ビジネス良書選

    おすすめの本を紹介するブログです。 好奇心を刺激する良書情報を提供します。

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    このページのトップへ
    前に進む力
    ダグラス・パーヴァイアンス (著)
    価格: ¥ 1,470
    前に進む力前に進む力
    ダグラス・パーヴァイアンス 跡部 徹

    ディスカヴァー・トゥエンティワン 2011-06-16
    売り上げランキング : 13834

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools


    著者は結成45年を超える
    人気ジャズ・オーケストラの
    リーダーです。

    この本では、
    ミュージシャンや音楽プロデューサーとして
    すぐれた実績を残してきた著者の、
    チャンスのつかみ方や、
    組織作りの考え方について書かれています。

    内容の一部をご紹介します。
    ・居心地の良い場所に
     居続けては、何も起こらない。
     居心地の良い場所から、
     一歩踏み出したところに成長はある。

    ・リスクを取って
     挑戦していると、
     周囲に味方になってくれる人が出てくる。

    ・新しいことにチャレンジできるように
     なるためには、
     自分の失敗を許し、
     挑戦したことを褒めてあげられる
     心の余裕が必要だ。

    ・お金や時間を
     あきらめる言い訳にしてはならない。
     「新しいことを始めるためには、
     どうすればいいか?」
     「その障害となるものを
     排除するためには?」と、
     前向きに解決策を考えることだけに
     集中しよう。

    ・興味のあるものに、
     はまってみよう。
     偶然に出会ったものごとが、
     続けているうちに、
     いつのまにか人生を充実させる仕事に
     なっているケースは多い。

    ・周囲が喜ぶ道ではなく、
     自分が望む道を選ぼう。
     自分で選んだ進路であれば、
     誰のせいにもせずに
     自分で乗り越える力が持てる。

    ・重要なのは、
     チャンスがやってきたときに備えて、
     努力しておくこと。
     そして、チャンスがやってきたときに、
     それにむかってチャレンジする勇気を
     持つこと。

    ・扉を開けるのに重要なキーは、
     熱意だ。
     人は、相手の熱意に応えてくれる。
     本当に熱意のある人を放っておくことは
     できない。

    ・自分が本当になりたいと思っていること、
     自分が心からやりたいと思っていることを
     選ぼう。

    ・最悪の時期がずっと続くことはない。
     試練は、その後の人生で必要となることを
     学ぶためのトレーニングだ。
     必要なことを習得できたら、
     人生最悪の時期も終わっていくだろう。

    ・うまくいってる人やグループがあったら、
     その人たちと一緒にいるようにしなさい。
     うまくいかない人たちは、
     彼らだけでたむろしている。
     逆にうまくいっている人たちは、
     成功者同士で集まっている。

    ・組織は使命を達成するための道具だ。
     組織をつくることが目的であってはいけない。

    ・リーダーは、
     ブレずに組織の使命に向かって、
     メンバーを導いていく役割を持つ。

    ・良いリーダーとは、
     組織の目的に基づいて、
     ブレずに判断を続けられる人だ。

    ・一番重要なのは
     「誰と一緒にやるか」だ。
     人を採用するとき
     「組織の使命に全面的に共感してるか?」
      が重要な判断基準となる。

    ・周囲からどう言われようが、
     「自分が情熱を持てる」ことを
     日々前進させて、
     それにひたむきに取り組もう。

    ・食べていくためには、
     歩み寄ってうまくやっていく必要がある。
     自分が心からやるべきだと思うことがある。
     しかし、その仕事ではあまり儲からない。
     だったら、生活のために別の仕事もすればいい。
     生活のために会社の仕事もやり、
     そこで得たお金を個人的な
     活動に使うという選択肢もある。

    ・自分の感覚を大切にすること。
     何か違和感を感じる。
     胃の下のほうがムズムズする。 
     心の底から相手のことを
     好きになれずに、警戒してしまう。
     そんなときは、自分の感覚を信じてみよう。

    ・人生は楽しむために、
     そして幸せになるためにある。


    一流ミュージシャンとして
    長年活躍してきたの、
    謙虚でシンプルな言葉には
    重みが感じられます。

    これから社会に出る若い方から、
    組織のリーダーとして活躍中の
    ビジネスパースンまで、
    あらゆる立場の方の
    心に活力を与えてくれる
    良書です。
    スポンサーサイト

    テーマ:成功法則の本 - ジャンル:本・雑誌

    このページのトップへ

    FC2Ad

    Information

    イリ
    • Author: イリ
    • 元書店員。
      ビジネス書を中心に様々な書籍を
      ご紹介します。

    Search

     

    フリーエリア

    Recobot by Amatellus

    最近の記事

    カテゴリー

    最近のコメント

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。