ビジネス良書選

    おすすめの本を紹介するブログです。 好奇心を刺激する良書情報を提供します。

    人生と仕事の段取り術
    小室 淑恵 (著)
    価格: ¥ 882
    人生と仕事の段取り術 (PHPビジネス新書)人生と仕事の段取り術 (PHPビジネス新書)
    小室 淑恵

    PHP研究所 2010-01-19
    売り上げランキング : 55578

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools


    仕事の効率を上げて、
    残業を減らし、
    日々の生活をより
    充実させるためのテクニックが
    書かれた本です。

    内容の一部をご紹介します。
    ・あらゆる商品やサービスのサイクルが  
     短くなっている現在、
     企業が生き残っていくためには、
     斬新なアイデアや創造性こそが重要だ。

    ・そのためには
     ライフの時間を使って積極的に視野を広げ、
     生活者の視点で様々な体験をし、
     自己研磨し、人脈を広げることが大切だ。

    ・脳はタイムトライアルを設定したときに
     いちばん活性化し、
     クリエイティビティーが豊かになる。

    ・何かを新しく始めるときは
     エネルギーがいるし、難しい。
     一日か二日休んでからでないと、
     新しことにチャレンジしようという
     意欲やパワーはわいてこない。
     週に最低二日はきっちり休んで、
     スッキリとリフレッシュすることが
     重要だ。

    ・夜中の3時間は、
     昼間の30分にしかならない。
     昼間のゴールデンタイムに
     集中力を上げよう。

    ・会議に来る人の数を半分に、
     会議の頻度と時間を
     それぞれ半分にしてみよう。

    ・会議の「君も念のために同席しておいて」という
     「念のため同席」を廃止しよう。
     議事録をしっかりとっておいて、
     すぐに共有すればいい。

    ・タイマーを押して、
     真ん中に置いてから
     会議を行おう。
     時間が限られているので、
     ムダな前置きがなくなり、
     頭の回転が速くなる。

    ・頻度の低い作業の
     マニュアルを作ろう。
     頻度の低い作業は不慣れなため、
     素早くできず効率が悪い。
     マニュアルを作成することで、
     悩んだり、人に聞いたりする
     手間を省くことができる。

    ・一つの仕事は、
     複数の人で担当する
     システムにすべきだ。
     メイン担当とサブ担当をつくることで、
     担当者の急な休職や転職にも
     対応することができる。

    ・イヤな仕事とラクな仕事は
     同時進行で進めよう。
     一つの仕事に長時間かけても
     集中力が続かない。

    ・若い社員はほめて育てること。
     まずほめて信頼関係をつくることで、
     初めて叱ることができる。

    ・日々の小さいできごとを
     共有することで
     お互い関与しやすくなり、
     コミュニケーションの良い職場になる。

    ・職場以外で人とのつながりを持とう。
     心の柱は2本以上あるほうがいい。
     もし職場での人間関係が
     うまくいかなかったり、
     イヤなことがあっても、
     ほかに自分の居場所があると救われる。

    ・常識と信じていることは、
     時代の変化であっけなく
     変わってしまうものだ。
     定期的に、自分のコミュニティの外の
     考え方に触れておこう、


    個人の仕事の効率化を行うだけでなく、
    チームでワーク・ライフバランスに
    取り組むためのポイントが
    多く紹介されています。

    仕事の質を上げながら
    労働時間を減らし、
    人生をより充実させたい
    ビジネスパースンにおすすめの一冊です。 このページのトップへ

    FC2Ad

    Information

    イリ
    • Author: イリ
    • 元書店員。
      ビジネス書を中心に様々な書籍を
      ご紹介します。

    Search

     

    フリーエリア

    Recobot by Amatellus

    最近の記事

    カテゴリー

    最近のコメント

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    このブログをリンクに追加する