ビジネス良書選

    おすすめの本を紹介するブログです。 好奇心を刺激する良書情報を提供します。

    クリエイティブ資本論
    リチャード・フロリダ (著), 井口 典夫 (翻訳)
    価格: ¥ 2,940

    クリエイティブ資本論―新たな経済階級の台頭クリエイティブ資本論―新たな経済階級の台頭
    井口 典夫

    ダイヤモンド社 2008-02-29
    売り上げランキング : 73043
    おすすめ平均

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools


    クリエイティブ・クラスと呼ばれる
    まったく新しいタイプの労働者と
    それにともなう社会の変化
    について書かれた本です。

    クリエイティブ・クラスとは、
    新しいアイデアや技術、
    コンテンツの創造によって、
    経済を成長させる機能を
    担う知識労働者層を指します。

    内容の一部をご紹介します。
    ・膨大な数の人々を
     機械的な仕事に閉じ込めておくことは、
     人間の能力を恐ろしく
     無駄にしていることになる。

    ・本当に必要なのは、
     多くの人を
     クリエイティブな仕事に
     引き込むことであり、
     クリエイティブな能力を活用する
     多くの市場や機会を創出することである。

    ・最も成功している地域、都市は、
     あらゆる種類の人を受け入れている。

    ・人間の歴史の大半において、
     富は肥沃な土地や原材料など、
     その場所の天然資源の恵みによって
     もたらされた。
     しかし今日の重要な資源は
     クリエイティブな人材である。
     この資源を呼び込み育成し、
     動かす能力が、
     競争力の重要な側面となっている。

    ・管理好きな指導者や
     細かすぎる管理機構、
     より一般的な社会的な統制や
     上意下達的な権力構造は、
     クリエイティブなエネルギーを抑圧し、
     頓挫させてしまう。

    ・クリエイティビティには
     強い関心だけでなく自信も必要である。
     他人からの批判を気にせず、
     新奇な発想を追究したり、
     間違いを犯すには自尊心が必要である。

    ・多様な経験や豊かな視点を持つ知識は、
     クリエイティビティを好む。
     
    ・さまざまな形態クリエイティビティを
     実践する人間は、
     歴史を通じて豊かで
     多面的でクリエイティブな拠点に集まり、
     活力を得る傾向にある。

    ・クリエイティビティは独自の社会環境において
     大きく花開く。
     十分に安定していて努力を継続でき、
     かつ多様性に富み、
     破壊的な活動にも寛容な環境である。

    ・クリエイティブ・クラスは
     個性や自己表現を強く好む。
     組織や制度の命令に従うことを好まず、
     因習的な集団志向の規範を受け入れない。

    ・クリエイティブ・クラスは、
     自分たちのクリエイティビティを
     つくり上げる努力をしており、
     アイデンティティを
     複数あわせ持つこともありうる。

    ・現代社会では家庭や職場といった
     「第一、第二の場所」ではなく、
     あまりしがらみのない知り合いを
     つくることができる
     「第三の場所」が重要になってきている。


    これからの時代に
    繁栄するためのヒントとなる
    情報があふれています。

    地域活性化に取り組む方はもとより、
    新たな流れを捉えたい、
    企業家の方にもおすすめの一冊です。 このページのトップへ
    冒険投資家ジム・ロジャーズ世界大発見
    ジム ロジャーズ (著)
    価格: ¥ 880 (税込)

    冒険投資家ジム・ロジャーズ世界大発見 (日経ビジネス人文庫)冒険投資家ジム・ロジャーズ世界大発見 (日経ビジネス人文庫)
    Jim Rogers 林 康史 望月 衛

    日本経済新聞社 2006-01
    売り上げランキング : 960
    おすすめ平均

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools


    成功したアメリカの投資家
    ジム・ロジャーズが書いた、
    世界旅行記です。

    飛行機などで観光地をめぐる
    お手軽な旅行ではなく
    車で国境を越え、
    生の現地を見てきた旅の様子が
    投資家独自の視点が記されています。

    内容の一部をご紹介します。
    ・その国のことを知りたければ、
     売笑婦や闇屋と話するほうが、
     閣僚と話すよりも
     ずっと多くを学べる。

    ・日本は手厚く保護された社会の中で、
     敗戦直後の世代が持っていた
     活力と精神をなくしてしまった。

    ・日経平均株価指数は
     私が今後10年、20年にわたって
     お金を投資しておきたいところではない。
     日本に吹いているのは
     逆風であって、
     追い風ではない。

    ・ほとんどの飢餓は
     食糧不足ではなく
     政府の落ち度で起こされる。

    ・成功した投資家のやり方というのは、
     ふだんは何もしないことだ。
     向こうの角にお金が転がっているのが見え、
     そこに行って拾えばいいだけ
     ということがない限り。

    ・投資とは、
     見えるか、見つけるか、
     出くわすか、調べて掘り起こすかして、
     何か確かだと思えるもの、
     何か大してリスクがないと
     わかるものが得られるまでは
     じっと待つことだ。
     
    ・通りに血が流れているとき、
     パニックや混乱のとき、
     市場が悲嘆に満ちているときに買い、
     「まだ早すぎる頃に」売ること。
     熱狂が頂点に達するまで待ってはならない。


    読み進めるたびに
    著者の歴史への趣の深さと
    観察眼と分析力の鋭さが感じられ、
    非常に説得力のある内容です。
     
    旅の気分が味わえ、
    歴史と経済を学ぶことができる
    お得な一冊です。

    人気blogランキングへ ←クリックありがとうございます。

    テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

    このページのトップへ
    リアル・リーダーシップ
    ピーター・ジョージェスク(著)
    デイヴィッド・ドーシー (著)
    伊藤 綺 (翻訳)
    価格:¥2,100(税込)
    リアル・リーダーシップ―成功のための五原則リアル・リーダーシップ―成功のための五原則
    ピーター・ジョージェスク デイヴィッド・ドーシー 伊藤 綺

    中央公論新社 2007-05
    売り上げランキング : 95013
    おすすめ平均

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools
    これからの時代、成功し続けるための
    リーダーシップについて書かれた本です。

    著者の過酷な少年時代の体験と
    広告業界での豊富な経験によって得られた
    人生哲学には重みが感じられます。

    内容の一部をご紹介します。
    ・製品が不足する世の中は去り、
     恒久的に供給過剰の世の中になった。

    ・「正直で善良な人間は報われる」
     この古くからある教訓こそが、
     新しいビジネス界に必要とされている。

    ・新しいひらめきを得るには、
     まず問題に没頭する必要がある。
     まぎれもない現実にどっぷりと浸かり、
     現状を理解しよう。
     現状を理解して初めて、
     新しい何かを理解することができる。

    ・創造性の高まりを感じたときは、
     たとえそれが思いがけない方向であっても、
     導かれるままについていこう。

    ・偉大な洞察というのは決まって、
     熱心な努力、リラクゼーションというパターンをたどったあと、
     思ってもみなかった瞬間に突然ひらめくものだ。
     臆することなくばかげた質問をし、
     進んで何度も失敗しよう。
     しかし、けっしてあきらめないことだ。

    ・偉大なリーダーシップは、
     従業員が優れた働き手になるだけでなく、
     優れた人間にもなれるような組織を作り出すことに専念する。

    ・従業員が優れたリーダーシップのもので、
    「この会社以外では働きたくない」と思えば、
     顧客もまた「この会社以外からは買いたくない」
     と思うようになる。

    ・優れたリーダーシップはつねに優秀な人材を雇い、
     自分よりも優れた社員を根気強く探す必要がある。
     
    ・ブランドを差別化し、
     個々の顧客にとって適切なものにする唯一の方法は、
     顧客について知ることだ。

    ・ビジネスは顧客のニーズを満たすために存在する。
     利益はきわめて重要な副産物ではあるが、
     ビジネスの動機ではない。
     ビジネスの動機とは、顧客を大切にすることだ。

    ・感銘を与えるリーダーになるためには、
     どんな状況でも、誰に対しても、
     正真正銘の自分であることができるようになればいい。

    ・ビジネスのゲームは、
     競争相手の敗北ではなく、
     顧客の満足を得られるかで勝負が決まる。
     

    単なるノウハウではなく、
    人間として成長するための
    生き方を教えてくれます。

    特に経営者の方や、
    これからビジネスを起こそうとお考えの方に
    おすすめの一冊です。

    人気blogランキングへ ←クリックありがとうございます。

    リアル・リーダーシップ―成功のための五原則
    リアル・リーダーシップ―成功のための五原則
    このページのトップへ
    カリスマ受験講師細野真宏の
    経済のニュースがよくわかる本
    日本経済編
    細野 真宏 (著)
    価格: ¥1,575(税込)

    経済のしくみを解りやすく
    説明した本。

    基礎的なところから教えてくれるので、
    予備知識が全くなくても
    挫折せずに読みきることができます。

    読み進めるうちに、
    知らず知らずレベルが上がっていき、
    最後には経済ニュースが楽しくなるまでの
    深い認識が得られます。

    内容の一部をご紹介します。
    ・日本の景気が悪いときには 円安に進む(可能性が高い)。
     日本の景気が良いときには 円高に進む(可能性が高い)。

    ・景気が悪いときには金利は下がる方向に進む。
     逆に、景気が良いときには金利は上がる方向に進む。

    ・「国債の値段」と「国債の利回り」は逆の関係にあり、
     国債の値段がれば国債の利回りは上がる。
     また、同様に
     国債の値段ががれば国債の利回りがる。


    単に「こうなったら、こうなる」という結果だけでなく、
    「なぜ、そうなるのか?」というしくみを
    丁寧に説明してくれているのが、特徴です。

    一般的にとっつきにくいイメージがある経済の知識が
    おもしろいほど頭に入ります。

    経済のしくみについて、
    基礎からしっかり学びたい方は
    まず押さえておきたい入門書です。
    人気blogランキングへ ←クリックありがとうございます。
    カリスマ受験講師細野真宏の経済のニュースがよくわかる本 日本経済編カリスマ受験講師細野真宏の経済のニュースがよくわかる本 日本経済編
    細野 真宏

    小学館 2003-01
    売り上げランキング : 360
    おすすめ平均

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools

    このページのトップへ
    使える 弁証法
    田坂 広志 (著)
    価格: ¥1,575 (税込)

    哲学者ヘーゲルの思想を利用することによって、
    世の中の変化の本質を捉える
    考え方が書かれている本です。

    この本は一見、難しい印象のタイトルですが、、
    難解でとっつきにくい内容ではありません。

    具体例を交えた解かりやすい説明がされているので、
    スイスイと読みすすめることができます。

    内容の一部をご紹介します。
    ・世の中のすべての物事の進歩や発展は、
     右肩上がりに一直線に進歩、発展していくのではない。
     あたかも螺旋を登るように進歩、発展していく。

    ・社会や市場や企業が「進化」するとき、
     「便利になった懐かしいものが、復活してくる」
     という現象が起きる。

    ・現実の世の中に存在したものには、
     必ず「意味」がある。

    ・世の中の「トレンド」には、
     必ずどこかで、反対方向への「リバウンド」が起こる。

    ・これからに時代は、
     過去と比べ世の中の変化が激しく、
     主戦場の移行が極めて速くなる。

    ・「量」が増大し、一定の水準を超えると
     「質」の変化が起きる。


    非常に壮大で奥深い内容です。

    世の中の変化の本質を
    大きく捉えたい方に
    おすすめの一冊です。

    人気blogランキングへ ←クリックありがとうございます。
    使える 弁証法使える 弁証法
    田坂 広志

    東洋経済新報社 2005-11-25
    売り上げランキング :

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools
    このページのトップへ
    下がり続ける時代の不動産の鉄則
    幸田 昌則 (著)
    価格:¥1,470(税込)

    不動産の歴史や現在の社会の状況から
    これからの不動産の傾向を分析した本です。

    内容の一部を紹介します。
    ・超低金利は「買いどき」ではない。「売りどき」である。
     
    ・不動産は金利が高くなり、不動産価格が下落し始めたときに、
     手元の「自己資金」で購入すればと安く取得できる。

    ・日本では不動産が余っている。

    ・収益を生まない、利用価値のない不動産は換金できなくなっている。
     利用していない、利用する予定のない不動産があれば、
     早めに換金しておくことを薦める。

    ・これからは利用価値が高く収益を生む不動産を
     厳選して保有する考え方が必要になってくる。


    不動産で失敗しないためには、
    不動産の「物件情報」を持っているだけでなく、
    長期的視点で社会、経済、市況の流れを読みとり、
    判断することが大切だということを教えてくれます。

    自分の資産をどのように組み替え、
    守っていくのかを考えるヒントになります。

    人気blogランキングへ ←クリックありがとうございます。
    4532310687下がり続ける時代の不動産の鉄則
    幸田 昌則

    日本経済新聞社 2003-08
    売り上げランキング : 120,394
    おすすめ平均

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools
    このページのトップへ

    FC2Ad

    Information

    イリ
    • Author: イリ
    • 元書店員。
      ビジネス書を中心に様々な書籍を
      ご紹介します。

    Search

     

    フリーエリア

    Recobot by Amatellus

    最近の記事

    カテゴリー

    最近のコメント

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    このブログをリンクに追加する