ビジネス良書選

    おすすめの本を紹介するブログです。 好奇心を刺激する良書情報を提供します。

    不思議なほど仕事がうまくいく
    「もう一言」の極意
    林 文子 (著)
    価格: ¥ 1,365
    不思議なほど仕事がうまくいく「もう一言」の極意不思議なほど仕事がうまくいく「もう一言」の極意
    林 文子

    草思社 2007-10-26
    売り上げランキング : 87689
    おすすめ平均

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools

    著者は、20年以上ものあいだ
    車販売の世界に身を置き、
    トップセールスの道を歩み続け、
    経歴の持ち主です。

    この本では、
    そんな著者による
    人間関係の極意が
    書かれています。

    内容の一部をご紹介します。
    ・仕事ができる人=人とうまくやっていける人。
     人を「大好き!」になれば、
     人生が変わる。
     とにかく好きと思い込むこと。
     
    ・相手を最初から、
     好きになろうとする。
     好意的な目で見るようにする。
     それだけで人づき合いは
     驚くほど楽になる。

    ・事務的な「報告・連絡」にも、
     もう一言その人らしい「素の言葉」を
     加えることが大切。

    ・「おはようございます」プラス
     相手に向けた「特別な一言」で
     印象が変わる。

    ・もし「特別な一言」が
     思いつかなかったら、
     お天気でも季節でも、
     とにかく一言つけくわえることから
     始めてみよう。

    ・とにかく一言話しかける。
     次に声をかけながら、
     相手との間に何らかの共通項を
     見つけて話題にしよう。

    ・いい仕事をする人は、
     スタッフとよく会話をしている。
     なにげない話しかけ、
     話しかけから始まる会話が、
     現場を活気づける。

    ・話しかけに「口下手」は関係ない。
     慣れと経験がすべてだ。

    ・失敗しても拒絶されても、
     めげずに話しかける。
     それを繰り返しているうちに、
     しだいに、相手のストライクゾーンを突く
     話しかけができるようになっていく。

    ・「商品説明」でモノは売れない。
     「自分がどう感じたか」を語り、
     共感を生み出そう。

    ・相手にただ「頑張って!」言うのでは
     むしろやる気は落ちてしまう。
     「期待している」「信頼している」と伝えよう。

    ・人は相手の反応でしか、
     自分の姿を見ることはできない。
     他人という鏡に映し出されて、
     はじめて自分が見える。
     他人と向かい合うことがなければ
     鏡を見る機会もなく、
     自分自身をどう磨いてよいのかも
     わからない。

    ・いろんなことに関心を持っている人、
     趣味の豊かな人は
     話題が豊富で、
     自然に話し上手になっていく。


    長く男性社会で
    働いてきた経験から
    語られる言葉には
    非常に重みがあります。

    より良い人間関係を築き、
    職場環境を明るくしたい方に
    おすすめの一冊です。
    このページのトップへ

    FC2Ad

    Information

    イリ
    • Author: イリ
    • 元書店員。
      ビジネス書を中心に様々な書籍を
      ご紹介します。

    Search

     

    フリーエリア

    Recobot by Amatellus

    最近の記事

    カテゴリー

    最近のコメント

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    このブログをリンクに追加する