ビジネス良書選

おすすめの本を紹介するブログです。 好奇心を刺激する良書情報を提供します。

20歳のときに知っておきたかったこと
スタンフォード大学集中講義
ティナ・シーリグ (著)
20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義
ティナ・シーリグ Tina Seelig

阪急コミュニケーションズ 2010-03-10
売り上げランキング : 375

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



著者はスタンフォード大学で
学生たちに起業家精神を
教えている人物です。

通常の専門知識のみを
教える授業と違う、
独創的で型破りな授業内容と、
それによって学生たちが得た、
教えが書かれています。

内容の一部をご紹介します。
・金儲けをしたいからというのではなく、
 情熱をもつことが大事だ。

・最初から金儲けを目当てに
 事業を立ち上げると、
 お金も儲からないし、
 意義を見つけることできない。

・大きな問題を、
 これまでにない方法で
 解決して使命を果たすことを目標に掲げれば、
 最初から金儲けを目指すよりも、
 儲かる可能性は高くなる。

・できないことなどない、
 と呑んでかかることで、
 決まりきった枠からはみ出よう。

・アイデアを思いつくには、
 可能性の海を探索しなければならない。
 大胆なアイデアを思いつくのに
 お金がかかるわけではないし、
 責任を取る必要もない。
 自分たちが無意識に課してきた
 ルールを破ればいい。

・誰かがチャンスをくれるのを
 待つのではなく、
 自分でつかみにいこう。

・自分の持つスキルの幅を積極的に広げ、
 リスクを取って新しいことに挑戦する人は、
 自分のスキルや潜在能力をはこれだと決めつけ、
 決まった役割に徹する人たちに比べ
 成功する可能性がはるかに高くなる。

・自分が得なことはこれだと
 決めてかかるタイプの人は、
 得意なことを増やし、
 成長していこうという人にくらべて、
 成功する確率が低くなる。

・失敗を経験し、
 成功も経験するなかでこそ
 しっかりと深く学ぶことができる。
 
・自分でやってもみないで、
 学ぶことは不可能だ。
 いろいろ試してみれば、
 失敗は避けられないが、
 そこから学ぶことがある。

・何かを決める際には、
 過去にどれだけコストをかけたかを
 考えに入れるべきではない。
 「投資しすぎて、引くに引けない症候群」に
 なってしまう。

・何かをやめると、
 じつは驚くほど元気が出る。
 決めるのは自分であり、
 その気になればいつだって
 やめられる。
 うまくいかない場所に
 引きこもる必要はない。

・失敗は避けられないものである。
 成功のカギは、
 すべての弾をかわすことではなく、
 いかに素早く立ちなおるかにある。

・他人から学ぶことで、
 失敗の確率を大幅に下げることができる。
 先人の知恵に学ぼう。
 身の回りで得られるデータは
 すべて集めよう。

・自分にはこれしかないと
 早いうちに決めつけてしまうと、
 行き先を間違う可能性が高くなる。

・自分が置かれた状況を頻繁に点検し、
 問題を解消する方法を探していけば、
 物事がうまく回る可能性は高くなる。

・日々の生活のなかで
 頻繁にぶつかる問題は、
 芽が小さいうちに摘んでおく方がいい。
 それには、注意力を磨き、
 ほんとうに変えるべきものは何かを
 見極めるとき初めて可能になる。

・子育ては、
 変化する状況に工夫して対処する機会となり、
 どんな状況でも通用するスキルを
 培うのに役立つ。

・最終目的地に急ぎすぎないで、
 寄り道や思いがけないまわり道で、
 とびきり面白い人や場所、
 チャンスに巡り会えるものなのだから。

・努力すればするほど、運はついてくる。

・運のいい人たちは、
 未知のチャンスを歓迎し、
 経験のないことにも
 積極的に挑戦する。
 よく知らないジャンルの本を読み、
 あまり知られてない場所を旅し、
 自分とは違うタイプの人たちと
 つきあおうとする。

・経験はいつ役立つかはわからない。
 経験を積み、知識の幅が広がれば広がるほど、
 自分の引き出しは増える。

・身近なチャンスを
 ひとつひとつモノにすることで、
 ゆっくりとではなるけれど、
 確実にステージは上がる。
 そしてその度に最終目標に
 近づいていく。

・評判ほど大切な資産はない。
 評判はしっかり守ろう。

・多少の過ちを起こしても、
 ひどく落ち込む必要はない。
 時が経てば、評判を回復することは可能だ。

・謝罪は早いほどいい。
 ぐずぐずしていると、
 痛手は大きくなる。

・予想できる道を外れたとき、
 常識を疑ったとき、
 チャンスはいくらでもあり、
 世界は可能性に満ちていると考えたときに、
 飛び切り面白いことが起きる。


どんな所にも、
チャンスが転がっているということを
教えてます。

頭を柔軟にし、
自らの可能性を広げる
ヒントが詰まった一冊です。




ビジネス良書選 頭にガツンと一撃


テーマ:ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル:本・雑誌

このページのトップへ

FC2Ad

Information

イリ
  • Author: イリ
  • 元書店員。
    ビジネス書を中心に様々な書籍を
    ご紹介します。

Search

 

フリーエリア

Recobot by Amatellus

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する