ビジネス良書選

    おすすめの本を紹介するブログです。 好奇心を刺激する良書情報を提供します。


    マンガで学ぶ
    心屋仁之助の お金を引き寄せる体質改善!

    心屋 仁之助 (著)横山 裕二 (イラスト)




    人気心理カウンセラー
    心屋仁之助さんの
    お金に対する考え方を
    マンガにした書籍です。


    内容の一部をご紹介します。
    ・お金の損得、時間の損得、人間関係のしがらみより、
     自分の「やりたい」「やりたくない」を大事にすること。

    ・「自分だけでがんばる」ことをやめて、
     「他人を頼る」こと。

    ・気がのらない「とりあえず」で
     自分を埋めていくと
     大事なものを入れる場所がなくなる。

    ・目の前のものが
     本当に欲しいをしっかり考える力を身につけ、
     好きなこと、大切なものだけで
     心を埋めること。

    ・ガマンガマンといって
     好きじゃないことをしている人のところには
     「ガマン」が集まる。

    ・働かない役に立たない自分はダメなんだ
     という罪悪感を捨てること。

    ・今まで体験してこなかった世界や
     避けてきた世界に踏み入れ、
     「ありえないこと」をやってみる。
     そのことで新しい価値観が生まれ、
     人生の選択肢も増えていく。

    お金だけでなく、
    人間関係や心の健康など、
    人生を豊かに過ごす
    ヒントが書かれています。

    楽しく生きていきたい方に
    おすすめの一冊です。
    このページのトップへ
    コミック版 たった1分で人生が変わる片づけの習慣
    小松 易 (著)



    自分で片づけができるようになる
    ポイントが書かれた
    コミック書籍です。


    簡単で挫折しにくい方法から、
    リバウンドしないための
    心がけなどが丁寧に
    説明されています。


    内容の一部をご紹介します。

    ・一度に片づける「場所」は、
    小さく分けよう。

    ・一日最長15分、たった1分でも良いので、
     21日間、毎日片づけを続けること。

    ・限られた時間の中で集中して
     「使うもの」「使わないもの」を
     素早く判断すること。

    ・使う、使わない、保留を
     15秒以内に決めて分別すること。

    ・どの収納スペースも
     モノを入れるのは、
     8割までにしよう。

    ・「モノを減らす意識」を
     いつも持っておこう。
     
    ・新しいモノは遭遇時に対処すること。
     住所を決めるか、捨てるかを
     その辺に置く前に判断すること。

    ・新しいモノはどこかに置く前に
     「住所」を決めるべき。
     何かを減らしても
     収納場所をすぐに確保しよう。

    片づけが苦手な人に
    寄り添った内容に
    好感が持てます。


    片づけたい気持ちはあるのに、
    なかなか実行できない方に
    役立つ一冊です。

    テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

    このページのトップへ
    本日は、お日柄もよく
    原田マハ

    スピーチライターという職業に出合い、
    人生が変わっていく女性の
    ヒューマンストーリーです。

    笑いと主人公の成長、恋愛要素が
    程よくミックスされていて、
    読むと温かい気持ちになれます。

    スピーチなど
    人前で話すためのポイントを
    学ぶこともできるおすすめの小説です。

    このページのトップへ
    数字オンチあやちゃんと学ぶ 稼げるチャート分析の授業
    小次郎講師 (著)




    チャート分析を基礎から
    解説してくれている書籍です。

    平均移動線の解説から、
    一目均衡表の見方まで、
    対話形式で、
    分かりやすく説明してくれています。

    内容の一部をご紹介します。
    ・一目均衡表
     転換線が基準線を上抜くと
     買いシグナル。
     下抜くと売りシグナル。

    ・先行スパン1が2を上抜けば、
     大局下降トレンドから
     大局上昇トレンドへの転換を示す。

    ・遅行スパンが価格線を
     上抜けると買いサイン。

    ・基準線はもみあい相場の
     中心になりやすい。

    ・先行スパン2は
     長期間のもみあいの中心を示す。

    ・一目均衡表の5つの線で
     一番最初に見るのは、
     基準線だ。

    初心者の方のみならず、
    ある程度、投資を積んだ投資家の方にも
    役立つ一冊です。

    このページのトップへ
    金持ち指令
    さとう みつろう (著)


    自分は豊かであるということを
    潜在意識に刷り込む方法が
    紹介されている書籍。

    内容の一部をご紹介します。

    ・お金を先に出すこと。
     あなたの手元から、
     先にお金を出せば、
     スムーズな流れとなって、
     さらに多くのお金があなたの手元に
     流れ込んでくる。

    ・「すぐに手放せる」ものは、
     「すぐに手に入る」と信じているものだ。

    ・「お金」以外も臨時収入だと認めたら、
     臨時収入はもっと増えることになる。

    ・ラグジュアリーホテルで
     天然炭酸水を頼むなど、
     ラグジュアリーな雰囲気を
     身体に染み込ませよう。

    ・甘えないのはむしろ失礼。
     周囲の優しさを
     発揮させてあげよう。

    ・不安になると何かを買いたくなってしまう。
     テレビのコンセントを1カ月抜いてみよう。

    ・見ず知らずの他人にプレゼントをすると、
     「見ず知らずの人から、
     急にプレゼントをもらえる可能性がある」と
     信じやすくなる。

    ・まずは、自分のために使ってみる。
     一度「我慢している」胸の内をスカッとさせるために、
     あなたの贅沢を優先しよう。
     贅沢したという思いは、
     結果としてみんなに優しくしようと思える。

    ・性格の良いお金持ちの情報をたくさん集めて、
     両親に伝えてみよう。

    ・人は一人では絶対に生きていけない。
     誰かと迷惑を掛け合ってみよう。

    対話形式で非常に
    読みやすい書籍です。

    自分の考え方に
    刺激を与えたいときに
    おすすめの一冊です。 このページのトップへ
    いい努力
    山梨 広一 (著)



    成果の出ない不毛な努力を避け、
    大きな価値を生み出す
    「いい努力」の行い方が書かれた本です。


    内容の一部をご紹介します。

    ・「いい努力」をしている最中は、
     フラストレーションや挫折感を
     感じることが少ない。

    ・常に現状からの「変化」を目指そう。

    ・先に終了時間を決めて、
     それに合わせて動こう。

    ・週に一度、「自分の仕事」を定義する習慣を持とう。
     自分は「何の目的」でこの仕事をしているのか?
     この仕事での「自分の役割」は何か?

    ・相手を助けないと、
     自分も助けてもらえない。
     すべてを個別の部門で解決しようとする組織は、
     大きな成果を上げるチャンスを見逃している。

    ・いい努力をするには、 
     一人でやる仕事と
     複数でやる仕事、
     両方をこなさせるように
     ならなくてはならない。

    ・一日のスケジュール、
     仕事へのアプローチ、人間関係…
     少しづつ自分でコントロールできることを
     増やしていき、
     管理できている状態の割合を上げていこう。

    ・情報は7割集める。


    ・立場を変えて
     「この人だったらこの問題をどう考えるだろう」
     と考えるトレーニングをすること。

    ・ミーティングの前に目的をはっきりさせて、
     他の参加者と共有しておくこと。

    ・「この人は会う価値がある」と
     思ってもらうためには、
     教養がものをいう。

    ・「会ってよかった」と相手に思わせるためには、
     日々の積み重ねが効いてくる。
     教養を身につけるにも、
     いいレストランを知るにも、
     日頃から時間をうまく使い、
     幅広い行動をしておくことが鍵になる。

    ・世の中に触れていなかったら、
     消費者の好みやニーズも
     わからないし、
     小売りのアイデアも出ない。


    仕事でより大きな成果を
    出したい方におすすめの一冊です。
    このページのトップへ

    FC2Ad

    Information

    イリ
    • Author: イリ
    • 元書店員。
      ビジネス書を中心に様々な書籍を
      ご紹介します。

    Search

     

    フリーエリア

    Recobot by Amatellus

    最近の記事

    カテゴリー

    最近のコメント

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    このブログをリンクに追加する