ビジネス良書選

    おすすめの本を紹介するブログです。 好奇心を刺激する良書情報を提供します。

    中小企業が強いブランド力を持つ経営
    酒井光雄 (著)
    価格: ¥ 15,750
    中小企業が強いブランド力を持つ経営中小企業が強いブランド力を持つ経営
    酒井光雄

    日本経営合理化協会出版局 2011-12-12
    売り上げランキング : 146950

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools

    企業の付加価値を高め
    価格競争に巻き込まれない経営戦略に
    ついて書かれた書籍です。

    内容の一部をご紹介します。
    ・企業と商品の多重人格状態を避けるには、
     企業と商品のイメージに
     一貫した印象を与えられるよう、
     重視する要素に統一感を持たせ、
     矛盾がないように配慮することだ。

    ・ブランド力となる付加価値向上の資源とは、
     コストダウンでも技術力ではなく、
     人の手がかかった手間や、
     ときには感情、笑顔であったりする。

    ・いくら良い商品でも、
     その商品の良さを顧客に語りかける
     努力と工夫をしなければ、
     価値は増幅せず、
     付加価値は理解してもらえない。

    ・商品の良さをアピールできる
     商品パッケージや包装紙、
     商品を人に送りたくなるギフト用ラッピング、
     商品を販売する店舗デザイン、
     販売員のユニフォーム、
     接客ユニフォームなど、
     商品力以外の要素でも、
     商品価値を高める工夫が欠かせない。
     
    ・機能は効能以外に、
     顧客の心をつかむ要素を
     経営者は自社にも取り入れなくてはならない。
     それこそが本物の付加価値であり、
     ブランド力だ。

    ・顧客を絞り込むと、
     ビジネスの打ち手が明らかになり、
     自ずと市場も絞り込まれる。

    ・需要よりも少なくつくり、
     売れ残りを出さないこと。
     
    ・「いつも手に入るわけではない」ことが、
     商品価値を高める。

    ・常連顧客になってほしい顧客を明確化しよう。
     顧客なら誰でもよいと考えるのでなく、
     こういう顧客に愛されたいという
     イメージを明確に持つことで、
     自社の付加価値が向上していく。

    ・顧客は、自分が大事にされる存在だと認識すると、
     プライドが満たされ、
     次回も利用しようという気持ちが膨らむ。
     そのためには、同伴者の前で
     大切な顧客であることをスタッフから口にされ、
     特別なもてなしを目の前で提供することが大切だ。

    ・常連顧客の人たちしか入手できない
     商品・サービス・企画をつくることも有効だ。

    ・マスメディアに働くジャーナリスト・記者・番組製作者たちは、
     報道に値するニュースを絶えず探し求めている。
     「へ~」「ほう~」「そう~!」「ホント?」の要素があると、
     取材はやって来やすい。

    ・社会に対する企業の信頼性は、
     過去にそれなりのメディアに
     取り上げられているかどうかも
     ひとつの判断材料になる。

    ・自社のHPには、
     これまでメディアに報道された内容(要約)・画像・動画を
     掲載しておくといい。


    実践的な戦略が
    豊富な事例を交えながら
    解りやすく解説されています。

    特に自社のブランド力を高め、
    高収益を得たい経営者の方に
    おすすめの一冊です。

    テーマ:ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル:本・雑誌

    このページのトップへ

    FC2Ad

    Information

    イリ
    • Author: イリ
    • 元書店員。
      ビジネス書を中心に様々な書籍を
      ご紹介します。

    Search

     

    フリーエリア

    Recobot by Amatellus

    最近の記事

    カテゴリー

    最近のコメント

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    このブログをリンクに追加する