ビジネス良書選

    おすすめの本を紹介するブログです。 好奇心を刺激する良書情報を提供します。

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    このページのトップへ
    魅きよせるブランドをつくる7つの条件 
    サリー・ホッグスヘッド (著)
    価格: ¥ 1,995


    何が人を魅了するのか、
    なぜ魅了できるのか、
    という「魅力」の謎にせまり、
    解き明かした書籍です。

    内容の一部をご紹介します。
    ・魅力的な企業は、
     ブランドを通じて、
     消費者同士がたがいに
     つながる機会をより多く提供している。

    ・商品や人物が魅力的かどうかを決めるのは、
     背景と意味だ。

    ・魅力を自由に操られるかどうかは、
     7つのトリガー(誘因)を
     効果的に使えるかどうかに
     かかっている。

    ・7つのトリガー

    欲望:感覚的な喜びへの欲求、
       渇望をあおる。

    神秘性:まだ答えの見つかっていない
        疑問を投げかけて誘う。
     
    警告:ネガティブな結果を見せつけて
       脅しをかける。
     
    威信:功績のシンボルを通して、
       敬意を勝ち取る。

    権力:命令し、支配する。

    悪徳:「禁断の果実」で誘惑し、
       規範に逆らいたいと思わせる。

    信頼:「確かさ」と「安全性」によって
       安心感を与える。

    ・快楽を追求することは、
     快楽を得ることよりも魅力的だ。
     願望が満たされないままの状態、
     少なくとも完全に満たされない状態が、
     欲望というトリガーによる魅力を
     長時間持続させる。

    ・情報を開示するときは、
     その情報が必要であったとしても、
     慎重に行おう。
     決定的な情報は明かさないようにして、
     一部だけを垣間見せる程度に
     とどめておくこと。

    ・物語は事実よりも
     強力なメッセージである。

    ・一流ブランドは人気、希少性、重要性を
     維持するために、
     そのブランドへのアクセスを制限している。

    ・人間は、普段なかなか「いい」と言わない人が
     「いい」と評価したものを、
     より重視する傾向がある。

    ・職場において規則と方針は
     重要な要素だが、
     従業員が過剰に管理されていると感じたり、
     規則と方針の根拠を理解していないと、
     逆効果となることもある。

    ・特定のイメージを確立している
     人物や企業は、
     流行を取り入れることで、
     せっかく築いたイメージに
     傷がついたり、信頼を失ってしまう場合もある。

    ・流行に便乗する場合でも
     コアバリューは守り抜くこと。

    ・信頼を加速させるには、
     時を経ても変わらない
     「価値」をメッセージに
     うまく盛り込むことが有効だ。


    軽妙な語り口で、
    知られざる雑学的な要素も含まれおり、
    小さな文字の補足文まで、
    楽しく読めてしまいます。

    企業のブランドを高めたい方はもとより、
    自らの魅力を引き出したい方にも、
    参考となる
    「魅力的」な一冊です。
    スポンサーサイト

    テーマ:ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル:本・雑誌

    このページのトップへ
    成功事例に学ぶマーケティング戦略の教科書
    酒井 光雄(編著) (著), 武田 雅之 (著)
    価格: ¥ 2,100

    企業のマーケティング成功事例を分析し、
    解説した書籍です。

    トヨタ自動車、花王、タニタ、IKEAなど、
    43社におよぶ多種多様な企業の例が
    取り上げられています。

    内容の一部をご紹介します。
    ・企業がマーケティング戦略を立案する際、
     最初にすべきことは、
     まず自社がになう社会的役割と
     その使命に照らし合わせて、
     自分たちが行動を起こそうとしていることとの間に
     整合性がとれているかどうかを確認することだ。

    ・顧客には愛情を持って相対し、
     競争相手に敬意を持って接すること。

    ・時代が変化する時は、
     自分たちも時代とともに変化する。

    ・価値を明確にして、決して放棄しない。

    ・すべての顧客を相手にしようとせず、
     自社が最もメリットを提供できるセグメントを狙う。

    ・顧客とは生涯に渡ってお付き合いする存在だと認識すること。

    ・サービス業に限らず、
     メーカーなどあらゆる企業がサービス業だと認識すること。

    ・自社のビジネス・プロセスを、
     品質・コスト・納期の観点から日々改善に取り組む。

    ・経営者は財務的な観点だけでなく、
     あらゆる観点から情報を集め、
     知恵と経験に基づき、決断を下す。

    ・企業の成功要因は、
     複数のマーケティング要素から構成されている。
     成功してる要素が複合化されているため、
     競合企業が真似できない。


    多くの事例をさまざまな角度から学ぶことができ、
    自社のマーケティング戦略のヒントを
    得ることができます。

    特に起業家、経営者の方には、
    おすすめの良書です。 このページのトップへ
    トレードオフ
    上質をとるか、手軽をとるか
    ケビン・メイニー(著)、ジム・コリンズ(序文) (著)、 内田和成(解説) (著)、 有賀裕子 (翻訳)
    価格:¥1,800
    トレードオフ―上質をとるか、手軽をとるかトレードオフ―上質をとるか、手軽をとるか
    ケビン・メイニー(著) ジム・コリンズ(序文) 内田和成(解説) 有賀裕子

    プレジデント社 2010-07-06
    売り上げランキング : 41656

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools


    ビジネスにおいて
    成功するための
    ポジショニングのポイントについて
    書かれた書籍です。

    内容の一部をご紹介します。
    ・心を鬼にして、
     上質さと手軽さのどちらかひとつに
     賭けようとする者は、
     煮え切らない者よりも、
     大きな成果を手にする。

    ・際立った存在になるためには、
     何をとり、何を捨てるかを
     決めなくてはならない。

    ・上質さ、手軽さのどちらも
     月並みなブランドは、
     ビジョンがぼやけていて、
     消費者のハートに訴えかけることができない。

    ・上質=経験+オーラ+個性
     手軽=入手しやすさ+安さ

    ・手軽であるとは、
     「必要とされる」ことであり、
     上質であるとは「愛される」ことである。

    ・上質感は強力なマーケティング・ツールになるが、
     実を伴わなければ、長続きはしにくい。

    ・極上は簡単に実現するようなものではない。
     しかも、誰かに追いつかれたら、
     さらなる高みを目指していかなければならない。

    ・消費者として
     何かを購入するのは、
     他の人々に自分らしさを伝える面もある。
     自分ならではの個性や持ち味を
     人々に伝えてくれ、
     まわりから「輝いている」と見られるのに役立つなら、
     そのような商品やサービスは上質とみなされる。

    ・上質さと手軽さの水準は時ともに向上し、
     消費者もそれぞれの基準を
     休みなく引き上げていく。
     どちらかの軸に沿って
     絶え間なく改善を積み重ねないかぎり、
     時流に取り残されてしまう。

    ・テクノロジーが進歩すると、
     それに合わせて上質さと手軽さ、
     両方の水準が絶えず向上していくため、
     今のところは上質、ラグジュアリーと言われる商品やサービスも、
     やがてより上質な何かに追い抜かれる。
     そして、階段を転がり落ちるように、
     ありふれた存在になってしまう。

    ・上質さと手軽さをともにきわめるのは、
     不可能に近い。
     二兎を追うと、
     破滅へ向かってしまう。

    ・手軽さはオーラや個性を打ち消す。
     入手や購入が容易になり、
     手軽さが増すにつれて、
     オーラと魅力は損なわれていく。
     手軽になればなるほど、
     そのアイテムが持ち主を引き立てる力は
     弱まっていく。

    ・低価格に勝つには、
     質で挑むか、さらなる低価格で挑むかだ。

    ・「上質と手軽の天秤」は
     ライバル社がどのように
     圧力をかけてきているかを
     解き明かし、
     対応策を編み出すうえで有用である。

     
    著者は外国人ですが、
    ティファニーやCOACH、
    スターバックス、マクドナルド
    アマゾン、アップル、クロックスなど、
    日本でもよく知られているブランドが
    多数登場するので、
    日本人にも読みやすい内容に
    なっています。

    特にビジネスを営む方や
    企業に投資しようとお考えの方に
    役立つ一冊です。

    テーマ:ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル:本・雑誌

    このページのトップへ
    「紙」と「ペン」だけで1億稼ぐ仕事術
    絶対相手にYESと言わせる「魔法のセールスレター」
    鬼塚 俊宏 (著)
    価格: ¥ 1,470

    「紙」と「ペン」だけで1億稼ぐ仕事術──絶対相手にYESと言わせる「魔法のセールスレター」「紙」と「ペン」だけで1億稼ぐ仕事術──絶対相手にYESと言わせる「魔法のセールスレター」
    鬼塚 俊宏

    講談社 2008-12-23
    売り上げランキング : 33855

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools


    人を惹きつけ、
    売上を伸ばすための、
    セールスライティングについて
    書かれた本です。

    ・情報の量が売り上げの差を生み出す。
     知識の質が成功までの時間差を生みだす。
     関わる人脈の層が収入の差を生みだす。

    ・情報をシャワーのように
     浴びよう。

    ・情報を浴びていれば、
     潜在意識は自動的に
     どんどん情報を吸収し、
     必要なときに必要な情報として 
     出してくれるようになる。

    ・流行っている店に足を運び、
     どうして流行っているのかを
     人間の3大購買心理という
     フィルターを通して、
     じっくり観察してみよう。

     人間の3大購買心理
     1、「痛み」から解放されるためのモノを買う。
     2、「快楽」を得るためにモノを買う。
     3、「時間」を短縮するためにモノを買う。

    ・安いものをまず買ってもらい、
     商品に納得してもらう。
     そして、少し高めのものを買ってもらい、
     信頼してもらう。
     そして、最終的に本当に売りたい
     高額の商品を売る。

    ・営業はくり返しが重要。
     ニュースレターやセールスレターなど
     何度も配信して読んでもらうことで、
     少しずつ信頼を高めていくことができる。

    ・まず価値ある情報を与え、
     そこで自分の商品をセールスこと。
     セールスばかりでは、
     お客様も辟易するし、
     情報だけ流しても、
     ビジネスにならない。

    ・お客様は
     どういう人がどういう物語を持っていて、 
     どういうポリシーでこの商品を売っているのかが
     見えないと反応してくれない。

    ・ストーリーを語ろう。
     人は基本的に物語を読むことが好きである。

    ・セールスレターには、
     私はこういう人です、
     という情報を出そう。
     顔写真を入れたり、
     自分の欠点を語るなどを行おう。

    ・歴史が長いものを人は信用する。
     その商品にどういう歴史があるのか、
     商品を開発するうえでなにがあったのかという
     開発秘話は人を惹きつける。

    ・セールスレターは
     送って、反応を見て、調整する、
     を繰り返すこと。

    ・完成したセールスレターは、
     3、4日は見ないようにしよう。  
     3、4日経ったあとで、
     もう一度見返すと
     客観的にに見ることができる。

    ・セールスコピーライティング力を
     磨くには、映画をたくさん観ることだ。
     他人の人生をたくさん見ると、
     自分の経験値も高まる。
     新しいアイデアを生み出すときにも役立つ。


    コピーライティングを書くための
    表面上のテクニックのみでなく、
    人間心理を突いた文章を
    作り出すための考え方にも
    触れられています。

    コピーライターの方に限らず、
    経営者の方にも役立つ一冊です。

    テーマ:ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル:本・雑誌

    このページのトップへ
    影響力の武器 実践編
    「イエス!」を引き出す50の秘訣
    N.J.ゴールドスタイン (著),
    S.J.マーティン (著),
    R.B.チャルディーニ (著),
    安藤 清志 監訳 (翻訳), 高橋 紹子 訳 (翻訳)
    価格: ¥ 2,100
    影響力の武器 実践編―「イエス!」を引き出す50の秘訣影響力の武器 実践編―「イエス!」を引き出す50の秘訣
    N.J.ゴールドスタイン S.J.マーティン R.B.チャルディーニ 安藤 清志 監訳

    誠信書房 2009-06-09
    売り上げランキング : 3849
    おすすめ平均

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools



    名著「影響力の武器―なぜ、人は動かされるのか 」の
    続編です。

    心理的要因に基づいた、
    説得テクニックが、
    具体的な事例を
    交えて紹介されいます。

    内容の一部をご紹介します。
    ・人の考えを自分が望む方向に
     誘導するには、
     誰かによい証言を
     してもらうのが効果的だ。

    ・説得したい相手に
     誰の証言を聞かせるかを決めるときは、
     相手の状況に一番近い人を選ぶべきだ。

    ・選択肢が多すぎると
     買う気が失せる。
     消費者にとって
     それぞれのものを
     差別化することが負担となり、
     決断を下すのが
     煩わしくなってしまうからである。

    ・顧客の関心を最大限商品に
     向けさせるために、
     不必要で人気のないものを廃止するなどして、
     選択肢を狭めること。

    ・無料にすると
     その商品に対する評価が下がってしまう。
     無料特典やサービスなどの
     おまけをつける場合
     「無料の~をご提供」ではなく、
     「お客様のご負担なしで、
      ○○円相当のものをご提供」
     と伝えること。

    ・人は、最小限必要なものと
     最大限手に入れたいものの
     中間を選ぶことが多い。

    ・買い手は、
     「二つのうちから一つだけ選べ」と
     迫られると、安いほうを選んで
     妥協することがよくある。
     しかし、より高価な第三の選択肢が加わると、
     妥協するポイントが
     低価格商品から、中価格商品へ
     シフトする。

    ・誰かに強力を促すためには、
     まずこちらが本当に完全に
     無条件で手助けを
     申し出なくてはならない。
     
    ・相手に対してある一定の
     「特徴」「態度」「信念」を
     ラベルのように貼り付け、
     そのうえで相手にそのラベルの
     とおりに振舞うように求める戦略
     (ラベリング・テクニック)は
     相手の振る舞いを変えてしまう。

    ・書き記すかたちのコミットメントは、
     効果的に人に影響を与える。

    ・商品の小さな欠点に
     敢えて触れることで、
     その企業は信頼できるという
     イメージが生まれる。

    ・人の真似をするのは
     最大級のおべっかだ。
     真似をするということは
     説得のテクニックとしては
     基本中の基本だ。

    ・人は自分を鏡に映してみると、
     より社会的に好ましい
     振る舞いをするようになる。


    科学的な裏づけが
    しっかりとされており、
    非常に読み応えのある内容です。

    特により多くの人々に
    深い影響を与えたい、
    ビジネスパースンに
    おすすめの一冊です。
    このページのトップへ
    ザグを探せ!
    最強のブランドをつくるために
    マーティ・ニューマイヤー (著), 千葉 敏生 (翻訳)
    価格: ¥ 1,470

    ザグを探せ! 最強のブランドをつくるためにザグを探せ! 最強のブランドをつくるために
    千葉 敏生

    実務教育出版 2009-09-17
    売り上げランキング : 85148
    おすすめ平均

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools

    ありふれたモノの中から、
    選ばれるブランドを生み出すための
    考え方がまとめられた本です。

    直感的に理解できるように、
    ページの中に図が
    多用されており、
    デザインも非常に優れています。

    内容の一部をご紹介します。
    ・現代の真の競争相手は、
     直接的、間接的な競争商品ではなく、
     市場の極度の「氾濫」である。

    ・似たような商品があふれかえる市場において、
     消費者が求めているのは
     機能やメリットではなく、
     集団としてのアイデンティティなのだ。
     「この商品を買ったら、
     どんな自分になれるんだろう?」
     消費者はそう考えいる。

    ・商品やサービスが極度に氾濫する現代においては、
     差別化だけでは不充分だ。
     必要なのは、「過度の差別化」なのだ。

    ・はっきりとさせなければならないのは、
     あなたのビジネスは何か、
     つまり核となる目的は何かということだ。
     核となる目的というのは、
     「単なるカネ儲けを超えた
     企業の根本的な存在理由」のことだ。

    ・ブランドは、
     すべての人が貢献し、
     すべての人が恩恵を受ける
     生態系の一部である。

    ・ブランド名は、
     ①競走他者と異なり、
     ②簡潔で
     ③適切だか、説教調でも一般的でもなく、
     ④スペルが簡単で、
     ⑤発音しやすく、
     ⑥言葉遊びのできる名前で、
     ⑦法的に保護しやすいものでなければならない。

    ・唯一性は、過度の差別化を
     デザインするための枠組みとなる。
     簡潔な唯一性の文章を完成させてみよう。
     「私たちのブランドは、( 過度の差別化の内容 )、
      唯一の( カテゴリー )である」。

    ・強力なポートフォリオを構築するうえで
     重要なのは、引き算だ。
     過度の差別化と整合しないブランドや
     サブブランドは切り捨てなければならない。


    強いブランドをつくるための重要な情報が
    薄い本の中に濃縮されいます。

    特にマーケティングのお仕事されている方や、
    お店や事業を営んでいる方に
    おすすめの一冊です。




    このページのトップへ

    FC2Ad

    Information

    イリ
    • Author: イリ
    • 元書店員。
      ビジネス書を中心に様々な書籍を
      ご紹介します。

    Search

     

    フリーエリア

    Recobot by Amatellus

    最近の記事

    カテゴリー

    最近のコメント

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。