ビジネス良書選

おすすめの本を紹介するブログです。 好奇心を刺激する良書情報を提供します。

なぜ、占い師は信用されるのか?
石井 裕之(著)
価格:¥1,365(税込)
なぜ、占い師は信用されるのか? 「コールドリーディング」のすべてなぜ、占い師は信用されるのか? 「コールドリーディング」のすべて
石井 裕之

フォレスト出版 2005-10-12
売り上げランキング : 2914
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


会話や心理テクニックを使って「信頼関係」をつくる
コミュニケーション術を紹介した本。

「仕事」や「プライベート」で
使える実践的なテクニックが解説されています。

内容の一部をご紹介します。
・「NO」と言われない頼み方。
 Aをすることは、お願いするまでもなく、
 もう決まっているという前提に立つ。
 その上で、Aの具体的な仕方について
 いくつか選択肢を提示する。

例、「食事しようか、それとも飲みにいく?」
  「でも、時間がないから」
  「じゃあ、お茶だけで軽くいこう」
  「うん、お茶くらいなら」

・打ち解けたい人に会ったら、
 まず、自分の両手がグ~っと伸びて、
 その人の両肩に触れる様子をできるだけリアルに想像する。
 そうすると、心を開くことができ、
 相手も心を開いてくれる。

・自分が話していることを自分自身が
 信じているかどうかが大切だ。
 思っていないことを言っても、
 相手は簡単に見抜いてしまう。

・「だいぶ寒くなってきましたね」
 などと肯定的な反応するであろう会話を積み上げると、
 相手の中にあなたの言葉を常に肯定的に受けとろうという
 水路ができあがる。
 そうすると、あなたの商品の悪いところよりも、
 「いいところ」に目がいくようになる。

・相手のニーズを聞き出すコツは、
 「問題はありますか?」と聞くのではなく、
 逆に、「どうしてこんなに素晴らしいのですか?」と聞くこと。
 そうすると「いや、素晴らしいどころか、
いろいろ問題があるんだよ」
 と、話し出してくれる。

・カバンをさげていない側から話しかけた方が
 警戒なく心を開いてもらえる。

・「But」には、その前にくるフレーズの力を弱め、
 その次にくるフレーズを強める働きがある。
 さりげなく断るときには「But」を使うといい。

例、「悪いけど、今日の会議、代わりに出てもらえないかな」
  「分かりました。でも、(But)、
   まずこれを終わらせちゃいますよ」
  「…ああ、忙しそうだねえ。じゃあ、別の人に頼むからいいや」
 
・メールを書くときは、
 相手のメールのスタイルをそのまま真似して書けばいい。

 
どのようにして占い師、霊能者、教祖などが、
人の心を掴むのかが、
明らかにされており、
読み物としても楽しめます。

人間関係をスムーズにしたい方に
おすすめの一冊です。

人気blogランキングへ ←クリックありがとうございます。

なぜ、占い師は信用されるのか? 「コールドリーディング」のすべて
なぜ、占い師は信用されるのか? 「コールドリーディング」のすべて
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

イリ
  • Author: イリ
  • 元書店員。
    ビジネス書を中心に様々な書籍を
    ご紹介します。

Search

 

フリーエリア

Recobot by Amatellus

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する