ビジネス良書選

    おすすめの本を紹介するブログです。 好奇心を刺激する良書情報を提供します。

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    このページのトップへ
    「壊れ窓理論」の経営学
    M・レヴィン (著), 佐藤 桂 (翻訳)
    価格: ¥1,575 (税込)

    犯罪学の壊れ窓理論をビジネスに応用した一冊。

    壊れ窓理論とは
    「一枚の割れた窓のようなちょっとしたほころびが、
    大きな犯罪を生む。」という考え方です。

    内容の一部をご紹介します。
    ・取るに足りないことなどビジネスの世界には存在しない。
     それがまちがっていて、正すことが可能なら、
     絶対に正さねばならない。

    ・たとえだれにも気づかれまいと思っていても、
     かならず、誰かが気づく。
     その客は二度と戻ってこない。

    ・日常生活のうえでは、
     執念深さや強迫観念にとらわれるとやっかいである。
     だがビジネスでは有用な道具になる。

    ・AとBとCを申し出ておきながら、
     AとBしか実行できなけれは、
     顧客はがっかりし、その会社を好きにはならない。

    ・Aを申し出てAとBを実行すれば、期待を上まわる。
     顧客が会社に対していだく印象はずっと好印象になる。

    ・かならずしも利益優先の策を練る必要はない。
     顧客にとって最善のサービスを心がけていると信じてもらえれば、
     その客があなたの店を訪れる回数は増え、
     使う金額もおのずと増える。


    グーグルや、アップルコンピューター、ディズニー
    など豊富な事例をもとに
    解りやすい解説がされています。

    小さなことが大きな差を生むということを
    痛感させられる内容です。

    経営者の方だけでなく、
    会社の部署のリーダーの方など、
    広く応用していただける一冊です。

    人気blogランキングへ ←クリックありがとうございます。
    「壊れ窓理論」の経営学 犯罪学が解き明かすビジネスの黄金律「壊れ窓理論」の経営学 犯罪学が解き明かすビジネスの黄金律
    M・レヴィン 佐藤 桂

    光文社 2006-05-24
    売り上げランキング : 1172
    おすすめ平均

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools
    このページのトップへ

    コメント

    このページのトップへ

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    このページのトップへ

    トラックバック

    FC2Ad

    Information

    イリ
    • Author: イリ
    • 元書店員。
      ビジネス書を中心に様々な書籍を
      ご紹介します。

    Search

     

    フリーエリア

    Recobot by Amatellus

    最近の記事

    カテゴリー

    最近のコメント

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。