ビジネス良書選

    おすすめの本を紹介するブログです。 好奇心を刺激する良書情報を提供します。

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    このページのトップへ
    エクセレント・サービス
    林田 正光 (著)
    価格:¥1,785(税込)

    エクセレント・サービスエクセレント・サービス
    林田 正光

    PHP研究所 2007-09-13
    売り上げランキング : 250457

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools



    元ザ・リッツ・カールトン
    大阪営業統括支配人である
    著者の書いた
    サービスの本です。

    本書では、
    お客様に感動を与える
    クオリティーの高いサービスを
    提供し続けるための
    仕組みづくりが紹介されています。

    内容の一部をご紹介します。
    ・商品の品質や性能よりも、
     店員さんが気配りしてくれて、
     気持ちのよい思いをさせてくれる場所で
     商品を買ってしまう人が増えている。

    ・エクセレント・サービスとは、
     「感動を生むほどの最高級のおもてなし」だ。

    ・エクセレント・サービスは、
     小さな気配り・心配りの
     積み重ねによって生まれてくるものであり、
     実はお金はそれほどかからない。

    ・人を感動させるには、
     意外性やサプライズの要素も必要だ。
     そういう意味では、
     接客を専門とする部署の人よりも
     接客とは無関係の職種の人から、
     心のこもったおもてなしを受けたときに、
     人は驚き、感激する。

    ・よりよいサービスを生み出すには、
     チームでの協力が必要だ。
     それには、仲間に感謝し、
     仲間に対しても気配りをして、
     おもてなしの心で接することだ。

    ・相手に喜びのブーメランを投げると、
     そのブーメランは戻ってきて、
     自分の人生も喜びに満ちたものになってくる。

    ・リッツ・カールトンでは
     もっとも大切な理念を凝縮した
     「クレド」と呼ばれる短い文章がある。

    ・クレドにもとづいた
     経営をするようになると、
     社員の意識が変わる。
     意識が変わるとサービスが変わる。

    ・比較的短期間にクレドを
     浸透させていくためには、
     クレドづくりの段階から
     若手の従業員に関わってもらい、
     ボトムアップ方式でクレドを
     つくっていくことが効率的だ。

    ・一流のものに触れ、
     本物に触れることによって、
     「一流とは何か?」ということが、
     感覚としてわかるようになってくる。
     
    ・リッツ・カールトンでランチを食べる。
     マンダリン・オリエンタルでお茶を飲む。
     休みの日に美術館へ世界の名作を観に行く。
     評判の高いミュージカルを観に行く。
     歌舞伎の公演を観に行く。
     など生きた経験を積むとよい。


    社内風土改革を成功させ、
    会社のブランドを高めるための
    具体的なノウハウが、
    おしみなく書かれています。

    サービス業に携わる方はもとより、
    直接サービス業とは関わりのない
    経営者の方にも
    参考になるおすすめの一冊です。

    エクセレント・サービス
    エクセレント・サービス

    人気blogランキングへ ←クリックありがとうございます。

    このページのトップへ

    コメント

    このページのトップへ

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    このページのトップへ

    トラックバック

    FC2Ad

    Information

    イリ
    • Author: イリ
    • 元書店員。
      ビジネス書を中心に様々な書籍を
      ご紹介します。

    Search

     

    フリーエリア

    Recobot by Amatellus

    最近の記事

    カテゴリー

    最近のコメント

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。