ビジネス良書選

    おすすめの本を紹介するブログです。 好奇心を刺激する良書情報を提供します。


    課長の会話術
    田中 和彦 (著)
    ¥ 1,620


    部下を持つ上司に
    とって重要な視点に
    ついて書かれている書籍です。

    内容の一部をご紹介します。
    ・課長の仕事は、
     まず部下全員と
     会話することから始まる。

    ・部下と信頼関係を築き、
     やる気を持ってもらい、
     成果を上げさせるには、
     最初のコミュニケーションが
     非常に大切になってくる。

    ・最初の段階で、
     「一緒に頑張ろう!」という
     合意ができるかどうかで、
     その部署の成果の9割方が決定される。

    ・最初の1か月のコミュニケーションの
     質と量が、
     1年間の成果を上げる。

    ・課長の役割は
     「いかに重要度の高い2割の仕事を見極め、
     自分の仕事をそこに集中するか、
     もしくは、メンバーの時間をそこに
     集中させるかだ。

    ・上司は、
     きちんと会社の上位方針を
     自分なりに消化した上で、
     自分の部署にふさわしい方針を
     自分の言葉で打ち出す責務がある。

    ・個別面談のゴールは、
     すべての部下が、
     部署全体の目標を正しく理解した上で、
     自分の役割と個人の目標を認識し、
     その目標に向かって、
     やる気をもって取り組もうとしている
     状態をつくることだ。

    ・できる課長は初回面談で
     部下の「過去・現在・未来」を
     必ず聞く。

    ・問題がありそうな部署は、
     あえて「周囲」からヒアリングする。
     中心にいるよりも、
     その周囲にいて引いた目で見た方が、
     その組織の本質が良く見えることがある。

    ・上司の大切な役割は、
     部下の多種多様な動機を、
     部下が担当する具体的な仕事と
     一つひとつ結びつけてあげることだ。

    ・言行一致こそ、
     部下にやってほしいことを
     徹底させる基本だ。

    ・ほめるときは、
     プロセスより結果を重視すること。

    ・面談のアポイントを設定するときは、
     目的も事前に伝えておく。

    部下を持つ上司の方、
    人を雇ったばかりの
    経営者の方に
    参考になる一冊です。

    このページのトップへ
    あなたは最初の100日間に何をすべきか
    成功するリーダー、マネジャーの鉄則
    ニアム・オキーフ (著), 黒輪 篤嗣 (翻訳)
    価格: ¥ 1,620



    新任リーダーとして
    チームを率いる人に向けの書籍。

    30日、60日、90日と
    それぞれの中間地点までに
    すべきことこと、
    まだすべきでないことが、
    細かく書かれています。

    内容の一部をご紹介します。
    ・日頃から運動をし、
    健康的な食生活を心がけ、
    栄養のあるものを食べよう。
    体力をつけること。

    ・毎日ひとりきりで
    静かに過ごす時間を設け、
    ものごとの優先順位を確かめよう。

    ・プレッシャーを感じているのなら、
    感じていることを認めて、
    プレッシャーを和らげる手段に講じること。

    ・新しくリーダーとして、二年間で
    何を成し遂げたいか、思い描こう。

    ・最初の十二ヶ月の
    最初の優先事項を決めよう。

    ・ビジョンと戦略、人とチーム、結果と業績について、
    二年後までに
    成し遂げたいことを
    書き出そう。

    ・常に自己を省みて、
    感情をコントロールし、
    平常心を保とうと
    努力すること。

    ・どんどん外に足を運ぼう。
    グループの本社、
    顧客のいる場所、
    ライバル企業、
    取引先などに出向いて、
    視野を広げよう。

    ・前進したことや
    学んだことを
    記録しておこう。

    ビジネスにおいて
    冷静になり、
    内省することの重要性を
    教えてくれる一冊です。

    このページのトップへ
    マグロ船仕事術
    日本一のマグロ船から学んだ!マネジメントとリーダーーシップの極意
    齊藤 正明 (著)
    価格: ¥ 1,470

    マグロ船仕事術―日本一のマグロ船から学んだ!マネジメントとリーダーーシップの極意

    齊藤 正明 ダイヤモンド社 2011-02-18
    売り上げランキング : 90250
    by ヨメレバ


    著者がマグロ船に乗って感銘を受けた、
    漁師のリーダーシップと
    仕事への考え方が書かれた書籍です。

    主人公である著者は
    上司のパワハラに苦しむ
    サラリーマン。

    ある日その上司の思いつきのような命令で
    嫌々マグロ船に乗せられしまいます。

    しかし、著者が当初描いていたイメージとは違い、
    マグロ船の漁師たちは
    非常に示唆に富む発想と
    コミュニケーション力を得ていたのでした。

    内容の一部をご紹介します。
    ・ビジネスモデルが短命化した現代では、
     「命令でグイグイ引っ張るリーダーシップ」よりも、
     「みんなの意見を吸い上げて、まとめていく」というような、
     縁の下の力持ち的なリーダーシップのほうが、
     成果を上げられる可能性が高い。

    ・リーダーは部下に自信をつけさせたり、
     「あなたのおかげで助かってます」というような
     存在を認めてあげるような言葉を使い、
     やる気を高めること必要だ。

    ・人の美点を見つけて褒めてあげることは、
     人よりも優秀な技能を持つことと同じか、
     それ以上の能力に値する。

    ・部下の考え方や生き方に
     関心を持とう。

    ・人間関係は、ガラスでできたコップと一緒。
     いったん割れたら、元には戻らない。

    ・「人は指示どおりに動かな」というのを前提に、
     物事を進めよう。
     「絶対に守ってもらわければならない
     数個のこと以外、聞いてくれなくても、
     まあ、しょうがない」程度に考えている方が、
     うまくいく。

    ・部下の意見には、
     とりあえず、「なるほど」と答えよう。
     的はずれなアイデアが多くても、
     多方面の意見を、一応でも聞いておくことで、
     自分の考えが偏らないようにできる。

    ・企業の売り上げ目標は、
     本来は無茶なことと自覚すべきだ。
     
    ・目標設定をして、
     目標に届かない場合は、
     部下の気合いや根性のせいにしないこと。
     売る対象年齢を変える、営業トークを見直す、など、
     自分たちでコントロールできる部分だけを
     具体的に修正するようにすべきだ。

    ・「部下は人間だから、
     できないところや未熟なところは
     たくさんある」
     という前提で部下に接すること。

    ・明るい性格や前向きな性格の人材が、
     絶対的に優れているわけではない。
     後ろ向きな性格も、
     危険予知ができることや
     分析力が必要なことに活用すれば、
     非常に優れた才能であるといえる。

    ・大事なのは、
     同じ性格の人ばかりで固めるよりも、
     いろいろな性格の人を置いておき、
     各人の得意な部分を活用してあげることだ。

    ・部下のできていないところのみを
     指摘しないこと。
     できていないところと、
     できたところ、
     両方をちゃんと見ててあげることが大事だ。

    ・部下を叱るときは、
     「なぜダメなのか?」
     その理由も伝えよう。

    ・本や誰かが教えてくれることは、
     参考にしてもいいが、
     決して鵜呑みにしてはいけない。

    ・できたことよりも、
     努力したことを褒めよう。

    ・注意するときは
     褒める言葉+注意する言葉+褒める言葉
     という具合に、
     「注意する言葉」を「褒める言葉」でサンドイッチして
     伝えよう。

    ・部下には「育てなきゃ!」と意気込むより、
     応援する程度の気持ちでいるほうがいい。

    ・歩みを止めて、
     反省の時間を持とう。
     今日あったことをじっくりと反省したり、
     ひとりでゆっくり考える時間を持つことは
     組織や自分自身が確実に前に進んでいくために必要である。

    ・できるだけ多くの雑談や挨拶を
     部下と交わそう。
     挨拶や雑談の時間は、
     部下の仕事に対する不満や
     報告しにくい隠しごとを、
     いち早く引き出す大事なコミュニケーションの手段にもなる。

     
    マグロやサメ、エイといった生き物の生体や、
    漁師の生活などがリアルに書かれてあり、
    読み物としても楽しめます。

    企業のリーダーはもとより、
    人間関係をスムーズにしたい
    多くの社会人に役立つ一冊です。

    マグロ船仕事術―日本一のマグロ船から学んだ!マネジメントとリーダーーシップの極意

    齊藤 正明 ダイヤモンド社 2011-02-18
    売り上げランキング : 90250
    by ヨメレバ
    このページのトップへ
    厳しい時代を乗り越える 
    強いリーダーがやるべき88のこと
    福原 正大 (著)
    価格: ¥ 1,470

    厳しい時代を乗り越える 強いリーダーがやるべき88のこと (アスカビジネス)厳しい時代を乗り越える 強いリーダーがやるべき88のこと (アスカビジネス)
    福原 正大

    明日香出版社 2011-07-12
    売り上げランキング : 44715

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools



    世界と渡り合える強いリーダーに
    なるための心得が書かれた本です。

    著者は大手外資系金融機関で
    リーダーとして早期に抜擢され、
    読別なリーダー教育を受けてきた
    経験のある人物です。

    内容の一部をご紹介します。
    ・強いリーダーとは、
     強い健全な信念と大局観をもち、
     揺るがず、チームのために、
     そして社会のために、
     その健全な信念を広めていく人のことを指す。

    ・30秒で相手を魅了できるほど
     自分の強みを紹介できるようになろう。

    ・友人や上司に、
     自分の「強みと弱み」を紙に書いてもらうことで、
     自分を深く見つめることができる。

    ・自分の専門分野について、
     プロフェッショナルになろう。

    ・専門分野の過去の文献(本や専門論文)を読破すること。
     日本語だけでなく、英語でも探そう。

    ・専門分野や関係分野で
     すでに成功したり有名になったりしている人の
     セミナーに参加しよう。
     日本だけでなく、海外セミナーも行くこと。

    ・「未来はわからない」という前提で、
     まず動き出すべきだ。  
     動いてわかったことを元に、
     方法論に微調整を加え、
     いろいろなシナリオを描き、
     ゴールに向かっていけばいい。

    ・新しいことにはまず飛びついてみよう。
     強いビジネスマンであり続ける感性を磨くためにも、
     時代の先端のものに触れよう。

    ・メモ魔になって情報を味方にしよう。
     メモの内容を蓄積し、
     多くの情報を集めることが常にできれば、
     そのデータがあなたの即決即断を
     後押ししてくれる。

    ・英語が得意でなくとも外国人と対等に話すために、
     仕事のプロフェッショナルになるための専門ノートと、
     その分野に関する英単語帳を持とう。

    ・人生を通じ自己投資を続けよう。
     自己投資を続けなければ、
     世界は変わり、
     自らの知識も陳腐化してしまう。

    ・日記をつけよう。
     思いついたいろいろなアイデアを書き込むことで、
     新しい考えが浮かび、
     前の行動や思考からヒントを得ることもできる。

    ・会えば気持ちが乱れるような人とは、
     会うのを止めてしまおう。
     感情を不安定にする人と一緒にいると、
     自分の感情が不安定な状態に変化し、
     いいアイデアも生まれず、
     物事もうまくいかない。

    ・お世話になった人や、
     尊敬している人には
     徹底的についていこう。

    ・大局観を持つために、
     マクロ経済と哲学を学ぼう。

    ・個々の専門領域にのみにとどまらないこと。
     幅広い勉強が、遠回りに見えて
     目の前の課題を解くことの大きな助けになる。

    ・言行一致を旨とすること。
     メンバーはリーダーを
     口だけの人間か、
     行動を伴っているか
     常に見ている。

    ・リーダーとして重要なことは、
     メンバーをミッションでまとめ、 
     チームが一丸となって結果を出し、
     ミッションを成し遂げることだ。

    ・数少なくてもいいから、
     最高のスーツを着てみよう。
     最高のスーツを着て大切な場に臨むと、
     自分に自信が持て、
     力を出し切れる。

    ・いい音楽に感動し、
     すばらしい絵を見て多くの
     イマジネーションを広げる。
     こうして美しいものに触れていると
     自らの価値観が変わっていく。
     それは目には見えないものだが、
     決断を下す際の総合判断力に役立つ。

    ・能、お茶、武道などの
     日本文化を学び、実践しよう。
     世界中の人々と議論する場合、
     日本人として生まれ、
     経験してきていることを、
     そのルーツとなっている
     日本人の価値観や文化を
     認識したうえで話すことで、
     議論に付加価値をつけることができる。


    世界で活躍できる日本人を
    育成したいという
    著者の熱い思いが滲み出ている内容です。

    また、著者の希望により、
    本の印税は全額、
    大震災の復旧に寄付されることになっています。

    より器の大きな
    本物のリーダーを
    目指す人におすすめの一冊です。

    テーマ:ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル:本・雑誌

    このページのトップへ
    帝王学の教科書
    リーダー英才教育の基本
    守屋 洋 (著)
    価格: ¥ 1,680

    帝王学の教科書―リーダー英才教育の基本帝王学の教科書―リーダー英才教育の基本
    守屋 洋

    ダイヤモンド社 2010-05-14
    売り上げランキング : 52768

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools


    帝王学とは
    昔の中国のトップが
    立派な帝王になるための条件を
    追求した学問のことを指します。

    この本では、
    中国の古典から抽出した
    優れたリーダーに必要な
    心構えが書かれています。

    内容の一部をご紹介します。
    ・敬愛される指導者でありたいと願うなら、
     耳に痛い諫言であっても
     気持ちよく耳を傾けながら、
     きびしく自分を律しなければならない。
     また、大きな権限を与えられていながら、
     自分のわがまま勝手は極力制御しなければならない。

    ・緊張感を持つこと。
     天下が安定に向かっているときこそ、
     最も慎重にしなければならない。
     そのときになって、
     やれ安心と気持ちをゆるめれば、
     かならず国を滅ぼすことになる。

    ・君主たる者は、何よりもまず、
     人民の生活安定を心がけなければならない。
     人民を搾取して贅沢な生活にふけるのは、
     あたかも自分の足の肉を切り取って食らうようなものである。
     満腹したときには体のほうが参ってしまう。

    ・天下の安泰を願うなら、
     まず、自らの姿勢を正す必要がある。
     いまだかつて、体がまっすぐ立っているのに
     影が曲がって映り、
     君主が立派な政治をとっているのに
     人民がでたらめであったという話は
     聞かない。

    ・どんなに有能なトップでも、
     切れる軍師に恵まれなければ、
     大きな仕事をなしとげることは
     できない。
     また、せっかく立派な軍師に恵まれても、
     それを使いこなせなかったら、なんにもならない。

    ・迫りくる危険を未然に察知し、
     無理なく、自然に、しかもさりげなく危険の芽を
     つみ取ってしまう、それが真の意味の知謀である。

    ・安定しているものは維持しやすく、
     こじれていない問題は解決しやすい。
     脆弱なものは壊れやすく、
     微量なものは分散しやすい。
     それゆえ、こじれる前に処理し、
     乱れる前に収拾することが肝心だ。

    ・小さな悪だからといって、
     けっして行ってはならない。
     小さな善だからといって、
     けっして怠ってはならない。
     賢と徳、この二字が
     人を動かすのである。

    ・力で相手を従わせるのは、
     心から従わせることには
     ならない。
     相手はただ対抗できないから
     従っているだけだ。
     これに対し、徳で従わせるのは、
     心から喜んで従わせることになる。

    ・才能のあるなしは
     ほとんど先天的に決定されてしまうが、
     徳というのは後天的な努力で
     身につけることができる。

    ・自分の名誉を大切に思うなら、
     まず他人の名誉を重んずる。
     自分が自由でありたければ、
     まず他人の自由を重んずる。
     こうして自分をつねに
     他人の立場に置いてみること。

    ・立派な指導者ほど、
     つとめて謙虚でありたいと心がけ、
     自覚的な努力を怠らない。

    ・リーダーに必要とされるのは、
     後ろへ退く勇気である。
     状況が不利だ、勝算が立たないと
     見きわめたときは、
     ためらわずに撤退の決断をくだせる、
     それがリーダーに望まれる勇気だ。


    国を治める者だけでなく、
    現代のビジネスにも
    活かせる英知が詰まっています。

    自らを磨き、
    優れた指導者を目指す方に
    読んで頂きたい
    おすすめの一冊です。

    テーマ:ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル:本・雑誌

    このページのトップへ
    リーダーシップからフォロワーシップへ
    カリスマリーダー不要の組織づくりとは
    中竹竜二 (著)

    リーダーシップからフォロワーシップへ カリスマリーダー不要の組織づくりとはリーダーシップからフォロワーシップへ カリスマリーダー不要の組織づくりとは
    中竹竜二

    阪急コミュニケーションズ 2009-01-30
    売り上げランキング : 10990
    おすすめ平均

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools


    著者は早稲田大学ラグビー部の
    監督としてチームを
    優勝へと導いた人物です。

    「日本一オーラのない監督」という
    キャッチフレーズで知られる
    著者によるリーダーとしての考え方が
    述べれらています。

    内容の一部をご紹介します。
    ・これからの理想のリーダーの条件は
     「どんな状況でもブレないこと」だ。

    ・良いリーダーの条件は、
     コミュニケーション能力や
     コーチングテクニック、
     ファシリテーション能力、
     カリスマのノウハウといった
     個別の「スキル」を身につけることではなく、
     つけることではなく、
     身の上に応じた言動・態度を貫くことだ。

    ・自分のスタイルを確立するためには、
     冷静な自己分析を行い、
     自己認識を的確にしなければならない。
     
    ・期待に応えないこと。
     自分で無理だと分かっていること、
     自分のスタイルには
     添わないものに対しては、
     最初から期待に応えない。
     それは、結局は期待を裏切らないことになる。

    ・他人に期待しないこと。
     他人に過度な期待をすると、
     がっかりしたり、
     怒りを覚えたりしてしまう。

    ・自分はどういう人間であるかを
     認識することは、
     自分がどのようなスタイルを確立するかを
     決定するための大きな要素である。

    ・人間は人との出会いや経験の中で、
     嗜好が変わっていくものである。
     自分自身が当たり前と思っている考えも、
     定期的にチェックしよう。

    ・できないことはやらないこと。
     能力的に無理なこと、
     性格的に合わないこと、
     本能的に避けたいことは、
     スタイルからそぎ落とした方がいい。
     身体が欲していること。
     好きなこと、ワクワクすることを
     まず優先的にスタイルに
     組み込むことが大切だ。

    ・スタイルというのは
     点でなく線であるため、
     時間が必要で、
     一日や一週間では
     確立されない。
     焦らずじっくりスタイルを
     作っていけばいい。
     
    ・スキルが全くなければ
     スタイルはできない。
     スキルばかり盲目的に集めてもダメだが、
     基礎となるスキルが全くなければ
     話にならない。
     スタイル構築に悩んでいるくらいなら、
     どんどん点を身につけていった方が、
     自分のスタイルの幅を広げる
     チャンスが生まれる。


    一般的によく知られている
    リーダーシップ論とは
    一味違う内容が述べられています。

    部下を育てたい
    経営者やマネージャーはもとより、
    自分の持ち味を活かしていきたい、
    ビジネスマンにもおすすめの一冊です。
    このページのトップへ

    FC2Ad

    Information

    イリ
    • Author: イリ
    • 元書店員。
      ビジネス書を中心に様々な書籍を
      ご紹介します。

    Search

     

    フリーエリア

    Recobot by Amatellus

    最近の記事

    カテゴリー

    最近のコメント

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    このブログをリンクに追加する