ビジネス良書選

    おすすめの本を紹介するブログです。 好奇心を刺激する良書情報を提供します。

    下流社会
    三浦 展 (著)
    価格: ¥819 (税込)

    日本で階層社会が広がり、
    親の所得や学歴によって、階級格差が固定化している
    ということが書かれている本です。

    内容の一部を紹介します。
    ・結婚は同じ階層の人間同士を結びつける。

    ・自分が本当に好きなことを見つけて、
     それを仕事にしようと自分探しを始めた若者は、
     フリーターを続け、低階層に固定化されていく危険性が高い。

    ・コミュニケーション能力が高い者は、
     よりよい就職をし、高い所得を得て、より恵まれた結婚し、
     より高い階層に属する可能性が高い。

    ・自分らしさにこだわりすぎて、
     他者とのコミュニケーションを避け、
     社会への適応を拒む若者は、
     低い階層に属する可能性が高い。

     
    あまり社交性のない若者にとっては、
    厳しい現実を突きつけらる内容でもあります。

    この本を読むことによって、
    自分の立場を客観的に確認し、
    自分はどうなりたいのか、どんなところを改善していけば良いのか、
    考える材料になります。

    特に若い方におすすめしたい一冊です。

    人気blogランキングへ ←応援ありがとうございます。
    4334033210下流社会 新たな階層集団の出現
    三浦 展

    光文社 2005-09-20
    売り上げランキング : 362
    おすすめ平均

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools
    このページのトップへ

    コメント

    こんにちは。
    現在、この本はかなり売れてますね。
    成功するためには、人とうまくやっていく能力が必要不可欠なのだと改めて痛感しました。

    • 2005/12/16(金) 23:51:41 |
    • URL |
    • イリ #-
    • [編集]

    TBありがとうございます

    TBありがとうございます。この本は是非読んでみたい本の一つです。ゴーンさんの例でもわかるとおり、人を動かす能力=コミュニケーション能力がその人の市場価値を決めますね。

    • 2005/12/15(木) 00:47:30 |
    • URL |
    • atamanisutto #-
    • [編集]

    コメントありがとうございます。
    何かを本気で目指す人々には、素晴らしい情熱があります。確かにそういう人達が居なくなってしまったら、つまらない世の中になってしまうかもしれません。

    • 2005/11/10(木) 17:34:25 |
    • URL |
    • イリ #-
    • [編集]

    将来

    やりたいことをとことん探して見つけて成功した人がいる影には、失敗して低い階層にいるマジョリティーが存在することを想う。しかしたとえ成功する確率は低くとも、何かを目指す人が居なくなってしまってはつまらない世の中だとおもう。

    • 2005/10/31(月) 00:37:17 |
    • URL |
    • fumin #-
    • [編集]
    このページのトップへ

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    このページのトップへ

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://rarukiri.blog11.fc2.com/tb.php/128-77d4ce10
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    三浦展『下流社会 新たな階層集団の出現』

    下流社会 新たな階層集団の出現光文社このアイテムの詳細を見る今回は、三浦展『下流社会 新たな階層集団の出現』を紹介します。本書は、アンケート調査やインタビューによって、若者の下流社会化している現状の消費社会がどうなっているかを論じています。下流とは、単に所

    • 2006/01/28(土) 23:13:30 |
    • itchy1976の日記

    そんな私はLOHAS系~下流社会・三浦展著

     遅ればせながら「下流社会」(三浦展著、光文社新書)を読了。著者自身が認める通り、調査のサンプル数が少なく、統計学的に有意かどうか疑問のあるところではありますが、仮説に妥当性があり、現代のトレンドを表した内容だと思います。特に社会学などの小難しい理論を振

    • 2006/01/09(月) 21:06:28 |
    • 地方都市日記 ~Resort Town Ver.~

    都合のいいLOHAS

    昨日、久しぶりに日付の変わらないうちに帰宅。11時からテレビで平和舟(仮名)系のキャスターのやっている報道番組を観ておりましたら最近流行のLOHASを取りあげておりました。うへえ、全く解釈が異なりました。先だっての『下層社会』を紹介したさい、表層をなぞっただけ

    • 2005/12/14(水) 13:49:41 |
    • 非日乗的日乗inowe社長blog

    思いは「上流」所得は「中流」気持ちはやや「下流」気味???

    出町柳コースケです。 世の中では「下流社会 新たな階層集団の出現」(光文社新書 三浦展著)という新書がベストセラーになってるようです。僕も早速購入してよんでみました。 この本では、「下流」とは、単に所得が低いということではなく、コミュニケーション能力、

    • 2005/12/12(月) 09:32:24 |
    • すかんぴんノート

    「自分らしさ」過剰社会と下流社会

    「自分らしい生き方」「自分らしい仕事」「仕事で自己実現」。就職・転職雑誌や広告にはそんなメッセージがあふれている。しかし、そんなニーズに比例して、「個性」や「創意工夫」が求められる仕事は減っているのではないだろうか。

    • 2005/12/09(金) 00:23:07 |
    • Blog for Japan

    「自分らしさ」過剰社会

    「自分らしい生き方」「自分らしい仕事」「仕事で自己実現」。就職・転職雑誌や広告にはそんなメッセージがあふれている。しかし、そんなニーズに比例して、「個性」や「創意工夫」が求められる仕事は減っているのではないだろうか。

    • 2005/12/08(木) 23:42:24 |
    • Blog for Japan

    『下流社会』 (三浦展・著,光文社新書)

     事務所の近くに,ひだまりパークという場所があります。  地域に潤いをもたせる空

    • 2005/12/07(水) 21:30:58 |
    • ガク爺の一日

    下流階級

    面白い本を見つけたのでご紹介します。 最近テレビや雑誌でも、中流が減ってきて、上流と下流、つまり勝ち組、負け組の社会になってきたと言われています。 このブログを読んでいる方は当然、上流との結婚を目指しているわけですよね。 ただし、下流の女性が上流の男性

    • 2005/11/10(木) 03:45:19 |
    • 高収入な男性と結婚する方法

    ★痩せないと、下流社会へ?・・・(><)

    いつも日記をご覧くださって、有難うございます!ブログダイエット、7ヶ月間の成果がこれです。☆2005年4月1日→11月1日体 重 109.4kg →92.2kg体脂肪  32.2% →27.0%「週刊ポスト」の今週号あなたも[下流社会]に転落する!という..

    • 2005/11/02(水) 19:43:06 |
    • 持続可能なブログダイエット☆痩せて福ぞう!

    書店員から見て…

    バイトしてると思うのは、確かに最近新書がよく売れるなぁと。それとこれは私の直感だけど、こんなに新書がよく売れるようになったのは「バカの壁」以降じゃないかなぁと。最近売れているのは相変わらずの「さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学

    • 2005/10/31(月) 12:18:36 |
    • 乱読日記

    「下流社会」

    三浦 展 下流社会 新たな階層集団の出現  データ分析がちょっと不十分だったり、著者のステレオタイプ(しかも古風!)な女性観が行間ににじみでてたりするのが読んでて気になった。社会分析の本としてはイマイチだけど、読みものとしては興味深い。「なるほ

    • 2005/10/31(月) 08:18:06 |
    • ノンフィクション覚え書き

    「下流社会 新たな階層集団の出現」

    以前「希望格差社会」の書評でも書いたが、僕は大学卒業後27歳までフリーターだった。フリーターの頃は、時給1,000~1,500円程度のアルバイトで週休4日だけ働き、必要最低限の生活費のみを稼いでいた。週に3日の休日はダラダラと過ごすだけだった。

    • 2005/10/30(日) 21:09:51 |
    • 三文文士の空回り

    三浦展『下流社会』

    ■三浦展『下流社会』(光文社新書)は、いまから ひとつきぐらいまえに 「「ジャスコ化」社会」で とりあげた、『ファスト風土化する日本―郊外化とその病理』の著者の新刊である。■「新たな階層集団の出現」という副題がしめすとおり、社会学的な階層論といえる。 

    • 2005/10/30(日) 11:12:29 |
    • タカマサのきまぐれ時評
    このページのトップへ

    FC2Ad

    Information

    イリ
    • Author: イリ
    • 元書店員。
      ビジネス書を中心に様々な書籍を
      ご紹介します。

    Search

     

    フリーエリア

    Recobot by Amatellus

    最近の記事

    カテゴリー

    最近のコメント

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    このブログをリンクに追加する