ビジネス良書選

    おすすめの本を紹介するブログです。 好奇心を刺激する良書情報を提供します。

    ひとつ上のアイディア。
    眞木 準 (著)
    価格: ¥ 2100
    ひとつ上のアイディア。ひとつ上のアイディア。
    眞木 準

    インプレス 2005-11-02
    売り上げランキング : 122130

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools

    コピーライターやデザイナー
    建築家など
    一流クリエーター達の
    アイディアの出し方や考え方について
    まとめられた本です。

    内容の一部をご紹介します。

    ・アイディアはひとりで
     真剣に対象に向き合わなければ
     生まれてこない。

    ・アイディアは何かをしているときに
     ふと浮かぶものではなくて、
     それを考えようとしたときに
     思いつくもの。

    ・平均的な人間の集中力は
     2時間が限度といわれている。
     2時間熟考しても何も生まれてこない場合は
     その場はあっさりあきらめるしかない。
     休憩するなり、別のことをするなりして、
     あらためよう。

    ・複数の仕事に同時にかかわっていると、
     すべての仕事が連鎖して
     反応しあい、お互いにヒントになる。

    ・考えつづけなければ、
     いいアイディアは生まれてこない。
     途中で放棄してしまえば、
     そこで終わってしまう。

    ・問題意識をもつこと。
     毎日、新聞に目を通すにしても、
     何の問題意識ももっていなければ、
     情報は自分の中に何も残らない。
     問題意識を持てば、
     必要な情報は何かと自分のところに
     飛び込んでくる。

    ・アイディアは瞬間的な思いつきで
     生まれるケースが多い。
     だから、思いつきを口にできるような
     風通しのいい環境をつくるべき。

    ・成功したゴールイメージの枠をつくり、
     そこからさかのぼって考える方法もある。

    ・ただ漫然と毎日を過ごすのではなく、
     何か集中的に取り組んだほうがいい。
     徹底的に何かをやっていると、
     そのなかで人を理解したり、
     人を見るユニークな視点が
     身に付いたりするものだ。

    ・人間の頭の中につながっていない
     回路があって、
     ビックアイディアを一度出すことによって
     それがつながる。
     そして一度つながれば、
     それ以降アイディアが出やすくなる。

    ・スケッチブックやノートには、
     アイディアがあるから書くのではなくて、
     何もなくても書くこと。
     

    さまざまな人物の視点から
    アイディアについて語られており、
    読み直すたびに
    新たな感銘を受けることができます。

    クリエーターの方のみでなく、
    創造性を必要とする
    ビジネスパースンにも
    おすすめの一冊です。

    テーマ:ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル:本・雑誌

    このページのトップへ

    FC2Ad

    Information

    イリ
    • Author: イリ
    • 元書店員。
      ビジネス書を中心に様々な書籍を
      ご紹介します。

    Search

     

    フリーエリア

    Recobot by Amatellus

    最近の記事

    カテゴリー

    最近のコメント

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    このブログをリンクに追加する