ビジネス良書選

    おすすめの本を紹介するブログです。 好奇心を刺激する良書情報を提供します。

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    このページのトップへ
    「人たらし」のブラック謝罪術
    内藤 誼人 (著)
    「人たらし」のブラック謝罪術―下手に出ながら相手の心をつかむ方法「人たらし」のブラック謝罪術―下手に出ながら相手の心をつかむ方法
    内藤 誼人

    大和書房 2006-10
    売り上げランキング : 54419
    おすすめ平均

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools
    社会生活を円滑に送るための
    ちょっとした心理テクニックを紹介している本。

    内容の一部をご紹介します。
    ・全力で仕事をしてはいけない。
     一生懸命仕事するのは大切だが、
     自分の限界を超えて仕事をしていると無理が出る。

    ・無茶な頼みごとをされて、「無理だ」と思っても
     とりあえず動いてあげよう。
     口ではなく、行動によって無理だとわかってもらえれば
     納得してもらいやすい。

    ・人の3倍働くフリをしよう。
     人は頑張っている人にさらに鞭を打つようなことはしづらい。
     あなたが努力する姿は、物事がうまくいかなかったときの
     「保険」のような働きをする。

    ・お客様に謝るときは
     一人で謝るより、人数をそろえたほうがいい。
     たくさんの人が出てきたほうが、
     「軽い気持ちではない」ということをアピールできる。

    ・お客様の苦情を聞く部屋では、
     できるだけ大きな「鏡」を置いておき、
     そこに相手の顔が映し出せるようにしておこう。
     鏡に映った自分の顔を見ると、
     人は少なからず冷静さを取り戻す。

    ・自己懲罰傾向の考え方ばかりしていると、
     仕事が面白くなくなる。
     何かうまくいかないときには、
     心の中で「俺のせいじゃないもんね」と考えよう。

    ・皮肉や悪口を言われたときは、
     軽口で冗談っぽく切り返そう。
     反撃すれば、いじめはやむ。

    ・冗談などでしっぺ返しするときは、
     したり・しなかったりではなく、
     「100%必ずやり返す」ことが重要である。
     100%のしっぺ返しをすると、
     「こいつは手ごわい」とパワフルな印象を与えられる。

    ・お詫びをしたり、悪い報告をするなら、
     午後2時がいい。
     相手が「ぼんやり」している時間帯だ。

    ・人脈を広げるためには、
     相手にとってトクと思われることをしてあげるのが一番だ。
     相手が一番欲しがっている情報をあげよう。

    ・ターゲットとする人物に近づこうとするときには、
     少し回り道をして、相手の家族や知人と友達になっていくのも
     よい作戦である。

    ・だれとでも親しく付き合える人は、
     相手の長所を探すのが得意で、
     欠点は無視できる人だ。


    人間関係を楽にするための
    雑学が詰まっています。

    読み物としても楽しめる一冊です。

    人気blogランキングへ ←クリックありがとうございます。


    「人たらし」のブラック謝罪術―下手に出ながら相手の心をつかむ方法
    「人たらし」のブラック謝罪術―下手に出ながら相手の心をつかむ方法

    スポンサーサイト
    このページのトップへ

    FC2Ad

    Information

    イリ
    • Author: イリ
    • 元書店員。
      ビジネス書を中心に様々な書籍を
      ご紹介します。

    Search

     

    フリーエリア

    Recobot by Amatellus

    最近の記事

    カテゴリー

    最近のコメント

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。