ビジネス良書選

    おすすめの本を紹介するブログです。 好奇心を刺激する良書情報を提供します。

    新インナーゲーム
    心で勝つ!集中の科学
    W.ティモシー ガルウェイ (著)、 後藤 新弥 (翻訳)
    価格:¥1,365
    新インナーゲーム―心で勝つ!集中の科学新インナーゲーム―心で勝つ!集中の科学
    W.Timothy Gallway

    日刊スポーツ出版社 2000-06
    売り上げランキング : 2691
    おすすめ平均

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools


    テニスを上達させるための
    精神集中の仕方が書かれた本です。

    単にテクニックのみが述べられた
    ハウツウ本とは違い、
    心と体を連係させながら、
    自分自身の能力を引き出すための
    発想法が紹介されています。

    内容の一部に紹介します。
    ・真の偉大な能力は、
     計算や思考をしないときにこそ、
     発揮される。
     「子供のような純真さ」を、
     人は取り戻すべきである。

    ・イメージは言葉に勝り、
     示すことは教えることに勝り、
     教えすぎは教えないことに劣る。

    ・感情を交えずに「見る」ことを習得する。
     今のショットがよかった、悪かったと
     価値判断するのではなく、
     何が起きたのか、したのかを
     客観的に捉えることを学ぶこと。

    ・プロを観ること。
     「ちょっと真似っこして、遊んでみる」
     余裕を自身に与えよう。

    ・肝心なのは自分を解き放って、
     最も関心の深い箇所を探させ、
     そこに意識を集中させてやることだ。

    ・人間の価値は、業績やその他の気まぐれで
     はかることはできない。

    ・真の競走は、真の協力と等式で結ばれる。
     対戦相手同士が、相手を打ち破ろうと
     あらん限りの努力をする。
     しかしこの場合は、
     相手という人間を敵にしているのではない。
     単に、相手が「今、ここで」
     克服するべき障害を提供しよう
     としているにすぎない。

    ・勝とうとだけする者は、
     自分がどうにもならない部分をも、
     心配しなければならない。
     勝ちたいという気持ちが強くなるほど、
     自分以外の要素が気になり、
     不安や雑念に支配される。
     
    ・勝つために努力する、
     と考える者は、
     単に努力すればよいのであって、
     あらゆる瞬間、瞬間に、
     自分のベストを出し切ることが可能になる。


    雑念を取り除き、
    「今ここに」集中するための
    心の保ち方が詳しく述べられています。

    スポーツをされる方に限らず、
    いざというときに
    実力を発揮したいすべて方に
    応用できるおすすめの一冊です。

    テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

    このページのトップへ

    FC2Ad

    Information

    イリ
    • Author: イリ
    • 元書店員。
      ビジネス書を中心に様々な書籍を
      ご紹介します。

    Search

     

    フリーエリア

    Recobot by Amatellus

    最近の記事

    カテゴリー

    最近のコメント

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    このブログをリンクに追加する