ビジネス良書選

    おすすめの本を紹介するブログです。 好奇心を刺激する良書情報を提供します。

    営業の魔法
    中村 信仁 (著)
    価格: ¥ 1,575

    営業の魔法―この魔法を手にした者は必ず成功する営業の魔法―この魔法を手にした者は必ず成功する
    中村 信仁

    ビーコミュニケーションズ 2007-10-02
    売り上げランキング : 356

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools


    お客様を喜ばすことのできる
    一流セールスパースンの教えが書かれた
    ストーリー形式のビジネス書です。

    主人公は、
    全く売上を上げることのできない営業マン。

    この本ではそんな主人公が
    偶然出会ったトップ営業マンから、
    営業について成長のレッスンを受け成長していく
    姿が描かれています。

    内容の一部をご紹介します。
    ・普段考えていることがことばになる。
     いつも正しい心でいなければいけない。

    ・会話に「間」を作り、
     相手に考える時間を与えてあげよう。

    ・営業はお客様の問題を一緒に解決する
     よき理解者、相談相手でなければならない。

    ・イメージの限界が自分の限界になる。
     可能性を広げるには、想像力を鍛えること。

    ・二者択一話法
     AとBの二つに引例を用意し、
     質問していくと、
     相手は答えやすい。
     例、「今週と来週でしたら、比較的時間に余裕があるのは
       どちらでしょうか?」

    ・イエス・バット話法
     まず、お客様の意見を肯定する。
     その意見に対して質問を繰り返す。
     すると、お客様自信が違う考えを
     自分自身で導き出して下さる。
     例、A「それは高いですね。」
       B「その通りです。
        この金額はおっしゃる通り決してお安くはないと思います。
        ところで、今、何と比較されて高いとお考えになったのでしょうか?」

    ・ノーをいただいて落ち込みそうなときこそ、
     明るく振る舞うこと。

    ・「検討します」と言われたら、
     明るく笑顔で白旗を掲げて、
     何を検討したいのかを、直接聞いてしまおう。
     例、「分かりました、ご検討下さい。
        (もう売り込みません)
        だから、本当のところはどうなのでしょうか?」

    ・推定承諾話法
     その商品を活用することを前提に、
     様々な条件の確認作業を行う話法。
     「もし、仮に…」という前置きで
     ドンドン問いかけよう。
     例、「もし、仮にご購入するならば、
       色は赤にされますか?
       それとも、青にされますか?」


    主人公の心理描写が上手く、
    読んでいるうちに、
    ひたむきな主人公を
    つい応援してしまいます。

    心と話術、
    両方を成長させてくれる
    ヒントが詰まった一冊です。

    テーマ:ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル:本・雑誌

    このページのトップへ

    FC2Ad

    Information

    イリ
    • Author: イリ
    • 元書店員。
      ビジネス書を中心に様々な書籍を
      ご紹介します。

    Search

     

    フリーエリア

    Recobot by Amatellus

    最近の記事

    カテゴリー

    最近のコメント

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    このブログをリンクに追加する