ビジネス良書選

    おすすめの本を紹介するブログです。 好奇心を刺激する良書情報を提供します。

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    このページのトップへ
    9割がバイトでも最高のスタッフに育つ
    ディズニーの教え方

    福島 文二郎 (著)
    価格: ¥ 1,365

    9割がバイトでも最高のスタッフに育つ ディズニーの教え方

    福島 文二郎 中経出版 2010-11-25
    売り上げランキング : 573
    by ヨメレバ

    著者は東京ディズニーランドの運営で有名な
    オリエンタルランドの元社員です。

    この書籍では、
    高い顧客満足を維持し続ける、
    ディズニーの教育の基礎について
    書かれています。

    内容の一部をご紹介します。
    ・ディズニーには「人は経験で変わる・育つ」
     という考え方がある。

    ・人には変わる・育つ可能性があり、
     その可能性を実現することが、
     高いクオリティを維持していくことにつながる。

    ・最近は、後輩を注意する、
     忠告する、叱る上司、先輩が少なくなってきている。
     ミスをした後輩には、
     現場で面と向かって、注意したり、叱るべきだ。

    ・叱る場合に叱りっぱなしにしてはならない。
     叱る前にほめる、叱った後にフォローということが
     重要だ。

    ・日頃から、後輩をよく見ておくこと。
     気がついた点があれば
     マメに声をかけていこう。

    ・どんなにマニュアルや教育プログラムが
     すぐれていても、
     教える側に熱意がなければ、
     相手の心に響かない。
     上司・先輩が教えることに熱意を持つことが大切だ。

    ・人は、自分が扱われたように人を扱う。
     上司や先輩が後輩をぞんざいに扱えば、
     後輩もお客様をぞんざいに扱うようになる。

    ・後輩は、上司・先輩の姿をよく見ている。
     上司・先輩は、後輩に、
     良い手本・模範を示さなければならない。

    ・「見て覚えろ」では後輩は育たない。
     
    ・自社なりに論理的・合理的なトレーニング・プログラムを、
     時間をかけて練り上げ、
     つくりあげていくこと。

    ・ミッションを正しく理解し、
     後輩に伝えていくことが重要である。

    ・ミッションはさまざまな機会をとらえて、
     繰り返しねばり強く後輩に
     伝えていくことが不可欠だ。

    ・行動指針の中にも、
     優先順位をはっきりさせること。
     例えば、安全性、礼儀正しさ、身だしなみ、効率性なら、
     安全性を最優先にするなど。

    ・後輩に「いつも見ていてくれる」と意識してもらうために、
     後輩が気がつくように、堂々と「見る」ことが重要だ。

    ・後輩に対して、
     何か感じたら、すぐに「声をかける」こと。
     後輩は「声かけ」をされることにより、
    「見てくれている」ことを
     実感することができる。

    ・直接声をかけることが
     できない場合はメモを渡すなどして、
     対応しよう。

    ・仕事の成果だけに注目しないように注意しよう。
     成果についてばかり声をかけていると、
     「いつも自分や会社のことばかり考えている人だ」
     という印象を後輩に与えてしまう。

    ・成果も大切だが、
     後輩の頑張りを、先輩として認めてあげることも、
     後輩との信頼関係を築く上では大切だ。

    ・後輩の行為そのものを評価しよう。
     「これだけの成果をあげてくれて、うれしいよ」
     と成果についてではなく、
     「きみの誠実な態度が実を結んだね」
     というように、行為にスポット当てて、声をかけよう。

    ・後輩に指示を出すときは、
     その理由も伝えること。
     目的や意味がわかっていれば、
     後輩も自分でく伏して、
     より効率よく、効果的に指示されたことを
     やり遂げることが出来る。


    人が人を育てる社風を
    生み出すための考え方が
    示されています。

    スタッフが自発的に動き、
    誇りを持って働ける
    強い組織を作りたい方に
    参考になる一冊です。

    スポンサーサイト
    このページのトップへ

    FC2Ad

    Information

    イリ
    • Author: イリ
    • 元書店員。
      ビジネス書を中心に様々な書籍を
      ご紹介します。

    Search

     

    フリーエリア

    Recobot by Amatellus

    最近の記事

    カテゴリー

    最近のコメント

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。