ビジネス良書選

    おすすめの本を紹介するブログです。 好奇心を刺激する良書情報を提供します。


    マンガで学ぶ
    心屋仁之助の お金を引き寄せる体質改善!

    心屋 仁之助 (著)横山 裕二 (イラスト)




    人気心理カウンセラー
    心屋仁之助さんの
    お金に対する考え方を
    マンガにした書籍です。


    内容の一部をご紹介します。
    ・お金の損得、時間の損得、人間関係のしがらみより、
     自分の「やりたい」「やりたくない」を大事にすること。

    ・「自分だけでがんばる」ことをやめて、
     「他人を頼る」こと。

    ・気がのらない「とりあえず」で
     自分を埋めていくと
     大事なものを入れる場所がなくなる。

    ・目の前のものが
     本当に欲しいをしっかり考える力を身につけ、
     好きなこと、大切なものだけで
     心を埋めること。

    ・ガマンガマンといって
     好きじゃないことをしている人のところには
     「ガマン」が集まる。

    ・働かない役に立たない自分はダメなんだ
     という罪悪感を捨てること。

    ・今まで体験してこなかった世界や
     避けてきた世界に踏み入れ、
     「ありえないこと」をやってみる。
     そのことで新しい価値観が生まれ、
     人生の選択肢も増えていく。

    お金だけでなく、
    人間関係や心の健康など、
    人生を豊かに過ごす
    ヒントが書かれています。

    楽しく生きていきたい方に
    おすすめの一冊です。
    このページのトップへ
    金持ち指令
    さとう みつろう (著)


    自分は豊かであるということを
    潜在意識に刷り込む方法が
    紹介されている書籍。

    内容の一部をご紹介します。

    ・お金を先に出すこと。
     あなたの手元から、
     先にお金を出せば、
     スムーズな流れとなって、
     さらに多くのお金があなたの手元に
     流れ込んでくる。

    ・「すぐに手放せる」ものは、
     「すぐに手に入る」と信じているものだ。

    ・「お金」以外も臨時収入だと認めたら、
     臨時収入はもっと増えることになる。

    ・ラグジュアリーホテルで
     天然炭酸水を頼むなど、
     ラグジュアリーな雰囲気を
     身体に染み込ませよう。

    ・甘えないのはむしろ失礼。
     周囲の優しさを
     発揮させてあげよう。

    ・不安になると何かを買いたくなってしまう。
     テレビのコンセントを1カ月抜いてみよう。

    ・見ず知らずの他人にプレゼントをすると、
     「見ず知らずの人から、
     急にプレゼントをもらえる可能性がある」と
     信じやすくなる。

    ・まずは、自分のために使ってみる。
     一度「我慢している」胸の内をスカッとさせるために、
     あなたの贅沢を優先しよう。
     贅沢したという思いは、
     結果としてみんなに優しくしようと思える。

    ・性格の良いお金持ちの情報をたくさん集めて、
     両親に伝えてみよう。

    ・人は一人では絶対に生きていけない。
     誰かと迷惑を掛け合ってみよう。

    対話形式で非常に
    読みやすい書籍です。

    自分の考え方に
    刺激を与えたいときに
    おすすめの一冊です。 このページのトップへ
    お金持ち入門 資産1億円を築く教科書

    土井 英司 (著, 編集)

    資産を築くためのお金の知識を
    各専門家が教えてくれる書籍です。



    内容の一部をご紹介します。
    ・身銭を切って投資すると、
     企業の栄枯盛衰から、
     多くを学ぶことができる。

    ・共働きなら財布を合体させて、
     妻が握ることが理想的。

    ・消費70%、浪費5%、投資25%
     が黄金比率。

    ・マイホームは
     ライフスタイルが定まってから
     購入すること。

    ・節約したいなら、
     質ではなく、頻度を下げる。
     ガマンできるぐらい、
     ワクワクするものを買う。

    ・家計簿はざっくりでOK。
     大事なのは続けること。

    ・自分への投資を怠ると、
     成長がなくなる。
     お金を自分のために使えるかが重要。

    ・初めて株式投資を行う際の原則は、
     小さく、ゆっくり、長く。

    ・株式投資を始めたら景気が循環する
     3年は続けること。

    ・草食投資家で行こう。
     倹約しながら給料の3分の1ないし、
     4分の1程度を貯蓄して、
     そこから毎月、
     さらに少額を長期投資で株式投資に回すこと。

    ・社長の顔写真が掲載されていない企業の株式は
     購入しないのが賢明だ。

    ・「私」を主語に社長が語っている会社は買い。

    ・気にしておきたいのは株価よりも、
     投資した企業の決算です。

    ・保険は独身なら医療保険だけで十分。

    ・「収入保障保険」でリスクを回避することもできる。

    ・貯蓄型保険は無駄のかたまり。
     「掛け捨て型」のほうが、
     コストパフォーマンスは高くなる。

    ・介護保険は「要介護2」でサービスが
     受けられる商品を選ぶこと。

    ・所得補償保険なら
     退院後の自宅療養中も支払いの対象になる。

    ・保険でも相見積もりを取ろう。

    貯蓄、税金、不動産、株式投資、
    投資信託、海外投資など
    あらゆる分野で賢くお金と付き合うヒントが
    書かれています。

    詳しくない分野は新たな学びとなり、
    よく知っている分野は復習となる一冊です。

    このページのトップへ
    億を稼ぐ東大卒トレーダーが教える
    おひとりさまの「肉食」投資術

    村田 美夏 (著)



    型破りなキャラクターで知られる著者の
    考え方が書かれた書籍です。

    内容の一部をご紹介します。
    ・「金は天下の回りもの」に騙されるな。
     大事なことは、自分が信頼できる人に使うこと。

    ・お金だけの付き合いになっている人、
     自分が信頼できない人、
     逆に自分を信頼してくれていない人に
     お金を使っても、ドブに捨てるようなものだ。

    ・信頼関係を崩さないようにするためには、
     人から「あいつは浪費家だな」
     と思われないことが肝心。

    ・トレーダーは内向的な方が成功する。
     じっと一人で投資アイデアを考えているような人が
     トレーダーとしても成功する。

    ・競争が激しかったら、
     自分の立ち位置を1ミリでもいいのでずらし、
     かつその分野で突出した存在になること。

    ・投資話については、
     生半可な知識で、
     他人に「これ、面白いよ」などと勧めないこと。

    ・引き込みってふさぎ込むくらいなら、
     とにかく外に出て、
     なんでもいいから働いてみよう。
     そこで新たな気づきや人脈が生まれるはず。

    ・優秀な人とは競わず、
     自分のブレーンにすること。

    ・複数の収入減を持つこと。
     気軽に専業投資家にはならないこと。

    ・無駄遣いをやめて、
     「貯め期」で一気に投資資金をつくること。

    ・大事なのは、新聞を読んだりテレビニュースを見たり、
     町を歩いているときに、
     「これは株価にどんな影響があるんだろうか」という視点を
     常に持つこと。

    ・損しているときでも、
     持っている銘柄の株価は常にウォッチしておくこと。

    ・ギャップを3つもてば、
     どんな世界でも生き残れる。
     普段は人に見せない自分を
     いくつか持っておくと、
     人生が楽しくなるし、
     そこから新しい友だちを作るきっかけにもなる。

    厳しい時代を生き抜くための
    知恵が書かれています。



    このページのトップへ
    金持ち父さんのアンフェア・アドバンテージ
    知っている人だけが得をするお金の真実

    ロバート キヨサキ (著)、 白根 美保子 (翻訳)



    リーマンショック以降に書かれた、
    ロバート キヨサキの書籍です。

    内容の一部をご紹介します。
    ・テクニカル分析を学ぶことは大切だ。
     チャートは過去と現在をあなたに
     見せてくれる。

    ・株式投資などの紙の資産は、
     オプションをヘッジとして使うことで、
     リスクを減らすことができる。

    ・学ぶことを決してやめないこと。

    金持ち父さん貧乏父さんを読んだことがない方に
    おすすめの内容です。 このページのトップへ
    年収1000万円の貧乏人 年収300万円のお金持ち
    伊藤 邦生 (著)
    価格: ¥ 1,470


    お金について
    失敗しないための考え方を
    幅広く紹介した書籍です。

    内容の一部をご紹介します。
    ・投資家は多くの案件を精査し、
    「その中に1つ、2つよい案件があればいい」
     と考える。

    ・株の上下は、
     40代半ばまでの人口の数に比例する。

    ・勝ち続ける投資家には、
     その投資家なりの「優位性」が
     必ず存在する。

    ・新しい分野に投資するなら、
     お金を出す前に
     しっかりと勉強すること。

    ・投資力がないのに
     資産だけを持っていると、
     簡単にカモにされてしまう。

    ・分散投資は資産を守るためには
     有効だが、
     資産を増やすには
     集中投資をしなければならない。

    ・稼ぎ続けるためには、
     常に自分の得意な投資手法、
     投資分野について
     勉強し続けて、
     「優位性」を維持、
     強化していく必要がある。

    ・得意なトレード手法が身についたら、
     その取引ができるとき以外は、
     取引をしてはいけない。

    投資についての
    心構えを
    改めて教えてくれる一冊です。

    このページのトップへ

    FC2Ad

    Information

    イリ
    • Author: イリ
    • 元書店員。
      ビジネス書を中心に様々な書籍を
      ご紹介します。

    Search

     

    フリーエリア

    Recobot by Amatellus

    最近の記事

    カテゴリー

    最近のコメント

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    このブログをリンクに追加する