ビジネス良書選

    おすすめの本を紹介するブログです。 好奇心を刺激する良書情報を提供します。

    また、売れちゃった!
    河瀬 和幸 (著)
    価格: ¥ 1,260

    また、売れちゃった! ~一瞬で顧客の心をツカむ! 売上5倍を達成する凄ワザ88また、売れちゃった! ~一瞬で顧客の心をツカむ! 売上5倍を達成する凄ワザ88
    河瀬 和幸

    ダイヤモンド社 2010-08-26
    売り上げランキング : 128180

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools

    著者は42歳のときに、
    リストラで会社員から
    販売員に転職し、
    全国東急ハンズで
    8年連続売上№1商品を作った
    経歴を持つ人物です。

    この本では、
    最初は全く売ることができなかった状態から、
    実績を上げるまでにあみ出してきた、
    販売テクニックが紹介されています。

    内容の一部をご紹介します。
    ・「購入心理の5階段」を
     お客様にすばやく、
     かつ、しっかり確実に
     踏んでいただくと、
     商品を購入していただける。

    ・「購入心理の5階段」
     第一階段「エッ、何?」の階段
     第二階段「デ、それで…?」の階段
     第三階段「ヘーッ、なるほど!」の階段
     第四階段「サテ、どうしよう!?」の階段
     第五階段「ヨシ、決めた!」の階段

    ・まずは、お客様とコミュニケーションを取るための
     「きっかけ」をつくること。

    ・「いらっしゃいませ」は連呼しないこと。

    ・だらしなく聞こえるので
     「いらっしゃいませ~」と語尾は伸ばさない。

    ・意味のない「いらっしゃいませ」の連呼より、
     お客様一人ひとりに向かって、
     「おはようございます」「こんにちは」
     ときちんと挨拶をしよう。

    ・「売ろう」と思えば思うほど、
     それがお客様に伝わり、
     警戒されてしまう。
     販売員にとって一番重要なのは、
     「売ろう」と思わないことだ。

    ・適度に忙しくして、
     お客様から声をかけて
     いただくのを待とう。
     ここで重要なのは、
     作業に没頭しないこと。
     声をかけてもらったら
     すぐに動けるように
     周囲を意識して作業することが大切。

    ・販売は身体が資本。
     体力をつくるために食事も気をつけよう。
     できるだけ肉類を控え、
     豆類や野菜類を多く摂ると
     身体が楽になる。

    ・紙3枚程度で完結するような
     商品の紙芝居を作って、
     10秒程度の説明をしてみよう。

    ・販売とは「商品」の
     物語を語ること。

    ・「へー、なるほど」と思っていただくために
     その商品の「ウンチク」を調べよう。

    ・ひと通り商品の説明を終えた後、
     話すことがなくなってしまい、
     気まずい沈黙が流れたら、
     お客様に商品を持たせてみよう。

    ・商品説明をするときは、
     「もちもち」「ぷるぷる」
     「ツルツル」「スルスル」など
     商品の特徴を表す擬音を使うと効果的。

    ・迷っているお客様には、
     同じ商品説明を
     もう一度最初から繰り返そう。
     お客様は商品を聞いているようで、
     意外と聞いていないものだ。

    ・商品説明をする際、
     実際にその商品を使っているお客様から
     頂戴した感想を紹介すると効果がある。


    クロージングを一切せず、
    お客様に自然にアプローチする
    驚きの販売方法が紹介されています。

    ゴリ押しせず、
    お客様に喜ばれながら、
    売上を上げたい
    セールスパースンに
    おすすめの一冊です。

    テーマ:ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル:本・雑誌

    このページのトップへ

    FC2Ad

    Information

    イリ
    • Author: イリ
    • 元書店員。
      ビジネス書を中心に様々な書籍を
      ご紹介します。

    Search

     

    フリーエリア

    Recobot by Amatellus

    最近の記事

    カテゴリー

    最近のコメント

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    このブログをリンクに追加する