ビジネス良書選

    おすすめの本を紹介するブログです。 好奇心を刺激する良書情報を提供します。

    ついこの店で買ってしまう理由
    博報堂パコ・アンダーヒル研究会 (著)
    小野寺 健司 (編集), 今野 雄策 (編集)
    価格: ¥1,575 (税込)

    ベストセラー
    なぜこの店で買ってしまうのか―ショッピングの科学
    を図解化した本。

    事例が日本の小売業に合わせているので、
    より身近な内容に感じることができます。

    内容の一部をご紹介します。
    ・通りがかりの人に来客してもらうには
     あなたの店が何の店なのか、
     短時間で伝えられるようにしなければならない。

    ・入口であいさつすることは、
     買い物客に好印象を与えると同時に、
     不審者の侵入を防ぐセキュリティーの効果も期待できる。

    ・「キレイすぎる、整然としすぎる」陳列は
     心理的に手に取りにくくなるのでNG。

    ・人はカニ歩きをしないので、
     商品やPOPはは通路に対して斜めにアピールすると良い。

    ・POPやパンフレットなどのメッセージはは
     数打ちゃあたるマシンガンではなく、
     狙いを定めるライフルであるべき。

    ・買い物カゴは入口だけでなく、
     店内のいろいろな場所に置くのが基本。

    ・お客様は実際に商品に触れることで、
     「安心感」と「買う自信」をつけることができる。


    売り場を自分なりに工夫することの
    楽しさに気づかせてくれます。

    小売業をはじめとする
    サービス業の方におすすめの一冊です。

    人気blogランキングへ ←クリックありがとうございます。
    ついこの店で買ってしまう理由(わけ)ついこの店で買ってしまう理由(わけ)
    博報堂パコ・アンダーヒル研究会 小野寺 健司 今野 雄策

    日本経済新聞社 2005-07-02
    売り上げランキング : 8,949
    おすすめ平均

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools
    このページのトップへ

    コメント

    このページのトップへ

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    このページのトップへ

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://rarukiri.blog11.fc2.com/tb.php/171-9a87f00a
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    団塊の世代「黄金の十年」が始まる 団塊の応援団 堺屋太一の新刊

    団塊の世代「黄金の十年」が始まる 団塊の応援団 堺屋太一の新刊

    • 2006/01/22(日) 03:10:31 |
    • あたまにスッと入るあらすじ
    このページのトップへ

    FC2Ad

    Information

    イリ
    • Author: イリ
    • 元書店員。
      ビジネス書を中心に様々な書籍を
      ご紹介します。

    Search

     

    フリーエリア

    Recobot by Amatellus

    最近の記事

    カテゴリー

    最近のコメント

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    このブログをリンクに追加する