ビジネス良書選

    おすすめの本を紹介するブログです。 好奇心を刺激する良書情報を提供します。

    どん底を生き抜く法
    堀之内 九一郎 (著)
    価格: ¥ 950

    どん底を生き抜く法 (ポケットブック)どん底を生き抜く法 (ポケットブック)
    堀之内 九一郎

    サンマーク出版 2009-03-03
    売り上げランキング : 6989
    おすすめ平均

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools


    著者はホームレス生活から
    商売を始め、
    全国190店舗以上をもつ
    総合リサイクルショップに
    成長させた人物。

    この本では、
    著者がどのように考え、行動し、
    人生を切り開いていったのかが
    赤裸々に綴られています。

    内容の一部をご紹介します。
    ・反省することで、
     どん底の冷たさを知ること。
     とことん反省することで、
     自分がいま、
     どれほど地底奥深くにいるかという
     現時点での自分の「定点」を 
     見つけることができる。

    ・どんなに小さなことでも、
     くだらないことでも、
     それを達成した人には必ず
     「自信のカケラ」が残る。
     それを思い出し、
     意識的に大きくすると、
     這い上がる原動力につながる。

    ・5年前にあなたは何をしていたか?
     その答えが「いま」である。

    ・どんなに効率が悪く小さくとも、
     目標に向かって、
     まず一歩を踏み出しはじめられる人間は、
     結果として恐ろしいほど効率のいいやり方で、
     目標を達成することになる。

    ・いま、目の前の人に認められなくても、
     その隣に、あるいは次に出会う人が
     認めてくれるはずだ。
     自分をわかってくれる人は、
     たとえ目の前にはいなくても、
     きっと近くにいる。

    ・どん底であっても、
     成功のイメージを常に
     描きつづけること。
     たとえその成功イメージが
     金や車に象徴される「欲」と
     呼ばれるものであっても、
     まったくかまわない。

    ・足元にある小さな欲、
     目標をひとつひとつ満たしていくことによって、
     だんだんと大きな目標が見えてくる。

    ・好きなことを一心不乱にやれば、
     苦手なことも克服できる。
     好きなことが意外にも、
     苦手なことを無意識のうちに克服する
     媒体になるからだ。

    ・成功とは、
     とにかく速さにこだわり、
     行動しながら多くのことを考え、
     次々に新しい意思決定を繰り返した結果、
     その選択肢が増えたおかげで
     導き出された
     選択肢のなかのひとつだ。
     
    ・成果は必ず見えてくる。
     いま苦しくても、
     考えられるかぎりの選択肢を
     猛烈なスピードで実行に移せ。
     トンネルが長いほど、
     そこを抜けた褒美は大きい。

    ・好きか嫌いかで素直に
     選ぶこと。
     欲で見ると
     見間違えてします。

    ・好きなこと、楽しいと思えることを
     とことんやることで、
     運が味方についてくる。


    辛く厳しい状況から
    這い上がるための
    ヒントが詰まっています。

    心に希望を充電したいときに
    おすすめの一冊です。

    どん底を生き抜く法 (ポケットブック)
    どん底を生き抜く法 (ポケットブック)

    人気blogランキングへ ←クリックありがとうございます。


    テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

    このページのトップへ

    コメント

    このページのトップへ

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    このページのトップへ

    トラックバック

    FC2Ad

    Information

    イリ
    • Author: イリ
    • 元書店員。
      ビジネス書を中心に様々な書籍を
      ご紹介します。

    Search

     

    フリーエリア

    Recobot by Amatellus

    最近の記事

    カテゴリー

    最近のコメント

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    このブログをリンクに追加する