FC2ブログ

ビジネス良書選

おすすめの本を紹介するブログです。 好奇心を刺激する良書情報を提供します。

バカとつき合うな 
堀江貴文  (著), 西野亮廣  (著) 

これからの生き方に
ついて書かれた本です。




タイトルは非常に過激ですが、
中身は読者に向けての
応援が込められている
ごくまっとうな内容です。

内容の一部をご紹介します。

・成功している人は、
 運がいい人ではなく、
 運任せにせずに
 勝つための情報集めに行った人。

・想像力は才能ではなく、
 情報量だ。

・みんなが同じことをやっている時      
 はチャンス。別のことをやれ。

・今の時代に必要なのは、
 我慢できないほど、
 「これをやりたい! 」
 と欲望する力だ。

・我慢を解除すれば、
 自分の本当にやりたいことが
 見えてくる。

・やりたい事を複数持って、
 そのどれもやること。

・一つの仕事で一生生き抜くのは、
 天才にしかできない生き方だ。

・自分の興味がある人とだけ
 付き合えばいい。
 後は好きなことをやる
 時間にまわそう。

・本当にやりたいことを
 やっていれば、
 自然とそれにふさわしい
 人間関係が広がっていく。

・あなたの時間を差し出せと
 言ってくる奴は無視していい。

・老いは平等に訪れる。
「自分だけは 」と
 意地を張っても無駄。
 老害につながる。

単にこういう人はバカだと
蔑むのではなく、
「こういう風になってないかい?
こう考えてみたら ?」
と提案してくれているようです。

これまで
多数派の人たちが
してきた考え方とは違う
思考法が書かれています。

柔軟に図太く
生きていきたい人に
おすすめの一冊です。 このページのトップへ
アナスタシア
ウラジーミル・メグレ(著)

アナスタシアは
著者の経験を元に書いた
物語形式の書籍です。

この書籍を読むことによって、
本質を見極め、
現代社会を歩んでいくための
知恵を得ることができます。



内容の一部をご紹介します。

・我々はこの世界に親しみ、
 進んだ社会だと考えているが、
 現代文明は、
 自然と調和して生きると言う、
 もう一つの生き方を
 忘れてはいないか。

・現代文明に生きる我々は、
 常に食べ物の心配を
 しなければならないうえ、
 食べ物を得るため
 朝から晩まで働かねばならない。
 そうやってやっと得られる食べ物も、
 質はかなり怪しげだ。

・空腹を感じる時が、
 人にとって食べるべき最適の時。

・人に死をもたらす大罪は、
 プライドという自尊心だ。

・世界ははじめから、
 人間が何を食べようか、
 それを栄養価などということに、
 エネルギーを費やす必要が
 ないように創られている。

・菜園で土いじりをすると、
 とても気分が良くなる。
 そのおかげで多くの人が健康になり、
 長生きしてきたし、心も穏やかになる。

・技術優先主義で
 進む道は破滅的だ。

・人の内面の想いは不変であり、
 誰にも、そして何ものにも従属しない。

読みやすい文章の中に、
驚くべき量と質の情報が
詰まっています。

不安を煽る情報や団体に
踊らされないためにも、
それらが決して言わない価値観にも
触れておくことに価値があります。

この書籍は、
全ての方に読んで頂きたい
良書です。 このページのトップへ
不登校だった私が
売れっ子Webライターになれた仕事術 

山口 恵理香 (著)




著者は14歳の時
学校でのいじめが原因で
不登校になり、「適応障害 」と
診断された人物です。

この本では、
新卒フリーランスとして、
webライターで年収700万円稼げるようになった著者の半生と仕事へのスタンスが書かれています。

タイトルに仕事術
と書かれていますが
どちらかと言うと
ノウハウというより
考え方が大きなウェイト
を占めています。

内容の一部を紹介します
・webライターの営業活動は
 電話は一切使わず、
 企業の「お問い合わせ欄 」に
 書き込み返信を待つ
 スタイルを取った。

・最初のアポイントメールを
 入れるのは、
 日曜日が適切。

・SNSは履歴書として
 更新すること。

・大切なのは他のライターとの
 勝ち負けではなく「このステージなら、自分らしい記事を書き続けられる 」と感じるジャンルを選ぶこと。

・フリーランスでも シフト表を作ること。
 1ヶ月で稼働する日と
 身体を休めたい日を事前に
 作っておくこと。

・フリーランスは休みを自分で作り出さない限り、エンドレスに仕事が続いていってしまう。

・信頼できる人には、
 人生でそう何回も出会わない。

・周りの人達と適切な距離をとるために、
一人ずつ「仕事 」or「プライベート 」の
ラベルを貼ること。

・無駄なしがらみから抜け出すことで、
自分の時間が増え、一点に集中できる。

・人間関係に「永遠 」や「絶対 」は存在しない。

・付き合いを続けていきたい人、
 少し距離を置きたい人を書いて分けていこう。
 その人と会って疲れないかどうか。

・波動の合わない人は積極的に切ること。

・人と違う人生ほど楽しいことはない。

繊細な著者ならではの
人間関係の折り合いの付け方は
集団行動が苦手な人には
非常に参考になります。

ひとつの新しい生き方を
示してくれる一冊です。


このページのトップへ
糖尿病は砂糖で治す
崎谷博征(著 )

健康な身体を作るための
食べ物について書かれた書籍です。



説明が専門的で
少し難しい部分はありますが、
科学的な根拠がしっかり説明されて
います。

一般的に聞かされてきた
健康情報とはかなり違った内容です。

内容の一部をご紹介します。
・プーファ
(多価不飽和脂肪酸 、オメガ3&6 )    を出来る限り摂取しないこと。

・脂質は飽和脂肪酸を豊富に含む食材から摂ろう。
ココナッツオイル、バター、反芻動物(牛、鹿、羊 )の脂肪分、
卵黄、乳製品、チョコレート(植物油脂を含まずダークではないもの )など。

・糖、果糖を摂取することは
 最大のストレス防御になる。

・ 理想の糖質源は、
 果糖か果糖が入っている二糖類。
 砂糖、はちみつ、フルーツ、
 フルーツのピューレ、
 アガべシロップなど。

・砂糖のストレス減少効果は
 砂糖のトータルカロリーではなく
 取る回数が多いほど高い。

・デンプン質はインシュリンを大量  
 に放出させる。
 インシュリンは
 脂肪合成を促すので、
 大量のインシュリンは
 肥満につながる。

・肉は動物の筋肉部位ではなく
 ゼラチン質やガラスープが
 おすすめ。
 グリシン、プロリンといった
 アミノ酸が豊富に含まれている。

・タンパク質を摂取するときは
 反応性低血糖を防ぐ意味でも
 必ず良質な糖質を同時に
 摂取すること。

この書籍を読むことで、
より良い食べ物を選択する知識を
格段と上げることができます。


健康情報やサイエンスから見た
情報の捉え方が書かれている、
著者の方のブログもおすすめです。

ドクターヒロのリアル・サイエンス このページのトップへ
マネーという名の犬
12歳からの「お金」入門

ボード・シェーファー(著)



お金とのうまい付き合い方を
教えてくれる書籍です。

本質的な内容を
犬と女の子が出てくる
可愛いストーリーで
分かりやすく
説明してくれています。

内容の一部をご紹介します。

・お金があったらやりたいこと、
 買いたいものを箇条書きに
 してみよう。

・願い事できるだけ具体的に
 イメージするために、
 写真や絵を集めよう。

・他人が抱えてる問題を
 解決することを心がけよう。

・いつも自分が知っていること、
 自分ができること、
 自分に備わっていることだけを
 考えること。

・ うまくいっている時に、
 いざいう時の準備をしておこう。

・入ってくるお金は
 目標に応じてバランスよく
 貯金すること。

・お金を汚いものだと
 思っている人は
 お金持ちにはならない。


・投資はわかりやすいもので
 なければならない

・資産は株と銀行預金に分けよう


・相場というものは
 たとえ一時的に暴落しても、
 やがてまた回復するが、
 危険を分散させるためには、
 安全な投資をしておくこと。

たまに読み返したくなる
名著です。 このページのトップへ
科学的 潜在意識の書きかえ方 
小森圭太  (著)



自分の本当に望みを自覚し、
それに従って生きることに
ついて書かれた本です。


内容の一部をご紹介します。

・意識の現象化は物理法則だ。

・本当のあなたは、
 どんなあなたでありたいのか。
 何に喜びや充実を感じるのか。
 何を本当に大切だと
 感じているのか。
 それらを自覚し、
 そういう自分であり続けること。

・感謝、尊重、受容、鼓舞、
 幸せ、豊かさなどに
 つながる言葉を
 意識的に使うこと。
 例、ありがとうございます、
   素晴らしい、楽しい、
   幸せだ、豊かだ など。

・「頑張る 」という言葉は
 自己卑下につながる。
 「最高の自分を発揮する 」
 「自分のベストを出す 」
 を使うほうが良い。

・「面白そう 」「やってみたい 」
 「これは得意 」という行動に
 フォーカスすること。

・「嫌いなんだけど仕方なく 」
 という義理的な習慣は手放すこと。

・他人への媚びが入った
 義務的な習慣は手放そう。

・百会のツボを頭蓋骨のつなぎ目を    
 開くような感覚でマッサージすると、
 直感力が高まる。

・意見を指先でトントンとすると、
 インスピレーションが起きやすくなる。

・一番大切な「人生という時間 」を
 本当の自分が求めるままに生きること。

自分のあり方、価値、充実の指標を
言語化するワークも付いています。

そのワークを
実際にやってみると、
自分が常に大切にしてきたものが
よりクリアに掴むことが
できます。

人生をより充実したものに
導くための指標とヒントを
教えてくれる一冊です。

このページのトップへ
メルマガ購読・解除

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 
LINEスタンプ【まじめなコーギー】


Information

イリ
  • Author: イリ
  • 元書店員。
    ビジネス書を中心に様々な書籍を
    ご紹介します。

Archives

Categories

Links

Links

Calendar

07月 « 2020年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
  1. 無料アクセス解析