、
 青い壁はクリエイティブな思考を養う。

・制約は、クリエイティブなエネルギーを触発し、
 蓄積するツールだ。
 意図的に、制約をきつくしたり、
 緩くしたりして、調整してみよう。

・個人にクリエイティブになって欲しければ、
 その目的に合ったインセンティブを備えた環境を
 整えることだ。
 新しいアイデアを出して欲しければ、
 創造性を評価するフィードバックをすべきだ。

・チーム内でポジティブな言動を増やすには、
 遊びの要素を取り入れると良い。
 何でも試してみよう、
 という遊び心のある環境をつくることが必要だ。

・クリエイティビティを高めたいなら、
 結果がどう転ぶかわからなくても、
 ためらうことなく未知のことに
 挑戦する姿勢が必要だ。

・日々、ささやな実験を重ねていけば、
 自然に何でも試してみようという体質になる。
 大がかりなものである必要はなく、
 ただ面白ければいい。

・人は自分が見たいものを見ている。
 自分がクリエイティブな人間だと思えば、
 斬新なアイデアを思いつける可能性は高まる。

・身近な環境のなかで、
 ユニークな資源に気づくかどうか、
 それを活用できる知識を得られるどうかは、
 自分次第である。
 
・クリエイティビティは、
 課題に立ち向かい、
 チャンスをつかもうという強い欲求、
 姿勢があってこそ生かされる。

・観察力を磨いて知識を増やすこと。
 ばらならのアイデアを結びつけ、
 組み合わせること、
 問題を捉えなおすこと、
 最初に思いついた答えを乗り越えることによって
 創造力をふくらませれば、
 クリエイティビティを高めることができる。


個人としてクリエイティビティ高める方法だけでなく、
組織やチームの創造性を高めるためのヒントも
多く述べられています。

起業、経営に携わる方々に
刺激を与えてくれる一冊です

テーマ:ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル:本・雑誌

このページのトップへ

FC2Ad

Information

イリ
  • Author: イリ
  • 元書店員。
    ビジネス書を中心に様々な書籍を
    ご紹介します。

Search

 

フリーエリア

Recobot by Amatellus

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する