ビジネス良書選

おすすめの本を紹介するブログです。 好奇心を刺激する良書情報を提供します。

たった一人で組織を動かす
新・プラットフォーム思考
平野 敦士 カール (著)
価格: ¥1,575

たった一人で組織を動かす 新・プラットフォーム思考たった一人で組織を動かす 新・プラットフォーム思考
平野 敦士 カール

朝日新聞出版 2009-12-18
売り上げランキング : 51126

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

著者はおサイフケータイの
クレジット発案者として
世界的にも著名な人物です。

この本のタイトルにある
「新プラットフォーム思考」とは、
「周囲の多くの人々を巻き込みながら
自分の持てる力の何十倍もの
成果を上げつつ、
まわりの人間も幸せにしていく」
結果を出すための思考法の
ことを指しています。

内容の一部をご紹介します。
・1人で1億円のビジネスを作るのではなくて、
 10人で100億円のビジネスを作ろう。
 「なるべく1億円を独り占めしたい」などとは
 考えないこと。

・変な見栄は捨てて
 素直に助けてもらうほうが
 うまくいく

・自分がまわりに貢献できること、
 強みを生かして自分から発信すると、
 それ以上のことが
 まわりから教えてもらえる。

・若い人を一人の人間として認め、
 リスペクトすること。
 若い人にしかわからない文化というものは
 たくさんある。
 迎合する必要はないが、理解しよう。

・部下の思いを理解していなければ、
 的確な人材配置はできないし、
 モチベーションを高める一言もかけられない。
 
・ランチ雑談ヒアリングで、
 部下がどんな考えを持っているのかを
 把握しよう。
 
・部下の得意分野や興味を知った上で、
 「こんな分野のプロを目指してはどうか」
 と提案し、勉強してもらおう。

・上司は「説得」せずに、
 「軽く相談」する。
 最初は頭ごなしに反対していた上司でも、
 「それならこう変えたら?」などと
 アドバイスをくれるようになり、
 いつの間にか説得できてしまうこともある。

・直近の成果を自分の手柄にするよりも、
 一緒に頑張ってくれた部下や
 協力してくれた上司、同僚を立てること。
 必ず「感謝の気持ち」を
 言葉で伝えよう。

・基本は、ギブ&テイクではなく、
 「ギブ・ギブ・ギブ&テイク」。
 まずはギブに専念しよう。
 
・どんなにギブを繰り返しても、
 見返りが得られない場合もある。
 それでも「こんなにしてあげたのに、
 なぜ見返りがないのか?」
 という態度はNG。

・ただし慣れてくれば、
 ギブした後の相手の反応で、
 どんな人なのかはわかってくる。
 
・異業種交流会や勉強会といった、
 業界を超えてさまざまな人が集まる場を
 自分で主催してみよう。
 成功すれば、これまで通りの生活では
 出会えなかったような人との
 ネットワークを築くことができ、
 情報収集や仕事の協力など、
 メリットを得ることができる。

・「何をしたいか」「どう貢献できるか」
 を積極的に発信しよう。
 そうすることで
 「自分はこれがしたいんだ!」という
 情熱に賛同してくれる人たちを
 巻き込んでいくことができる。 
  
・いまのビジネスパースンに足りない知識は、
 「経営学」と「経済学」。
 それらは、市場の変化を察知し、
 戦略を柔軟に変える上で、
 必要不可欠なものだ。


これからの時代に必要な、
人とのかかわり方や
学び方を具体的に
教えてくれます。

よりビジネスで大きな成果を
上げていきたい方に
おすすめの一冊です。 このページのトップへ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rarukiri.blog11.fc2.com/tb.php/430-b19b63b1
このページのトップへ
メルマガ購読・解除

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 


Information

イリ
  • Author: イリ
  • 元書店員。
    ビジネス書を中心に様々な書籍を
    ご紹介します。

Archives

Categories

Links

Links

Calendar

01月 « 2018年02月 » 03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
  1. 無料アクセス解析