ビジネス良書選

    おすすめの本を紹介するブログです。 好奇心を刺激する良書情報を提供します。

    考具
    ―考えるための道具、持っていますか?
    加藤 昌治 (著)
    価格:¥1,575(税込)

    大手広告会社の博報堂で活躍している著者による
    アイデアを出すためのコツが書かれた本です。

    内容の一部をご紹介します。
    ・アイデアマン&ウーマンになるかは後天的なものだ。
     置かれた環境よりも、自分の意識の方が大事。

    ・アイデアは「わがまま→思いやり」だ。
     まず自分がああしたい、こうしたい、という欲求があって、
     その思いを社会に適応させていく順序が大切。
     最初から相手に合わせてしまうと、
     出てくるアイデアがショボくなってしまう。

    ・アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ
     以外の何ものでもない。

    ・既存のアイデアはたくさん知っていた方が有利。
     チャンスを逃さず、吸収しまくろう。

    ・下らないことでも何でも、
     全部紙に書き出してみること。

    ・人はすぐ忘れる!
     気になったら、ちょこっとでもいいのでメモをしよう。

    ・自分と違う立場・ポジションをできる限りなりきって
     疑似体験すること。
     やってみると分かることがたくさんある。

    ・自分自身をアイデア・企画を考え出せる人、
     と定義した瞬間からあなたは変わり始める。

    ・とにかくアウトプットし続けること。
     ネタ素や情報を集め、引き出し、組み合わせることを
     習慣にしてしまおう。


    連想ゲームやブレーンストーミング、
    マインドマップやマンダラノートといった
    アイデアを出すためのツールの使い方が
    幅広く紹介されています。

    読んでいると「自分もアイデアをひねり出したい!」
    というやる気が湧いてきます。

    アイデアを必要とされる
    ビジネスパースンに
    おすすめの一冊です。


    人気blogランキングへ ←クリックしてくれた方、ありがとうごさいました。

    4484032058考具―考えるための道具、持っていますか?
    加藤 昌治

    ティビーエスブリタニカ 2003-03
    売り上げランキング :
    おすすめ平均

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools
    このページのトップへ

    コメント

    来てくださったんですね!

    お褒めに言葉ありがとうございます。
    森蔵さんにそう言っていただけると
    とても励みになります。
    ブログや書評は人に読んでもらえるのが
    醍醐味ですよね。

    • 2005/06/26(日) 16:24:42 |
    • URL |
    • イリ #-
    • [編集]

    ぜんぜんすごいじゃないですか!?

    いいブログじゃないですか!僕のは本当に気楽なメモ程度なので、アマゾンの書評。。。ただ、毎回書き続けて件数もたまってきたので上位になっただけですよ。もっと、人に読んでもらえるようなブログや書評を書きたいなぁとは思うんだけど汗
    なにはともあれコメントありがとうございました!

    • 2005/06/26(日) 15:16:57 |
    • URL |
    • 森蔵 #-
    • [編集]
    このページのトップへ

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    このページのトップへ

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://rarukiri.blog11.fc2.com/tb.php/36-227220d3
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    思案の時の頼みの綱

    プロデュース業もしたりしているので、やっぱり企画を練ったりする事もあります。ホントに新しいアイデアなんてのは往々にして出るわけはなく、これまでの手持ちの駒を使って組みなおしをして、それが新しい価値を持てるようにしていくのが一つの手たったりする。そんな中で

    • 2006/01/22(日) 01:31:47 |
    • WEBディレクションやってます blog
    このページのトップへ

    FC2Ad

    Information

    イリ
    • Author: イリ
    • 元書店員。
      ビジネス書を中心に様々な書籍を
      ご紹介します。

    Search

     

    フリーエリア

    Recobot by Amatellus

    最近の記事

    カテゴリー

    最近のコメント

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    このブログをリンクに追加する