ビジネス良書選

    おすすめの本を紹介するブログです。 好奇心を刺激する良書情報を提供します。

    人材を生かす企業
    経営者はなぜ社員を大事にしないのか?
    ジェフリー・フェファー (著), 佐藤 洋一 (翻訳)
    税込価格: \2,520

    人材を生かす企業―経営者はなぜ社員を大事にしないのか? (トッパンのビジネス経営書シリーズ (21))人材を生かす企業―経営者はなぜ社員を大事にしないのか? (トッパンのビジネス経営書シリーズ (21))
    ジェフリー・フェファー 佐藤 洋一

    トッパン 1998-11
    売り上げランキング : 191425

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools


    従業員の意欲を向上させ、
    能力育成を重視し、
    長期にわたって利益を得るための
    経営について書かれた本です。

    内容の一部をご紹介します。
    ・ビジョンがなく、
     容易にレイオフを行う企業は、
     短期的な利益を確保できても、
     長期的には多額の経費を
     無駄にすることになる。

    ・不況時ほど人を採用するのに
     絶好な機会だ。
     優秀な人材を確保するために
     高い給与額を提示したり、
     ライバル企業と奪い合う必要がない。

    ・雇用保証がなければ、
     優れた人材の確保、
     幅広い教育、
     情報の共有、権限の委譲といった
     競争力を生み出すための
     取り組みはできない。

    ・徹底した採用を行うこと。
     会社との相性や適正を考え、
     後でも習得できるスキルでは判断しない。

    ・企業が成功するために
     必要な能力や姿勢を明確にしてから、
     応募者を絞り込むこと。
     単に「優秀な人材」というだけでは
     良い人材は選べない。

    ・職場の雰囲気が楽しければ、
     人は真面目に働くものであり、
     経営者は、雰囲気の維持に努めて
     従業員の邪魔をせず、
     仕事の進行を手助けすれば、
     仕事は楽しいものになる。

    ・報酬は、組織がその従業員を
     どの程度尊重しているかを
     伝えるメッセージとなる。
     報酬が最も重要なメッセージでもないとしても、
     従業員は、報酬を組織が
     自分たちを本当に尊重しているどうかを
     表すメッセージとして見る。

    ・従業員が自信を持って仕事に
     取り組むためには、
     待遇の違いを排除し、
     個人やチーム間の
     優劣意識をなくす必要がある。

    ・象徴的な差別をなくすそう。
     言葉の使い分け、肩書き、
     オフィス空間、衣服などに
     差を儲けないこと。

    ・経営幹部と従業員の間に
     報酬の差を作らないことも
     待遇の平等化の一つであり、
     経営者が従業員と
     同じ境遇にいるという
     運命共同体の意識を生み出す効果がある。


    従業員との間に信頼を築き、
    良好な関係を維持していくための
    具体的な政策についても
    述べられています。

    優秀な人材を、
    自分の会社にとどめておきたい方に
    おすすめの一冊です。 このページのトップへ

    FC2Ad

    Information

    イリ
    • Author: イリ
    • 元書店員。
      ビジネス書を中心に様々な書籍を
      ご紹介します。

    Search

     

    フリーエリア

    Recobot by Amatellus

    最近の記事

    カテゴリー

    最近のコメント

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    このブログをリンクに追加する