ビジネス良書選

    おすすめの本を紹介するブログです。 好奇心を刺激する良書情報を提供します。

    シリコンバレー式 自分を変える最強の食事
    デイヴ・アスプリー (著)、栗原 百代 (翻訳)



    著者はIT起業家。

    シリコンバレーで成功を収めるも、
    肥満体で不健康な体を気にして、
    自らの体を改善すべく
    ありとあらゆる実験を自らの
    身体で行い、
    健康的な体を手に入れた経歴の人物です。



    内容の一部をご紹介します。

    ・安いコーヒー豆は
     カビ毒に侵された
     傷んだ豆を使われていることが多い。

    ・ポリフェノールが「瘦せ型」細菌を増やす。

    ・チョコレートやコーヒーには、
     ポリフェノールが多く含まれている。

    ・炭水化物を摂りすぎず
     正しい脂肪を充分に食べれば、
     体は効率よく脂肪を燃やして、
     エネルギーにし、
     健康な細胞膜を形成していく。

    ・一日のカロリーの20%までを、
     低水銀の魚、グラスフェドの牛肉やラム肉、
     放し飼い鶏卵、魚由来のコラーゲン、
     純正なホエイコンセントレートといった
     完全無欠なタンパク質から摂ろう。

    ・炭水化物を長期間全く食べないと、
     睡眠の質が悪くなったり、
     甲状腺にダメージを負うおそれもある。


    ・腸内で善玉菌を育てて、
     酪酸を作る方法に、
     ゼラチン、コラーゲン、肉の結合組織を
     摂取することがある。

    ・グラスフェッドの動物性脂肪、
     ココナッツオイル、MCT油、
     グラスフェッドバター、
     オリーブオイルといった、
     ヘルシーな脂肪は
     炎症を減らしてくれる。


    ・コーヒーにMCTオイル大さじ1~2杯と、
     良質な無塩バターまたは、
     ギー大さじ1~2杯を加えよう。
     バターが入手困難な場合は、
     ココナッツミルク大さじ4杯と
     MCTオイル大さじ1~2杯で代用することもできる。

    ・コーヒーは
     自前の焙煎機械があることが望ましい。

    ・細切れの「断食」は
     集中力を高める。

    ・断食は15~18時間は行おう。

    ・炭水化物は「夜」に
     摂るのが正解。

    ・週に一回タンパク質を
     一日15グラム以下に
     抑えると筋肉を増強し、
     若さが保てる。


    ・タンパク質ファスティングの日には、
     少しの完全無欠な炭水化物と、
     たっぷりの脂肪を摂ろう。

    ・MTCオイルは
     脳の燃料となるケトン体に
     ただちに転換されるうえ、
     睡眠中に体脂肪の燃焼も
     助けてくれる。

    ・寝る前に少量の生はちみつ(大さじ1杯まで)を
     摂れば、睡眠中の血糖値が上昇し、
     早く深い眠りに入れるようになる。

    ・強度の高い有酸素運動を
     習慣的に行うことは
     心臓を弱らせ、
     心筋にダメージを与える。

    ・ウエイトトレーニングは、  
     体脂肪を減らして筋肉を増やす。

    ・30秒走ったら、90秒休むを
     15分経過するまで繰り返すと
     ヒト成長ホルモンが生成される。
     これを週一回15分行おう。

    ・高カロリー、高脂肪食を
     実践しながら、
     断食の状態で
     運動をするのが、
     最も筋肉を増やす。

    ・ウエートトレーニングは
     週三回までにとどめること。
     毎回20分以上頑張ると害になる。
     

    ・炭水化物を追加摂取する日は、
     サツマイモ、ニンジン、白米など
     完全無欠な炭水化物を充分に食べること。

    著者の最新の健康への知識が
    半端ではありません。

    痩せたい方、
    頭をすっきりさせてたい方に
    おすすめの一冊。 このページのトップへ

    ハリー・ポッターと呪いの子 第一部、第二部


    ずっと気になっていた
    ハリー・ポッターの続編を
    読みました。




    登場人物たちの
    その後が見れますし、
    通常もう出てこないはずの
    人にも会えます!




    ロンとハーマイオニーの
    反応に対する
    ドラコの息子のツッコミが
    面白かったです。





    深夜寝る前に
    読み始めてはいけません。




    ラストが気になって、
    最後まで読んでしまいます。


    このページのトップへ

    マーケットの魔術師【株式編】
    《増補版》米トップ株式トレーダーが語る儲ける秘訣

    ジャック・D・シュワッガー (著) 、増沢 浩一 (翻訳)



    一流の成功したトレーダーの
    インタビューを集めた書籍です。

    一般的な個人投資家に
    より身近な株式投資に
    絞った内容です。



    内容の一部をご紹介します。

    ・トレーダーを目指すなら、
     全力でやるか、
     一切やらないか、
     そのどちらかだ。
     道楽で手を出すべきではない。


    ・一夜にして医者や弁護士になれるはずもなく、
     トレーダーも例外ではない。


    ・自社株買いか、インサイダーによる買いの
     どちらかが行われていると、
     株価の下方リスクは限定的となることが多い。


    ・トレーディングのアプローチを選ぶときは、
     自分の性格に合った方法をとることが
     不可欠である。


    ・失って困るカネでは
     決して賭けをするな。



    ・考え得るあらゆる事柄への
     対処法を用意しておくこと。



    ・物事を鵜呑みにせず、
     すべてに疑問を持て。



    ・自分の過去のトレードを分析すること。



    ・成功するためには、
     最初に決めたアプローチを修正していく
     適応力だけでなく、
     最初の考えが完全に間違っていたことを受け入れられる
     柔軟性が必要だ。


    投資をされる方以外にも、
    ビジネスに役立つ考え方が
    ぎっしり詰まっています。


    優れた投資家を
    目指す人におすすめの一冊です。 このページのトップへ
    野蛮人の読書術
    田村 耕太郎 (著)

    グローバルエリートの読書術や
    東大EMPの課題・参考文献から精選した30冊を
    紹介した本。


    内容の一部をご紹介します。
    ・読書こそが、
     激動の時代を
     自由に生き抜く術を
     身につけるための
     最良にして最短の道である。

    ・「運をよくするには強運の人のそばにいるべき」
     というのと同じで、
     いい本に出合うためにも、
     いい本を読んでいる人の
     そばにいるべき。

    ・「はじめに」という目次は、
     本のツカミだ。
     ここに魂が入っていない本はダメだ。

    ・感想や疑問や反論を、
     周りの読書家たちとシェアし、
     フィードバックを受けながら
     内容の理解をさらに
     深めていこう。

    ・多彩な本を
     同時進行して読もう。

    ・読み切ることに
     満足するより、
     読んで得たものを
     使えるようにすることが大切だ。


    刺激となるさまざまな
    ジャンルの書籍が紹介されています。

    ビジネスリーダーに
    参考になる一冊です。


    このページのトップへ
    私が最近弱っているのは
    毎日「なんとなく」
    食べているからかもしれない
    小倉朋子 (著)




    食のスペシャリストである
    著者による食を楽しむための
    エッセイ。

    著者の幼いころからの
    食に対する並々ならぬ、
    情熱に心を動かされてます。


    内容の一部をご紹介します
    ・野菜や果物を、
    「五感を意識しながら」
     生のままたべると、
     五感が磨かれる。

    ・「顔を上げる」だけで
     社会性のある食べ姿になる。

    ・スープは「すする」だけではなく、
     「流しいれる」のが音を立てないコツだ。

    ・ひとりごはんを
     「自分へのおもてなし」と考えて、
     毎食向き合おう。

    ・忙しくても、
     そのとき限られた選択肢の中で
     「今、もっとも食べたいもの」を
     楽しんで選ぶ。

    ・献立を考えたり、
     野菜を切ったり、
     調理したりすることで
     脳の前頭前野の機能が向上する。

    ・「野菜を切る」「肉を焼く」
     だけでも立派な料理。

    ・毎日なんとなく同じようなものを、
     同じペースで、同じ食べ方で食べている場合は、
     少し「食べるもの」「食べる方法」「食べる場所」などに
     変化をつけてみよう。

    ・カレーをフォークで食べてみよう。
     口に入る銀製の固さと
     カレーの暖かさのバランスが良く、
     おいしさを引き出せる。

    ・「食べたい」と思ったら
     10秒間その食べ物を見て、
     「これは本当に食べたいもの?」
     「今日の体調と照らし合わせて、
      ぜんぶ食べるのがベスト?」
     と自分に問いかけよう。

    ・「食べたい」と思ったら
     お腹に手を当てて
     聞いてみよう。

    ・ご飯もパンも
     一口を小さくして食べると
     少量でも満足できるようになる。


    美しく食を楽しむための
    ガイド本です。
    このページのトップへ

    座らない!
    成果を出し続ける人の健康習慣
    トム・ラス (著) 牧野洋 (翻訳)



    健康でい続けるための習慣を
    エビデンスを交えて
    紹介してくれている書籍です。


    内容の一部をご紹介します。

    ・1日6時間未満の睡眠は
     職場で過労やストレスを招く。

    ・嫌な1日を終えたら、
     一晩である程度「修復」するために、
     ぐっすり眠ろう。
     レム睡眠はストレスを軽減してくれる。
     
    ・家の中の食べ物の配置換えをしよう。
     「最初に目に留まる食べ物」が
     「最善の選択」になるように
      配置換えをすること。

    ・砂糖などの甘味料は、
     老化を促進する。

    ・スーパーでは
     健康的な食べ物を厳選して、
     不健康な食べ物を持ち帰らないこと。
     不健康食品の陳列棚には近づかない。

    ・老化の加速を防ぐため、
     最低一日5分間のウォーキングを行おう。
     本気で老化を食い止めたいなら、
     1週に数回のペースで集中的に運動しよう。

    ・1日5分だけでも
     外に出ると気分転換になる。

    ヘルシーな選択が
    自動的にできるコツが
    多く書かれているおすすめの一冊です。 このページのトップへ

    FC2Ad

    Information

    イリ
    • Author: イリ
    • 元書店員。
      ビジネス書を中心に様々な書籍を
      ご紹介します。

    Search

     

    フリーエリア

    Recobot by Amatellus

    最近の記事

    カテゴリー

    最近のコメント

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    このブログをリンクに追加する