ビジネス良書選

    おすすめの本を紹介するブログです。 好奇心を刺激する良書情報を提供します。

    1回きりのお客様を100回客に育てなさい
    高田 靖久 (著)

    1回きりのお客様を100回客に育てなさい (DO BOOKS)1回きりのお客様を100回客に育てなさい (DO BOOKS)

    同文館出版 2009-03-05
    売り上げランキング : 1365
    おすすめ平均

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools



    固定客を生み出すと
    ノウハウが書かれた本です。

    大金を使わなくても、
    すぐ実行できる集客テクニックが
    紹介されており、
    非常に使える内容になっています。

    内容の一部をご紹介します。
    ・お客様は、決してあなたに価格だけを
     求めているのではない。
     「価値観」を求めているのである。

    ・「3カ月間でそのとき一回きり」
     のお客様よりも、
    「3カ月間でその後2回以上」
     利用したお客様のほうが、
     7倍も固定客になりやすい。

    ・3カ月以内にもう一度利用してもらわないと
     固定客になる確立がグンと低くなってしまう。

    ・初めて利用したお客様には
     「3ヶ月以内に、立て続けに
     「3つのダイレクトメール」を送ろう。

    ・あなたの店にこだわりがたくさんあっても、
     それがお客様に伝わっていなければ、
     存在しないに等しい。
     こだわりをお客様に伝えよう。
    他人」に賞賛してもらおう。
    ・「こだわりやうんちく」とは別に、
     経営者の「熱い思い」も伝えること。
     あなたは、この店をどんな思いで立ち上げたのか。
     そのときには、どんな苦労があったか。
     この店に来ていただいて、お客様に何を感じてほしいのか。
     あなたが、その商品に託している思いはどんなものか。
     その商品を使っていただいて、お客様にどんな感想を行ってほしいのか。
     そのために、日頃からスタッフに言い聞かせている事は何か。

     このようなことは、お客様に伝えない限りわからない。

    ・どんな店にも必ず「物語」がある。
     開店時の思い出や
     メニュー開発時の苦労話など、
     百の店があれば百の物語、
     百のメニューがあれば百の物語がある。
     また、百人の経営者がいれば、
     百通りの物語がある。
     その物語を、お客様に赤裸々に伝えて欲しい。

    ・「他人」に賞賛してもらおう。
     同業者に推薦してもらう、
     ランキングは過去の受賞歴を活用する、
     お客様の声を活用するなど、
     「あなたの店が素晴らしい店である証拠」を
     お客様に示す必要がある。

    ・「お客様の声」のウソ臭さを消すには、
     「質(内容)」以上に
     「数」が大事だ。

    ・あなたの店は、
     すべての商品が素晴らしいかもしれない。
     しかし、そんな伝え方をしてはならない。
     あなたの店の「最高の強み」を告知すること。
     そして、その商品に興味があるお客様を集めていくのだ。

    ・お客様は、知らない人から商品を買うのは不安を感じる。
     「商品」ではなく「人」を売ることが
     効果的な販促手法となる。
     そうすることで、同じ商品を扱っていても
     店の価値が劇的に上がる。

    ・人は「活字」は読みたくなくても、
     「手書き」なら少し読んでみたくなる。
     
    ・あなたのお店の「価値観」をしっかりと伝え、
     それに共鳴する「固定客になりやすい」新規客を集める。
     これこそが、固定客化の最短の道だ。

    ・「決めていないことは実現しない」
     だからあなたは大きなビジョン(=夢)を
     決めなければいけない。
     ビジョンをスタッフにも共感してもらうために
     語ろう。

    小手先ではなく、
    しっかりとした理念を持ち、
    それをお客様やスタッフに
    伝えていくための具体的な方法が
    紹介されています。

    特に自らお店を持つなどの
    商売をされていらっしゃる方に
    役立つおすすめの一冊です。

    このページのトップへ

    FC2Ad

    Information

    イリ
    • Author: イリ
    • 元書店員。
      ビジネス書を中心に様々な書籍を
      ご紹介します。

    Search

     

    フリーエリア

    Recobot by Amatellus

    最近の記事

    カテゴリー

    最近のコメント

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    このブログをリンクに追加する