ビジネス良書選

    おすすめの本を紹介するブログです。 好奇心を刺激する良書情報を提供します。

    「分かりやすい説明」の技術
    藤沢 晃治 (著)
    価格:¥840(税込)
    「分かりやすい説明」の技術 最強のプレゼンテーション15のルール ブルーバックス「分かりやすい説明」の技術 最強のプレゼンテーション15のルール ブルーバックス
    藤沢 晃治

    講談社 2002-10-23
    売り上げランキング : 6834
    おすすめ平均

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools


    説明上手になるための
    ポイントが書かれた本です。

    人間の脳の仕組みを踏まえた、
    分かりやすい説明の仕方を教えてくれます。

    内容の一部をご紹介します。

    ・ゆっくり話せ。
     初めて聞く人の脳は
     説明されているテーマに慣れていない。
     その内容を消化、処理できるようになるためには
     準備時間が必要だ。
     
    ・一番知らせたい要点を先に言おう。

    ・「間」を置きながら話せ。
     意味別の区切りごとに小休止を取れ。

    ・第三者に事前にチェックしてもらえ。
     独りよがりの個人的な思い込みを訂正してもらうこと。

    ・弱点部分の説明は、注意をそらしてしまおう。
     なるべく冒頭で聞き手がまだテーマに
     慣れていないうちに済ましてしまったり、
     あまり時間をかけずに早口で説明してしまおう。

    ・質問しよう。
     問いかけはそれ以降の説明に対する理解力を
     飛躍的に高めてくれる。

    ・説明内容は要約を大、中、小の
     見出しに整理しておけ。
     
    ・自分は何回も話したことのある内容だとしても、
     聞き手は「今日、初めて聞く」ことを忘れるな。

    ・聞き手が誰なのか意識しよう。
     聞き手の持っている前提知識を知ってから説明すること。

    ・聞き手は自分の説明にはまったく関心をもっていない、
     という前提で説明をしたほうがよい説明になる。


    一見当たり前のことですが、
    意外と忘れがちな説明の基本を教えてくれます。

    プレゼンテーションをされる方にはもちろんのこと、
    ブログやホームページを運営されている方にも
    役立つ一冊です。

    人気blogランキングへ ←クリックありがとうございます。

    「分かりやすい説明」の技術 最強のプレゼンテーション15のルール ブルーバックス
    「分かりやすい説明」の技術 最強のプレゼンテーション15のルール ブルーバックス
    このページのトップへ

    コメント

    コメントありがとうございます。
    私もこの本を読んで
    間を持たせることの重要性を学びました。
    確かに意識しないと
    なかなかできないですね。

    • 2007/04/28(土) 08:37:26 |
    • URL |
    • tane09さんへ #-
    • [編集]

    ナニワのメンターさんへ

    説明するときに、
    自分がすでに分かっていることだと
    相手もすぐ分かると思って話がちですよね。
    理解しやすい表現を心がけていきたいです。

    • 2007/04/28(土) 08:34:17 |
    • URL |
    • イリ #-
    • [編集]

    ブログジャンキーできました、tane09です。
    話してる時に間を持たせるのは、
    意識しないとできないですね☆
    参考になりました。

    宜しければコチラも見に来てください♪
    http://tanexx.blog97.fc2.com/

    • 2007/04/21(土) 13:01:21 |
    • URL |
    • tane09 #SFo5/nok
    • [編集]

    色々と再確認ができました
    ありがとうございます

    • 2007/04/20(金) 18:02:21 |
    • URL |
    • ナニワのメンター #-
    • [編集]
    このページのトップへ

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    このページのトップへ

    トラックバック

    FC2Ad

    Information

    イリ
    • Author: イリ
    • 元書店員。
      ビジネス書を中心に様々な書籍を
      ご紹介します。

    Search

     

    フリーエリア

    Recobot by Amatellus

    最近の記事

    カテゴリー

    最近のコメント

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    このブログをリンクに追加する