FC2ブログ

ビジネス良書選

おすすめの本を紹介するブログです。 好奇心を刺激する良書情報を提供します。

不登校だった私が
売れっ子Webライターになれた仕事術 

山口 恵理香 (著)




著者は14歳の時
学校でのいじめが原因で
不登校になり、「適応障害 」と
診断された人物です。

この本では、
新卒フリーランスとして、
webライターで年収700万円稼げるようになった著者の半生と仕事へのスタンスが書かれています。

タイトルに仕事術
と書かれていますが
どちらかと言うと
ノウハウというより
考え方が大きなウェイト
を占めています。

内容の一部を紹介します
・webライターの営業活動は
 電話は一切使わず、
 企業の「お問い合わせ欄 」に
 書き込み返信を待つ
 スタイルを取った。

・最初のアポイントメールを
 入れるのは、
 日曜日が適切。

・SNSは履歴書として
 更新すること。

・大切なのは他のライターとの
 勝ち負けではなく「このステージなら、自分らしい記事を書き続けられる 」と感じるジャンルを選ぶこと。

・フリーランスでも シフト表を作ること。
 1ヶ月で稼働する日と
 身体を休めたい日を事前に
 作っておくこと。

・フリーランスは休みを自分で作り出さない限り、エンドレスに仕事が続いていってしまう。

・信頼できる人には、
 人生でそう何回も出会わない。

・周りの人達と適切な距離をとるために、
一人ずつ「仕事 」or「プライベート 」の
ラベルを貼ること。

・無駄なしがらみから抜け出すことで、
自分の時間が増え、一点に集中できる。

・人間関係に「永遠 」や「絶対 」は存在しない。

・付き合いを続けていきたい人、
 少し距離を置きたい人を書いて分けていこう。
 その人と会って疲れないかどうか。

・波動の合わない人は積極的に切ること。

・人と違う人生ほど楽しいことはない。

繊細な著者ならではの
人間関係の折り合いの付け方は
集団行動が苦手な人には
非常に参考になります。

ひとつの新しい生き方を
示してくれる一冊です。


このページのトップへ
一流の人に学ぶ心の磨き方
永松茂久 (著)


どんな状況にも
ブレない自分の作り方が
書かれている書籍です。



内容の一部をご紹介します。

・もし合わない相手がいたとしても、
 「当たり前のこと」と割り切ること。
 適度な距離を持ち、
 本当に理解してくれる人との
 関係を深めることに集中すること。

・一流の人は、迷ったときには止まる。
 本当に進むべき道なら
 そもそも迷うことがない。

・「一人でやる」覚悟という覚悟を持っている人は、
 かえってまわりの人間を巻き込むパワーがある。

・どうにもならないことを捨て、
 できることだけに集中すること。

・相手の幸せのために
 自分の幸せを犠牲にしてはいけない。

・まわりからの評価に一喜一憂しないこと。
 「うまくいけばまわりの人はチヤホヤしてくれるが、
 それは一時的なものだ」と考えること。

・人からの称賛を生きる糧にしない。
 まわりから「すごい」といわれても、
 おまけ程度にしか考えないこと。

・相手は誰であれ同じ人間。
 下手に出る必要はない。
 自信を持って向き合おう。

・自分に対する悪口は
 興味の裏返しだと考えよう。

・他人を変えようとするよりも、
 付き合う人を変えること。

・常に変わらないために変化する」ように努めよう。
 安定を得るためには変化をし続けなくてはならない。

人間関係でつまずいたときに
基本に立ち返らせてくれる一冊です。 このページのトップへ
華僑の大富豪に学ぶ ずるゆる最強の仕事術
大城 太 (著)



著者が華僑から学んだ
仕事や人との関わり方が書かれた書籍です。

内容の一部をご紹介します。
・「何をやるか」より「何をやらないか」だ。

・自分の意見は主張せず、
 誰かの意見に賛同するでもなく、
 人の意見をまとめる役をして
 「ここが重要」というところに
 自分の思惑を入れ込んでいくこと。

・知っていることでも
 知らないふりするのが得策。

・人脈は「広げる」のではなく
 「深める」が正解。
 人付き合いを広げると、
 一人ひとりの付き合いが浅くなってしまう。

・「動かせない予定はなるべく入れない」
 日にちだけを決めて
 時間は前日や当日に決めたり、
 「〇時から〇時の間」「だいたい〇時」を
 ゆるいアポにしよう。

・大きな恩を受ければ、
 小さな恨みは消え去ってしまう。
 
・相手の困りごとの解決に
 自分を利用してもらい恩を売っておこう。

・人とずらせることは何か、
 人が面倒くさがることは何か、
 人と反対のことは何か。
 
・人がやってないことに手をつけ
 競わず抜きんでること。

・好かれないけど嫌われないことを心がけよう。
 好かれたら目立つし、 
 ずっと好かれたいと思うから
 人にコントロールされやすくなる。

・今ダメな人がずっとダメだと決めつけない。
 相手が出世してから180度態度を変えても遅い。
 皆がバカにしている間に
 好意のメッセージを送るのが賢明。

要領よく仕事をさせるための
ヒントが満載です。
このページのトップへ
どんな人とも! 仕事をスムーズに動かす5つのコツ
濱田 秀彦 (著)






周りの人をうまく巻き込んで、
仕事をするための
方法が書かれた書籍です。


内容の一部をご紹介します。

・何事も、いきなりではうまく進まない。
 相手に心の準備をさせ、
 これから投げるボールを受け取りやすくさせる予告が必要だ。

・言いにくいことを伝えるためには、
 「○○かも」くらいで伝えておくと良い。
 まだ決定してはいないが、
 可能性としてはあるというように伝えるのがポイント。

・相手に協力をもちかけるには、
 最初は意見だけを求める相談という形で、
 負担が軽そうな雰囲気をつくり、
 相手の懐にスッと入るのが得策。

・どんな人を動かすにも
 自分の熱が必要。
 そこがないと人は動かない。

・巻き込んだ相手への最大のお礼は
 「報告」だ。

・人と人を「くっつける」ことができれば、
 対人関係が豊かになる。

・人を「くっつける」には、
 事前説明で合わせたい人がひること、
 相手が誰で何のために会わせるのか
 といったことを伝えること。

・くっつける対象の2人を会わせるとき、
 2人を会わせたしかけ人が、
 ある程度、話のネタを
 提供しなくてはならない。
 有効なネタは、2人の「共通点」だ。

・一緒に仕事をする人の仕事ぶりを
 「どういう仕事の進め方をすろのだろう」と観察してみよう。
 そして良いところを取り込んでいこう。

社会人として
知っておいて得する
人との接し方を
解りやすく説明してくれています。

チームでお仕事をされている方、
ご自身でビジネスをされている方に
特におすすめの一冊です。 このページのトップへ
メルマガ購読・解除

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 
LINEスタンプ【まじめなコーギー】


Information

イリ
  • Author: イリ
  • 元書店員。
    ビジネス書を中心に様々な書籍を
    ご紹介します。

Archives

Categories

Links

Links

Calendar

07月 « 2020年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
  1. 無料アクセス解析