ビジネス良書選

おすすめの本を紹介するブログです。 好奇心を刺激する良書情報を提供します。

必ず結果が出るブログ運営テクニック100
コグレマサト(著)するぷ(著)
価格: ¥ 1,890
必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える“俺メディア”の極意

コグレマサト,するぷ インプレスジャパン 2012-03-23
売り上げランキング : 3338
by ヨメレバ

著者はブログで生計を立てている2人の
プロ・ブロガー。

本書では、ブログを通して、
安定的なアクセスと収入を得るための
ノウハウが紹介されています。

内容の一部をご紹介します。
・気合いを入れて記事を書くことより、
 自分としては70~80点ぐらいの記事でいいので
 肩の力を抜いてコンスタントに書き続けることが大切。

・アクセス解析のデータを毎日見て、
 「ひとり反省会」をする時間をできるだけ取ろう。
 書きっぱなしでは、進歩はない。
 どのような記事が読まれたか、
 そのようなキーワードで検索されたかなどを調べ、
 今後に活かすこと。

・ブログは楽しんで書くこと。
 プロの書いた記事とは違う、
 個人のブログの「読ませる要素」は、
 書き手自身が心から楽しんで書いていること、
 好きなことを発信していることだ。

・twitterの「トレンド」や 
 Googleの「今日の急上昇ワード」などで、
 リアルタイムに「話題のネタ」を
 見つける嗅覚を磨こう。

・製品の正確な型番や固有名詞をタイトルに入れることで、
 検索結果に表示される機会を増やすことができる。

・記事が読まれるかは、
 タイトルでほぼ決まる。

・タイトルは短すぎ、素っ気なさすぎ、
 長すぎ、盛り込みすぎもよくない。
 一般的には20~40文字ぐらいが読みやすく、
 それなりに内容も盛り込める文字数の目安となる。

・ブログの記事で伝えたい要素は、
 一本につき一点に絞ろう。
 その方が、読者にも検索エンジンにも
 伝わりやすくなる。

・記事に視覚的なメリハリをつけて
 読みやすくしよう。
 
・空行や小見出しを入れたり、
 色やカタカナでリズムをつける、
 写真を挿入などして
 記事にメリハリをつけると良い。

・公開したブログの記事は
 書きっぱなしにせず読み返そう。
 いったん書いた内容を忘れてから読み返すと、
 言い回しのおかしい点や、
 話の矛盾を見つけることができる。
 それらを反省し、
 修正しておくことは
 文章の訓練になる。

・ネガティブな記事は自分に跳ね返ってくる。
 ネガティブな内容を書かないでおくことで、
 無用のトラブルや周囲からの
 悪い印象を避けることができる。

・よく読まれている記事の関連記事を書こう。
 読者に「興味のある記事が多い、情報が豊富なブログだ」
 と感じてもらえる。

・関連記事どうしにリンクを張ろう。
 読者にとっては多く情報が得られやすくなり、
 検索エンジンからの評価も高くなる。

・大きなテーマについてたくさんの記事を書いたときは、
 適当な区切りでまとめ記事を書いて振り返ろう。
 ブログの記事を読む人にとっては読みやすくなり、
 検索エンジンに対しても効果がある。

・よく同様の質問をされる場合は、
 「よくあるし質問集」で質問にまとめて答えてしまおう。
 コメントに対応しすぎて
 疲れてしまうことを防げる。

・献本やレビューの依頼などは、
 本当に興味のあるものだけを受けよう。
 興味のないネタの記事は
 読者に気づかれてしまう。

・気になるプロガーには、
 きちんとコミュニケーションをとって、
 思い切って声をかけてみよう。
 仲のいいブロガーが増えると、
 Webを通じて新しい企画や
 面白い議論ができるようになる。

・どんな広告も、
 読者が慣れると効果が落ちる。
 少しずつクリック率が落ちていくのを
 ただ見ているだけでなく、
 自分から変化を起こし、
 それを楽しむことが大切だ。

 
ブログを運営する上で
実際に使えるツールの情報や、
ソーシャルメディアの上手な利用の仕方まで、
濃いノウハウが詰まっています。

また、自らがブログ運営を楽しみ、
読者を大切にしながら、
信頼関係を築いてきた、
著者のスタンスにも好感が持てます。

個人でブログを運営している方から、
ビジネスでブログを利用している方まで
参考になるおすすめの一冊です。

必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える“俺メディア”の極意

コグレマサト,するぷ インプレスジャパン 2012-03-23
売り上げランキング : 3338
by ヨメレバ

ビジネス良書選 お客様から選ばれるウェブ文章術


このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

イリ
  • Author: イリ
  • 元書店員。
    ビジネス書を中心に様々な書籍を
    ご紹介します。

Search

 

フリーエリア

Recobot by Amatellus

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する