ビジネス良書選

    おすすめの本を紹介するブログです。 好奇心を刺激する良書情報を提供します。

    できない人ほど、データに頼る
    アンディ・ミリガン (著), ショーン・スミス (著),
    酒井 光雄 (監修), 西原 徹朗 (翻訳), 松田 妹子 (翻訳)
    価格:¥1,500(税込)
    できない人ほど、データに頼るできない人ほど、データに頼る
    アンディ・ミリガン ショーン・スミス 酒井 光雄

    ダイヤモンド社 2007-04-20
    売り上げランキング : 5299
    おすすめ平均

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools
    人間の直感をビジネスチャンスに
    生かす考え方が書かれた本です。

    この本では調査データのみを鵜呑みにするのではなく、
    自分の本能を信じて、
    お客様との距離を縮めることを
    提案されています。

    内容の一部をご紹介します。
    ・「見て、感じて、考えて、実行する」ことこそが、
     成功への第一歩である。

    ・見たいものを見ようとするのではなく、
     ありのままを見る。
     感情を排除するのではなく、
     感じたいものを感じよう。

    ・顧客の立場に立って考えよう。
     顧客の視点で商品をみて、サービスを受けて、
     ブランドを感じなければならない。

    ・従業員が経営陣に顔を向け、
     顧客にお尻を向けることを防ぐ唯一の手段とは、
     組織のリーダーが顧客との距離を、
     従業員と同じレベルにすることだ。

    ・長年キャリアを磨いてきたプロフェッショナルであれば、
     状況に応じて第六感が働く。
     長年の訓練と観察力によって専門家の目は養われ、
     すばやく状況を分析して
     何が問題なのかを把握することができる。

    ・感情を素直に出そう。
     感情を表すことをためなわない。
     当たり前のことなのだから。

    ・顧客と接点を持とう。
     顧客や従業員の思いを聞いてみよう。

    ・共感を持とう。
     あなたが感じていることと、
     顧客や従業員が感じていることのギャップを埋めよう。
     何が同じで、何が違っているのか理解しよう。

    ・考えるというプロセスは、
     非常に重要だ。
     自分に問いかけ、考え抜くと、
     新たな発見や発想が生まれる。

    ・直感が何よりの指標であり、
     データは後からついてくるものだ。
     自分自身の判断を信じなさい。


    成功した企業の豊富な事例をもとに
    わかりやすい文体で説明されています。

    すべてのビジネスパースンに
    おすすめの一冊です。

    人気blogランキングへ ←クリックありがとうございます。

    できない人ほど、データに頼る
    できない人ほど、データに頼る
    このページのトップへ

    コメント

    このページのトップへ

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    このページのトップへ

    トラックバック

    FC2Ad

    Information

    イリ
    • Author: イリ
    • 元書店員。
      ビジネス書を中心に様々な書籍を
      ご紹介します。

    Search

     

    フリーエリア

    Recobot by Amatellus

    最近の記事

    カテゴリー

    最近のコメント

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    このブログをリンクに追加する