ビジネス良書選

おすすめの本を紹介するブログです。 好奇心を刺激する良書情報を提供します。

ふと振り返れば、
皆様のおかげで、
10年以上もブログと
続けることができております。

これからも宜しくお願いします。 このページのトップへ


社員もパートもみずから動き出す「心の報酬」の与え方
中昌子(著)
価格: ¥ 1,470

著者は地方のスーパーで
時給760円の主婦パートから、
3年で店長昇格し、
5年で起業し、
年収1000万円のコンサルタントに
転身した経歴の人物です。

この書籍では人材育成の
考え方とポイントが書かれています。
内容の一部をご紹介します。
・従業員自身が満足していないのに、
 顧客満足のために力を尽くすことは
 できない。

・誰かのために自分が役に立っている
 という実感は、
 働く人にとって何よりも
 大きな心の報酬になる。

・リーダーは従業員に
 声をかけること。
 期待感、感謝を伝え、
 承認することで、
 従業員は「役立ち感」得ることができる。

・リーダーは、
 従業員のダメなところではなく、
 よいところを日常的に探す習慣を
 身につける必要がある。

・よい思い込みがあるかどうかが、
 部下の可能性を引き出す上司と、
 部下の可能性を潰す上司の違いだ。

・どんなに忙しくても後回しにせず、
 部下の話を聞く時間をつくろう。

・上司は余計な手出し、口出しは
 控えよう。
 上司が部下に手をかけすぎるあまり、
 部下の成長機会を奪い、
 モチベーションを下げてしまう。

・新人のうちは、
 細やかな指導が必要だが、
 基本ができている従業員を
 さらに成長させていくには、
 実力よりワンランク上の業務を
 任せる機会をつくることが欠かせない。

・部下が失敗したときの対策をあらかじめ用意し、
 仕事をまかせよう。
 失敗する寸前までは、
 全部、部下の力でやらせよう。

・部下がもし失敗しても
 「こうだからうまくいかなかったのだ」と
 リーダーが一から説明しないこと。
 「なんでうまくいかなかったんだと思う?」と
 本人に考えさせたあとに、
 「私はこう思う」という形でアドバイスすること。

・一人ひとりに合わせた目標設定を行うこと。
 目標は「いまできることの、ほんの少し上」に
 置くこと。

・立派な理念や素晴らしいビジョンも、
 従業員に具体的な言葉や
 具体的なイメージで教えなければ、
 実行に移せない。

・組織の絆を強くするには、
 「上司ー部下」という
 1対1の信頼関係をまずつくることが大切だ。

・部下を叱るときは、
 「こういうところは頑張っているのに、もったいない」
 「あとはここだけ頑張れば最高なのに、もったいない」
 「もったいない」という言葉を添えて、
 部下に対する期待感を伝えること。

・何度言っても直らない。
 それでも最低7回は叱ること。
 ちょっと何かやっただけで諦めず、
 手を変え、愛をこめて指導すること。

・リーダーはときに、
 従業員をオフィスの外に連れ出してみよう。
 ただひたすら仕事に打ち込んでいるだけでは、
 チームワークを生みだすことはできない。

・チームづくりの過程において、
 個人の好き嫌いや個人的感情を
 持ち込む従業員がいたら、
 決して見逃してはいけない。

・リーダーの能力ではなく、
 リーダーの努力と情熱に、
 部下はついてくる。

・従業員たちの出社したときの
 様子を注意深く観察しよう。
 従業員に元気がないようなら、
 「調子はどう?」
 「疲れてない?大丈夫?」
 と聞いてみよう。

・部下を大切にするように、
 リーダーは自分も大切しよう。
 自分を好きになれなければ、
 他人の存在を受け止める余裕は持ちにくい。

・「○○をしよう」「○○しなさい」
 と推奨するだけでなく、
 黙っていてもそれが実行されるような 
 仕組みを用意すること。
 例、「感動する目を養いなさい」というよりも、
 「朝礼で毎日、感動エピソードを披露する」と
 決めてしまう。


難しい専門用語などは使わず、
具体的な事例や言葉が
ふんだんに詰め込まれています。

自らの組織を活性化させたい、
リーダーにおすすめの一冊です。

このページのトップへ

誰からも頼りにされる人の仕事のやり方
室井 俊男 (著)
価格: ¥ 1,470

誰からも頼りにされる人の仕事のやり方 (アスカビジネス)誰からも頼りにされる人の仕事のやり方 (アスカビジネス)
室井 俊男

明日香出版社 2011-04-14
売り上げランキング : 119000

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


仕事で結果を出し、
「一緒に仕事がしたい」と
言われる人になるための
ヒントが書かれている書籍です。

仕事への姿勢や、
対人スキル、
リーダーシップなど、
日々の仕事にすぐに
取り入れることができる、
実践的な内容です。


内容の一部をご紹介します。

・どんな仕事においても、
 あなたがどんなスタンスで
 取り組むかだけは、
 あなたが自由に選ぶことができる。

・今の自分の仕事で
 「もう限界までやっている。
 だけどあともう一回、
 あともうチョットだけ」と、
 上乗せできる人間が、
 他者から突き抜けることができる。

・自腹を切って、
 自己投資のための研修会に
 参加してみよう。
 吸収しようという
 意欲や真剣度が違ってくる。

・強運は準備している人に
 やってくる。

・いつ、チャンスがくるか
 分からない。
 そのときまでに、
 充分な実力をつけよう。
 
・縁はチャンスを運んできてくれる。
 どんなチャンスを運んできてくれるのかは、
 今、あなたがどんな種を蒔くかによって
 変わる。

・目の前に人に
「一番大切にしていることは何ですか?」
 と聞こう。
 人は、自分が大切にしている価値観を理解してもらい、
 認めてもらえると、
 存在を肯定されるほどの充足感が感じるものである。

・人はある一定以上の情報がインプットされ
 理解したときに、はじめて本当の判断をする。

・営業とはお客様に知識を与え、
 お客様を判断し決断できる
 水準に育て上げる教育の仕事である。

・若い人が何か妙なことをするのを見かけても、
 決めつけてはいけない。
 何か、その人なりの気働きや理由が
 あるかもしれない。

・相手に大事に思われたければ、
 相手を心から褒め、認めてあげることだ。

・まずは、その日やるべきことを
 書き出そう。
 書き出すことは、
 それだけでも大きく効率アップさせる効果がある。

・仕事ができる人は、
 即行動する人でもある。

・仕事を受けたとき、
 自分の理解したところを伝え返して、
 分からないところや
 曖昧な部分は徹底的に確認すること。

・自分がありたい姿、
 尊敬する人物になることを
 イメージすることは、
 成長のエネルギーを与えてくれる。

・結果を変えるには、
 行動をかえるしかない。
 行動を変えずに 
 あれこれ考えても、
 何も変わらない。

このページのトップへ
いつもビジネス良書選に
訪問して下さり、
ありがとうございます。

ビジネス良書選の
メルマガを始めました。

今まで読んできた書籍のなかでも、
特に内容の濃いものや
ひねりのあるものを
厳選して紹介しています。

どうぞ、日々の良書選びに、
お役立てください。


メルマガ購読・解除





読者購読規約

powered by まぐまぐ!


 

このページのトップへ

仕事も人間関係も
イヤなことは一週間で終わらせるコツ
笹氣 健治 (著)
価格: ¥ 1,365
仕事も人間関係も イヤなことは1週間で終わらせるコツ仕事も人間関係も イヤなことは1週間で終わらせるコツ
笹氣健治

すばる舎 2008-06-19
売り上げランキング : 327305

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

気持ちの切り替え上手で、
ストレスをためにくくするための
意識の持ち方について
書かれている本です。

サラリーマン経験と
経営者経験を持つ著者によるアドバイスは、
非常に実践的で、
一生懸命に働いている方々の
悩む気持ちを的確に捉えています。

内容の一部をご紹介します。
・考えても仕方がないことは
 ズルズルと考え続けないようにしよう。
 どうしても考えてしまうなら、
 時間を区切って、
 イヤなことは
 長引かせないようにすること。

・仕事と同じように、
 イヤなことを引きずる時間にも、
 締切を作ろう。

・マイナス思考の慎重さや謙虚さを持ちつつ、
 プラスの行動力を身につけられれば最強だ。
 
・マイナス思考は変える必要がなく、
 過度にマイナスに考えてしまっているときに、
 いかに早く切り替えれるかが重要だ。

・「こうあってほしい」
 「こうあるべきだ」という願望に 
 執着してしまうと、
 現実とのギャップに落ち込んだり、
 苛立ちを覚え、
 イヤな気分にさらされてしまう。

・やりたくないけれども
 やらなければならないことは、
 先送りしないで、
 なるべく早くやってしまうこと。
 先送りしている状態が、
 ストレスになっている場合も多い。

・悩んでいると、
 いつの間にか狭いところに
 入り込んでしまい、
 抜け道を見つけることが
 できなくなってしまう。
 少し「引いた目線」で眺めてみると、
 「いろいろ悩んでいるけど、
 考えても仕方がないかも」と思えてくる。

・イヤなことから
 強制的に視線をそらそう。
 それには、最近身の回りで起こった
 「良かったと思えること」を
 思い出してみるのも効果的だ。

・「ヒマだから悩む」という側面もある。
 悩まなくなるには、
 忙しくすることが有効だ。

・自分から物事に
 積極的に行動し、
 忙しくすることによって、
 引きずっていた悩みも一時的に頭から消え、
 能力アップも図ることができる。

・自分が何に悩んでいるのか、
 紙に書き出してみよう。

・「もしうまくいかなかった、
 どんな結果がまっているのか」
 あえて考えてみる方法もある。
 最悪の事態を考えてみると、
 案外たいしたことではないことに
 気づくことができる。

・「うまくいくこと」への執着を手放して
 腹をくくると、
 不安にたちどまらず、
 着実に前進できるようになる。
 その結果、うまくいくことも多い。

・休日はとにかく
 カラダを動かすことが一番だ。
 動くとあれこれ考えている状態から抜け出して、
 気持ちが切り替わっていく。

・職場では敵は作らないけれど、
 わざわざ味方も作らない、
 割り切った態度で接する、
 周りの人たちとは常に
 つかず離れずの関係をキープするという
 スタンスもアリである。

・つかず離れずのスタンスで
 心の平安に保てるようになった後は、
 「同じ職場で働いている者同士は、
 「仕事」を真ん中においたら、
 全員が仲間である」
 という考え方に切り替えていこう。

・良いときもあれば、
 悪いときもある。
 目の前の悪い出来事は、
 現時点でも自分にとって
 悪いことにすぎず、
 長い目で見れば、
 必ず将来の良いことにつながっている。
 

心理学の理論と実践に
裏づけられた効果的な方法が
解りやすく説明されています。

特に向上心の高い
ビジネスパースンに
おすすめ一冊です。
このページのトップへ

人生と仕事の段取り術
小室 淑恵 (著)
価格: ¥ 882
人生と仕事の段取り術 (PHPビジネス新書)人生と仕事の段取り術 (PHPビジネス新書)
小室 淑恵

PHP研究所 2010-01-19
売り上げランキング : 55578

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


仕事の効率を上げて、
残業を減らし、
日々の生活をより
充実させるためのテクニックが
書かれた本です。

内容の一部をご紹介します。
・あらゆる商品やサービスのサイクルが  
 短くなっている現在、
 企業が生き残っていくためには、
 斬新なアイデアや創造性こそが重要だ。

・そのためには
 ライフの時間を使って積極的に視野を広げ、
 生活者の視点で様々な体験をし、
 自己研磨し、人脈を広げることが大切だ。

・脳はタイムトライアルを設定したときに
 いちばん活性化し、
 クリエイティビティーが豊かになる。

・何かを新しく始めるときは
 エネルギーがいるし、難しい。
 一日か二日休んでからでないと、
 新しことにチャレンジしようという
 意欲やパワーはわいてこない。
 週に最低二日はきっちり休んで、
 スッキリとリフレッシュすることが
 重要だ。

・夜中の3時間は、
 昼間の30分にしかならない。
 昼間のゴールデンタイムに
 集中力を上げよう。

・会議に来る人の数を半分に、
 会議の頻度と時間を
 それぞれ半分にしてみよう。

・会議の「君も念のために同席しておいて」という
 「念のため同席」を廃止しよう。
 議事録をしっかりとっておいて、
 すぐに共有すればいい。

・タイマーを押して、
 真ん中に置いてから
 会議を行おう。
 時間が限られているので、
 ムダな前置きがなくなり、
 頭の回転が速くなる。

・頻度の低い作業の
 マニュアルを作ろう。
 頻度の低い作業は不慣れなため、
 素早くできず効率が悪い。
 マニュアルを作成することで、
 悩んだり、人に聞いたりする
 手間を省くことができる。

・一つの仕事は、
 複数の人で担当する
 システムにすべきだ。
 メイン担当とサブ担当をつくることで、
 担当者の急な休職や転職にも
 対応することができる。

・イヤな仕事とラクな仕事は
 同時進行で進めよう。
 一つの仕事に長時間かけても
 集中力が続かない。

・若い社員はほめて育てること。
 まずほめて信頼関係をつくることで、
 初めて叱ることができる。

・日々の小さいできごとを
 共有することで
 お互い関与しやすくなり、
 コミュニケーションの良い職場になる。

・職場以外で人とのつながりを持とう。
 心の柱は2本以上あるほうがいい。
 もし職場での人間関係が
 うまくいかなかったり、
 イヤなことがあっても、
 ほかに自分の居場所があると救われる。

・常識と信じていることは、
 時代の変化であっけなく
 変わってしまうものだ。
 定期的に、自分のコミュニティの外の
 考え方に触れておこう、


個人の仕事の効率化を行うだけでなく、
チームでワーク・ライフバランスに
取り組むためのポイントが
多く紹介されています。

仕事の質を上げながら
労働時間を減らし、
人生をより充実させたい
ビジネスパースンにおすすめの一冊です。 このページのトップへ

FC2Ad

Information

イリ
  • Author: イリ
  • 元書店員。
    ビジネス書を中心に様々な書籍を
    ご紹介します。

Search

 

フリーエリア

Recobot by Amatellus

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する