ビジネス良書選

    おすすめの本を紹介するブログです。 好奇心を刺激する良書情報を提供します。

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    このページのトップへ
    誰とでも15分以上会話がとぎれない!
    話し方 66のルール

    野口 敏 (著)
    価格: ¥ 1,470

    誰とでも 15分以上 会話がとぎれない!話し方 66のルール誰とでも 15分以上 会話がとぎれない!話し方 66のルール
    野口 敏

    すばる舎 2009-07-21
    売り上げランキング : 470

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools


    ちょっとした会話を
    自然にはずませるための
    会話の基本が
    書かれた本です。

    内容の一部をご紹介します。
    ・人は話しているとき、
     相手の反応を求めている。
     話している相手の感情が
     「プラス」か「マイナス」かを察知して
     「うわー」「きつい」「すごい」などと、
     とにかく反応してあげよう。

    ・会話中の相手との間に
     沈黙が訪れてもドギマギしないこと。
     5秒ぐらい、次の言葉を待ってみよう。

    ・「大変ですね」「よかったですね」は原則禁止。
     それ以外の「返事のフレーズ」を複数持とう。
     
    ・「大変ですね」「よかったですね」のかわりに
     「しんどいですね」「楽しみですね」
     「さすがですね」「幸せですね」
     「期待できますね」のような、
     共感の言葉を増やしていこう。

    ・会話がどぎれても、自分を責めないこと。
     リラックスして、表情や視線で相手に
     「大丈夫です」というメッセージを送ろう。

    ・「ムッとくることもあるでしょう」などと、
     ネガティブな感情も聞いてあげよう。
     多くの人はネガティブな気持ちを
     グッとこらえて暮らしている。
     
     ・「嫌になることもあるでしょう」
     「投げ出したくなることもあるでしょう」
     こんな風に問いかけられると、
     相手はたまった気持ちを吐き出せて
     スッキリすることができる。

    ・いきなり「…ですか?」などと畳みかけず、
     「…なのでしょうね」と柔らかく聞こう。
     この言い回しをマスターすれば、
     相手をとまどわせたり、
     ギョッとさせたりすることが少なくなる。

    ・ねぎらいの言葉をかけてあげよう。
     「暑かったでしょう」
     「ここまで遠かったでしょう」
     「お時間かかったでしょう」
     などとひと言そえると、
     相手の気持ちが和らぐ。

    ・「話しかけにくい人」とは、
     「自分に反応がよくない人」とイコールだ。
     反応があまり返ってこなければ、
     それ以上、会話を続けようとしなくていい。
     少しでも会話が続いたら、
     深追いせずに切り上げて、
     日をおいて少しずつ距離を縮めていこう。

    ・恋人や友達をつくりたいなら、
     自分からメールなどで
     連絡をしてみよう。
     感謝やねぎらいのことばを
     伝えると良い。


    職場やご近所付き合いに
    すぐに使えるフレーズが
    たくさん紹介されています。

    人付き合いをより
    円滑にしたい方に
    参考になる一冊です。
    スポンサーサイト

    テーマ:ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル:本・雑誌

    このページのトップへ
    クレーム・パワハラ・理不尽な要求を
    必ず黙らせる切り返し話術55の鉄則
    神岡 真司 (著)
    価格: ¥ 1,260
    クレーム・パワハラ・理不尽な要求を必ず黙らせる切り返し話術55の鉄則―「あなたの心と立場を守る!」クレーム・パワハラ・理不尽な要求を必ず黙らせる切り返し話術55の鉄則―「あなたの心と立場を守る!」
    神岡 真司

    TAC出版 2010-03-04
    売り上げランキング : 34529
    おすすめ平均

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools



    クレーマーをはじめとした、
    厄介な人への
    とっさの対応策が
    まとめられた本です。

    悪質なクレーマーに限らず、
    日常生活や職場で出会う、
    毒のある言葉や態度についての、
    適切な対処も書かれており、
    非常に実践的な内容です。

    内容の一部をご紹介します。

    ・イヤな奴から毒のある言葉を
     投げかけられて、
     体中に緊張感がみなぎりはじめたら、
     全身を脱力させること。
     数をゆっくり数えながら深呼吸して、
     手のひらの汗を拭いて開き、
     目を細めよう。

    ・毒のある言葉で攻撃されたら、
    冷静に相手を
     じっくり観察しよう。
     不思議な生きものでも
     眺めるように観察していると、
     相手の毒のある言葉に
     引きずられることがなく、
     自分の心にバリアが築け、
     不快な気分に陥らずにすむ。

    ・自分の感情や考え方に率直で
     あるけれども、
     他人の感情や考え方にも
     理解を示せる、
     理性的な大人の心を持ったタイプである、
     「アサーティブな人格」を目指そう。

    ・真面目で誠実、正直な人ほど、
     困った人の餌食になりやすい。
     真面目に、緊張して、
     全力で立ち向かわなければ、
     という思いは捨ててしまおう。

    ・相手の態度や言動に無意識に
     同調するペーシング(同調行動)を
     意識的にやめてしまおう。

    ・冷静で落ち着いた態度で接し、
     こちらの冷静な態度に
     相手のペーシングを向かわせよう。

    ・「ほめ」には、相手の神経を
     弛緩させる麻酔のような
     効果がある。
     「ほめ」を活用して、
     相手の攻撃をトーンダウンさせよう。

    ・相手に肯定的なレッテルを貼り、
     あなたはこのような人だから
     とてもグッドですよ、
     などというメッセージを送ろう。
     褒められた相手は、
     無意識にそういう人になろうと
     務めるようになる。

    ・意地悪な質問には、
     「ふうーん!そーお!なーるほどね」
     と大袈裟な相槌で
     相手の頭を混乱させ、
     肩すかしを喰らわせて、
     攻撃を中止させよう。

    ・言わずもがなの説教には
     「それが何か?」「だから何?」「それで?」
     の開き直り質問で釘を刺そう。

    ・不快な言葉を投げつけられたら、
     それをそのまま機械的に
     なぞって繰り返そう。
     すると相手は居心地が悪い気分なり、
     言葉を続けられなくなる。

    ・反論する場合は、
     「私も賛成です」と
     相手の思いをいったん受け止めて、
     「ただ、こういうことも考えられます」
     と付け加えると
     風向きが穏当になる。

    ・クレーム対応の
     タライ回しは組織にとって
     命取りになる。
     窓口の一元化を図ることが、
     クレームのダメージ拡大を防ぐ。

    ・悪質なクレーマーには
     一人で気負って対応してはいけない。
     組織で連携し、
     複数人で対応すること。


    上手な切り返しで、
    理不尽な攻撃から
    心と体を守っていくための
    テクニックが満載です。

    クレーム対応や接客業の方はもとより、
    社会で働くすべての方に
    役立つ一冊です。 このページのトップへ
    ことばのゲリラ反撃術
    ゆうき ゆう (著)
    価格:¥1,470(税込)

    ことばのゲリラ反撃術―やられっぱなしで終わらせない!ことばのゲリラ反撃術―やられっぱなしで終わらせない!
    ゆうき ゆう

    すばる舎 2008-03
    売り上げランキング : 32875
    おすすめ平均

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools



    人から発せられた
    言葉の攻撃に対しての
    防御術が書かれた本。

    人間関係にしこりを残さない、
    適度な対処法が
    具体的に解りやすく
    紹介されています。

    内容の一部をご紹介します。
    ・「いい人」を演じ続けたとしても、
     それは長所として評価されない。
     周囲から不当な扱いを受けることなく、
     幸せな毎日を送っていくためには、
     ある程度の抵抗は必要だ。

    ・自分からは決して裏切らない。
     ただ、相手に悪口を言われたなら、
     あなたも一度だけやり返す。
     でもそれ以上はやり返さない。
     それがリスク最小の反撃術の基本ルール。

    ・あなたを不当に攻撃してくる
     相手の言葉に素直に
     耳を貸してはならない。
     何を言われても、
     「それは、あなたの主観でしょ?」
     ぐらいに考えること。

    ・「相手が優れた部分」だけを見て、
     あなた全部が負けているなんて
     思わなくてもいい。
     気持ちがのまれそうになったときは、
     とにかく小さな「勝ち」を
     見つけること。
     
    ・もしヒドイ言葉を投げかけられたら、
     「どういう意味ですか?」と
     聞いてしまおう。

    ・「そんなこと知らないの?」
     言われた場合は、
     「教えて!」と言ってしまおう。
     「知ってる」「知らない」という
     二者択一から、
     「教えてほしい」というお願いに
     話題をシフトさせることがポイント。

    ・言い合いが終わった後には、
     「言い過ぎてごめんね」という言葉を、
     伝えておくこと。
     どんなに良い薬でも、
     いつまでも口に苦みが残っていたら、
     つい気分が悪くなって
     吐き出したくなってしまうものだ。

    ・相手のいい面や
     悪い面の目につく部分は、
     自分の気分の状態によって左右される。
     相手を変えようとするのではなく、
     「自分自身の気持ち」を
     リラックスさせようとすることが大切。


    思わずクスリと
    笑ってしまうような
    ユーモアが混じった
    非常に読みやすい文章です。

    人間関係のストレスを
    軽減したい方におすすめの
    実用的な一冊です。

    人気blogランキングへ ←クリックありがとうございます。


    ことばのゲリラ反撃術―やられっぱなしで終わらせない!
    ことばのゲリラ反撃術―やられっぱなしで終わらせない!

    テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

    このページのトップへ
    なぜ、占い師は信用されるのか?
    石井 裕之(著)
    価格:¥1,365(税込)
    なぜ、占い師は信用されるのか? 「コールドリーディング」のすべてなぜ、占い師は信用されるのか? 「コールドリーディング」のすべて
    石井 裕之

    フォレスト出版 2005-10-12
    売り上げランキング : 2914
    おすすめ平均

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools


    会話や心理テクニックを使って「信頼関係」をつくる
    コミュニケーション術を紹介した本。

    「仕事」や「プライベート」で
    使える実践的なテクニックが解説されています。

    内容の一部をご紹介します。
    ・「NO」と言われない頼み方。
     Aをすることは、お願いするまでもなく、
     もう決まっているという前提に立つ。
     その上で、Aの具体的な仕方について
     いくつか選択肢を提示する。

    例、「食事しようか、それとも飲みにいく?」
      「でも、時間がないから」
      「じゃあ、お茶だけで軽くいこう」
      「うん、お茶くらいなら」

    ・打ち解けたい人に会ったら、
     まず、自分の両手がグ~っと伸びて、
     その人の両肩に触れる様子をできるだけリアルに想像する。
     そうすると、心を開くことができ、
     相手も心を開いてくれる。

    ・自分が話していることを自分自身が
     信じているかどうかが大切だ。
     思っていないことを言っても、
     相手は簡単に見抜いてしまう。

    ・「だいぶ寒くなってきましたね」
     などと肯定的な反応するであろう会話を積み上げると、
     相手の中にあなたの言葉を常に肯定的に受けとろうという
     水路ができあがる。
     そうすると、あなたの商品の悪いところよりも、
     「いいところ」に目がいくようになる。

    ・相手のニーズを聞き出すコツは、
     「問題はありますか?」と聞くのではなく、
     逆に、「どうしてこんなに素晴らしいのですか?」と聞くこと。
     そうすると「いや、素晴らしいどころか、
    いろいろ問題があるんだよ」
     と、話し出してくれる。

    ・カバンをさげていない側から話しかけた方が
     警戒なく心を開いてもらえる。

    ・「But」には、その前にくるフレーズの力を弱め、
     その次にくるフレーズを強める働きがある。
     さりげなく断るときには「But」を使うといい。

    例、「悪いけど、今日の会議、代わりに出てもらえないかな」
      「分かりました。でも、(But)、
       まずこれを終わらせちゃいますよ」
      「…ああ、忙しそうだねえ。じゃあ、別の人に頼むからいいや」
     
    ・メールを書くときは、
     相手のメールのスタイルをそのまま真似して書けばいい。

     
    どのようにして占い師、霊能者、教祖などが、
    人の心を掴むのかが、
    明らかにされており、
    読み物としても楽しめます。

    人間関係をスムーズにしたい方に
    おすすめの一冊です。

    人気blogランキングへ ←クリックありがとうございます。

    なぜ、占い師は信用されるのか? 「コールドリーディング」のすべて
    なぜ、占い師は信用されるのか? 「コールドリーディング」のすべて
    このページのトップへ
    小心者でもサラリとかわせる
    「断る」心理テクニック

    内藤 誼人 (著)
    価格:¥1,365(税込)
    小心者でもサラリとかわせる「断る」心理テクニック小心者でもサラリとかわせる「断る」心理テクニック
    内藤 誼人

    ゴマブックス 2006-03-22
    売り上げランキング : 72895
    おすすめ平均

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools


    「断る」ということを中心に
    人間関係を円滑にするための、
    心理テクニックが集められている本。

    内容の一部をご紹介します。
    ・人には「誰かに話しかけてもらいたいな」という欲求があるので、
     話しかける人は好かれる。
     大事なのは自分から話しかけること。
     
    ・好かれる人のそばにいて、好かれる行為を真似しよう。
     すると自然と好かれる人の立ち居振る舞いが自分のものになる。

    ・口調、声のトーン、しゃべるペースや身振り手振り、
     性格などを相手に合わせていくと、
     心理的な距離感がぐっと縮まるので、
     断る場合も受け入れられやすくなる。

    ・嫌なことを断る時は、間髪をいれずに断ろう。
     無意味な間をおかず、相手の言葉にかぶせるくらいの勢いで
     断ってしまうといい。
     相手が言い終わらないうちに断るほうが、
     傷口が広がらないですむ。

    ・とにかく誰とでも、一度は会うクセをつけよう。
      実際に会ってみなければその人のことはわからない。

    ・謝る時のコツは、相手の目を見ないで謝ること。
     人は目を合わせるとかえって怒りが倍増されるものだ。
     
    ・言いたくない質問が飛んできた時は、
     「私の方が聞いてみたいですよ。最近どうなんですか?」
     などとことちらから聞き返して、
    相手が話すように仕向けてしまおう。
     そういった質問を投げかけてくる場合、
     投げかけた本人が話したい話題であることが多い。

    ・結婚生活は同棲期間をおいたほうが長続きする。

    ・要求がエスカレートする恋人には、
     こちらからも注文をつけてしまおう。
     例:「ねえ、今度旅行につれていってよ」
       「いいよ、じゃあ、代わりに部屋の掃除してくれる?」


    職場で嫌われないように相手をかわすコツや、
    男女関係の上手な別れ方まで、
    さまざまな場面で使えるテクニックが紹介されています。

    どうしてこのような受け答えが効果的なのかという、
    解説が解りやすく書かれており、
    読み物としても楽しめます。

    断るのが苦手で
    ストレスを感じてしまうという方に
    おすすめの一冊です。

    人気blogランキングへ ←クリックありがとうございます。

    このページのトップへ
    コールセンター指導のプロが教える
    魔法のビジネス電話
    トレーニングブック

    浦野 啓子 (著)
    価格:¥1,575(税込)
    コールセンター指導のプロが教える魔法のビジネス電話トレーニングブックコールセンター指導のプロが教える魔法のビジネス電話トレーニングブック
    浦野 啓子

    明日香出版社 2005-05
    売り上げランキング : 34723
    おすすめ平均

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools
    ビジネスの場での電話対応について
    書かれている本です。

    発声練習から聞き上手になるコツ、
    電話対応でイラついたときの上手な気分転換の仕方など、
    実社会で役立つ情報が詰まっています。

    内容の一部をご紹介します。
    ・電話で元気な声を出すためには、
     自分のテンションを高めなくてはならない。
     「好きな人の写真」を眺めることが、
     手っ取り早くテンションを上げるツールとしておすすめ。

    ・日ごろから早口言葉を練習しておくと、
     いざというとき緊張してしまっても、
     言いたいことがきちんと言葉にできるようになる。

    ・怒っている人の気持ちをなだめるには、
     まずはすぐに謝ること。
     そして、胸のうちをすべて吐き出してもらうことが得策。

    ・相手が話した内容の中からトピックをみつけて、
     さりげなく質問をしてあげよう。

    ・「質問、相づち、相づち、相づち、質問、相づち、相づち、質問」
     くらいに織り交ぜると言葉のキャッチボールがうまくいく。

    ・ストレスがたまったら、
     サンドバックを叩いたり、
     階段を気が済むまで往復するなど、
     体を動かすことがおすすめ。

    ・らくがきノートを作って、
     お客様から言われた嫌な言葉や、
     それにいらだっている自分を気持ちを正直に
     書き出すと、気持ちの整理ができる。


    トレーニングCDが付いているので
    活字だけでは理解しにくい
    発声練習や、感じの良い話し方を
    実際に聴いて身につけることができます。

    接客業の方や、
    仕事で電話をよく使う方に
    特におすすめしたい一冊です。

    人気blogランキングへ ←クリックありがとうございます。 このページのトップへ

    FC2Ad

    Information

    イリ
    • Author: イリ
    • 元書店員。
      ビジネス書を中心に様々な書籍を
      ご紹介します。

    Search

     

    フリーエリア

    Recobot by Amatellus

    最近の記事

    カテゴリー

    最近のコメント

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。