ビジネス良書選

    おすすめの本を紹介するブログです。 好奇心を刺激する良書情報を提供します。

    「最強の新人」と呼ばれるための1日60秒トレーニング
    田中和彦 (著)
    価格:¥1,365

    「最強の新人」と呼ばれるための1日60秒トレーニング (Nanaブックス)

    田中和彦 ナナ・コーポレート・コミュニケーション 2012-02-24
    売り上げランキング : 38464
    by ヨメレバ


    若いビジネスパースンが、
    突き抜けた人材になるための
    具体的なアドバイスが
    まとめられた書籍です。

    一見当たり前と思えても、
    実際にはできていなかったり、
    見落としがちな、
    社会人の基本姿勢について、
    再認識させてくれます。

    内容の一部をご紹介します。
    ・悩むのはいいけど、立ち止まるな。
     点は、止まったままだと、いつまでも点だ。
     動いてはじめて線になる。
     線になるから自分の望む点までたどり着く。
     ひたすら線を引いていると、
     それが今度は交わって面になる。
     面になると、世界が一気に広がる。

    ・「明るく元気よく」に理屈はない。
     明るく元気よい返事で、
     チャンスをつかむことがある。

    ・「身に付く」状態まで
     数をこなせ。
     何事も数をこなさなければ、
     大きな成長は望めない。

    ・性格を言い訳にして、
     逃げないこと。
     性格とは関係なく、
     望ましい行動、求めらる行動を
     意識的に行えばいい。
     行動が変わると、
     自分の可能性が大きくなる。

    ・礼儀やマナーやルールは
     縛りつけるものではなく、
     人を自由にするものだ。
     マナーやルールを知っているからこそ、
     落ち着いて行動できる。

    ・4色ボールペンを活用しよう。
     色分けすることで、
     意外なほど発想が広がる。

    ・携帯電話やスマホは
     上司や顧客の前ではいじらない。
     「感じが悪い」と思われてしまう。

    ・会社の飲み会では
     覚めた態度は取らないこと。
     スマートな第三者より、
     泥まみれの当事者になってくれる人の方が
     親しみを感じてもらえる。

    ・リハーサルで本気になれなければ
     本番でも本気にはなれない。
     一度でも手を抜くと、
     手を抜いた感覚が染み付いてしまう。

    ・スペシャリティを語る前に
     まずは社会人としての
     基礎部分をしっかり身につけよう。

    ・人は「はじめて」があるから成長する。
     自分にとっての「はじめて」を
     どれだけ短期間に、
     それだけたくさん経験できるかが、
     自分の成長速度を測るものさしになる。

    ・報告は結論から話すこと。
     「まず結論から報告します」を
     口癖にしてしまおう。

    ・ビジネスでは数字を語れない人は、
     信用されない。
     重要な数字は何度でも眺めて、
     基準値となるくらいまで
     頭に叩き込むこと。

    ・ザックリと全体を把握し
     スタートからゴールまでイメージしよう。
     スキャニング能力を身につけると 
     評価は一気に高まる。

    ・ダンドリ上手への第一歩は、
     まずリストアップすることだ。
     着手する前に、やるべきことをすべて列挙し、
     その上で時間のかかるものから取りかかり、
     同時並行で可能なものはまとめてやってしまうこと。

    ・「これはあいつに頼め」という得意技を
     まずひとつ作ること。
     ほかに代わりがいない得意技を持てば、
     会社の中での存在価値が高まり、
     自分の希望通りの道に進むことも
     可能になってくる。

    ・上司や先輩のスケジュールを先回りせよ。
     上司や先輩の「思考の先読み」と「行動の先回り」
     をすることになる。
     無意識に上のポジションの視点を持つ
     トレーニングにもなる。

    ・「ある時点で一気に壁を突破する」感覚のことを
     ブレイクスルーと呼ぶ。
     ブレイクスルーポイントは
     あきらめかけたちょっと先にある。
     量をこなすことで
     質に転化する瞬間がくる。

    ・成功するには、成功している人を
     とことん真似することだ。
     陳腐な独創性より、
     最上の模倣のほうが勝る。

    ・偶然をチャンスに転化せよ。
     偶然に出会う確率を上げるには、
     「急な誘いは断らない」
     「街で知人を見かけたら、
     駆け寄ってでも挨拶する」
     「パーティーでは、少なくとも両隣の人とは
     名刺交換する」
     「行きと帰りの道をかえる」などを心がけると良い。

    ・時間を捻出するには、
     「やらないことリスト」が効果的。
     時間を無駄にしてしまったと
     後悔するようなことを挙げていこう。
     
    ・同じ社内の人とばかり群れないこと。
     「片足は常に外に出しておく」姿勢が
     世界を広げる。

    ・自分の「好きなこと」を
     周囲に宣言しておこう。
     宣言しておくと、
     チャンスを手にする確率が高くなる。

    ・食事のメニューは
     「10秒で決める」クセをつけること。
     仕事のデキル人は、
     迷わず必ず自分で決める。


    若い方向けの書籍ですが、
    実際にある程度の社会人経験を積んだからこそ
    腹に落ちる内容でもあります。

    新人の方はもとより、
    ベテラン社会人の方にもおすすめの内容です。
    「最強の新人」と呼ばれるための1日60秒トレーニング (Nanaブックス)

    田中和彦 ナナ・コーポレート・コミュニケーション 2012-02-24
    売り上げランキング : 38464
    by ヨメレバ

    テーマ:成功法則の本 - ジャンル:本・雑誌

    このページのトップへ

    FC2Ad

    Information

    イリ
    • Author: イリ
    • 元書店員。
      ビジネス書を中心に様々な書籍を
      ご紹介します。

    Search

     

    フリーエリア

    Recobot by Amatellus

    最近の記事

    カテゴリー

    最近のコメント

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    このブログをリンクに追加する