ビジネス良書選

おすすめの本を紹介するブログです。 好奇心を刺激する良書情報を提供します。

王様の速読術

短時間で良質な情報を捕らえる
速読法が紹介されている本。

目の動かし方の訓練をすることなく、
好きな本を読みながら実行できます。

内容の一部をご紹介します。

・どんな本でも、一律「最初は30分で読む」
 と決めてしまうこと。

・速読の仕方
1.読み始める前に
 「私はこの本からこういう情報を得たい。
 そのためにはどこを読めばいいのだろうか。
 どこに力を入れて読むべきか。」を認識しておく。

2.見開きを二秒でパッパと眺めていく。

3.鳥のように高いところから本を見ていく。
  キーワードが出てくるところ、
 「ここは大事だぞ」と思った箇所は、
  速度を落としてきちんと読む。

4.いい情報を得たら、
  できるだけすばやくアウトプットすること。


普通の読み方の20%の時間で
内容の80%をつかむことができる読書術です。

特に読まなければならない本が
たくさんある方におすすめの一冊です。

人気blogランキングへ ←クリックありがとうございます。
王様の速読術 王様の速読術
斉藤 英治 (2006/05/12)
ダイヤモンド社
この商品の詳細を見る
このページのトップへ
図解!
あなたもいままでの10倍速く本が読める

フォトリーディング公認インストラクターズ (著), 神田 昌典 (監修)
価格:¥1,050(税込)

フォトリーディングという速読方法をわかりやすく説明した本です。
難しい理論もなく、すぐ読めます。

フォトリーディングのやり方を簡単にまとめてみました。
1.読む前に「なぜ読むのか?」という「目的」を明確する
2.読むのに適した精神状態になるよう自己暗示をかける

3.本全体の内容を写し取るようにざっと見る
4.「自分は速読ができた」と自分に言い聞かす

5.キーワードを探しながら、流れるように読む
 キーワードは書き取ったり、マインドマップでまとめたりする。

6.数分から一晩おいて、頭の中を整理させる。

7.再び流れるように読む。
 ただし、キーワードなど重要箇所はゆっくり読む。


フォトリーディングの基本的な方法は
以前紹介した最強の速読術―ビジネスマン、受験生のための絶対ノウハウ
に載っていたギネスブック速読方法とよく似ていました。

しかし、本に直接線を引かなくてもできるので、
借り物の本でもできるのでかなり便利です。

私はこの本を読んでフォトリーディングをさっそく試しました。
まだこの方法を完全にマスターしたとは言いがたいのですが、
確かに分厚い本も短い時間で要点をとらえ、理解することができました。

人気blogランキングへ ←クリックしてくれた方、ありがとうごさいました。
4894511959図解! あなたもいままでの10倍速く本が読める
フォトリーディング公認インストラクターズ 神田 昌典

フォレスト出版 2005-05-24
売り上げランキング : 284
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
このページのトップへ
最強の速読術
―ビジネスマン、受験生のための絶対ノウハウ
斉藤 英治 (著)
価格: ¥700 (税込)

ギネスブックになった速読法の紹介や
具体的なトレーニング方法をのせた本です。

そのギネスになった速読術を簡単にまとめてみると、
1、読みたい本を用意し、1冊10分程度の速さでざっと読む。
 その際、重要箇所をマーキングする。
2、マーキングした箇所を理解できるスピードで読む。
3、マークしたところをさらにゆっくりしたペースで
 じっくり読む。

ということが書かれています。

少々理論的な説明が長すぎる面もありますが、
実生活に生かす方法もしっかり書かれています。

本書のトレーニング方法は怪しげなものでもなく、
タイマーがあればすぐにできるものです。

私が実際のトレーニングをしてみると、
本当に今までの2倍は速く読めるようになりました。

人気blogランキングへ ←クリックしてくれた方、ありがとうごさいました。

4309501818最強の速読術―ビジネスマン、受験生のための絶対ノウハウ
斉藤 英治

河出書房新社 1999-09
売り上げランキング : 55,735
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
このページのトップへ

FC2Ad

Information

イリ
  • Author: イリ
  • 元書店員。
    ビジネス書を中心に様々な書籍を
    ご紹介します。

Search

 

フリーエリア

Recobot by Amatellus

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する